2010年05月24日

進め一億フェラレッスン イクぞ一億どぴゅっとイクぞ

このブログには変☆態☆中☆年しかおらんのじゃ!!

と言って振り返ると誰もいない。

社説  首相沖縄再訪 決断先送りのツケは大きい


 昨年末に現行案での決着を図らなかったツケはあまりに大きい、と言わざるを得ない。前途は多難である。

 鳩山首相が沖縄県を再び訪問し、米軍普天間飛行場の移設先を名護市辺野古周辺にする意向を仲井真弘多知事に伝えた。辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に代替施設を建設するとの日米の大筋合意を受けたものだ。

 だが、知事は、辺野古移設について、「大変遺憾で、極めて厳しい」と難色を示した。

 仲井真知事は当初、辺野古に代替施設を建設する現行案を容認していた。だが、首相が決断を先送りし、沖縄で県外移設を求める世論が高まる中、県内移設は困難との立場に転じてしまった。

 1月の名護市長選で、移設受け入れに反対する稲嶺進氏が当選したことも状況を厳しくした。

 昨年末に首相が社民党の反対を押し切り、現行案での実施を決断していれば、その後の展開は全く違ったはずだ。致命的な判断ミスであり、首相の罪は重い。

 鳩山首相は会談で、米軍の訓練の県外への分散移転などを通じて沖縄の負担軽減に努める考えを強調した。緊迫する朝鮮半島情勢を踏まえた米軍の抑止力の重要性も指摘し、知事の理解を求めた。

 日米合意ができても、沖縄県や地元の反対で行き詰まる事態を避けるためには、簡単ではないが、引き続き知事を説得し、翻意するよう求める必要がある。

 鳩山政権発足以来の8か月余、司令塔不在で普天間問題が迷走を重ねる中、政府と沖縄県や名護市との信頼関係は冷え切っている。政府はまず、この関係を地道に立て直さなければなるまい。

 住宅密集地にある普天間飛行場を人口の少ない県北部に移す。米海兵隊8000人をグアムに移転し、普天間など米軍6施設を返還する。一連の日米合意の実施が相当な地元負担軽減になることを丁寧に説明することも大切だ。

 普天間飛行場の辺野古移設にはほかにもハードルがある。社民党が強く反対していることだ。

 民主党内には、社民党に配慮して、月末に予定される政府案決定の先送りを求める声もあるが、そんな無定見な対応は許されない。昨年末の二の舞いになる。

 民主党は衆参両院で400議席超を有する。それが、わずか10議席余の社民党に振り回され、国の安全保障にかかわる問題が決められないようでは、国益に反する。鳩山首相の決断力と指導力が厳しく問われよう。

2010年5月24日 読売新聞


讀賣新聞がこう書いているのですから間違いありません。「首相が決断を先送りし、沖縄で県外移設を求める世論が高ま」ったのであり、それが鳩山さんの「腹案」だったのかどうか知りませんが、「世論の高まり」が発生し、その結果「仲井真知事」が「県内移設は困難との立場に転じてしまった」り「移設受け入れに反対する稲嶺進氏が当選した」りなんかしたわけです。

したがってこれは「わずか10議席余の社民党」の問題ではないことになります。ナベツネさんがそう言っているのですから間違いありません。昨年末の段階で鳩山さんが「現行案での実施を決断してい」たとすれば、それは社民党ではなくて「世論」を押し切ることになっていたわけです。たしか「公約」だったわけですよね。

ちなみに『読売新聞用字用語の手引』において「世論」と「民意」をどのように区別しているのか、僕は知らないんですが、なんかビミョーなものがありそうです。まあ今日は「世論」と書いているようですが、多分「民意」よりは「弱い」意味を持たせているんではないか。「世論」という言葉に何か後ろめたいものがあるんじゃないですかよく知りませんが常日頃の行いが悪いので。

讀賣新聞がもっぱら「わずか10議席余の社民党」のせいにしたがっているのは、問題の所在が「世論」という言葉に隠蔽された「民意」にある、ということを他ならぬナベツネさんが正しく認識していることを表しているでしょう。伊達に歳喰ってません。僕ではなくてナベツネですが。讀賣新聞の社説はなかなかどうして老獪です。普通に読めば馬鹿が書いているとしか思えませんが、僕が助けてあげなければやっぱり馬鹿です。

これは鳩山さんの失敗ではなくて敗北であり、それは有権者の敗北であるということ、そして鳩山さんは負けたもんだからこっちに投げて来る、ということです。鳩山さんは「沖縄県外に住む日本の国民の皆さん方に対しても、基地問題と安全保障の問題について自分自身のこととして考える機会をぜひ少しでも作っていただきたいとお願いいたすところでもございます」と言っています。

てゆーか鳩山さんは27日に知事会を開いて「沖縄県外に住む日本の国民の皆さん方」に強制的に基地問題を投げかけて来ます。どっかの阿呆がうっかり手を挙げるとそこで「基地問題」が発生しますが、誰も手を上げなければ「政府の意向」は頓挫です。これこそ産經新聞の危惧するところです。

【主張】米軍普天間基地 「辺野古」で合意まとめよ


 沖縄を再訪問した鳩山由紀夫首相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「名護市辺野古の付近にお願いせざるを得ない」との考えを初めて仲井真弘多知事に伝え、これまでの経過を謝罪した。

 辺野古付近は現行計画と重なり、修正する場合でも現行計画に伴う環境アセスメントを遅らせないことで日米間では一致している。首相は事実上、現行計画に戻ることを表明したといえる。

 地元も受け入れた経緯があり、米側が「最善の案」とする現行計画は最も現実的といえる。迷走の末とはいえ決断を支持したい。

 だが、その実現には多くの課題が残っている。仲井真知事は「極めて遺憾で厳しい」と県民の強い反対意見を背景に首相の提案を批判した。政府側は連立与党内の意見も一致していない。

 問題はこれらに加え、具体的な建設場所や工法が秋まで先送りされたことだ。日米両政府は辺野古移設を軸に共同文書を28日に発表し、協議を継続する。5月末までに決着すると国民に約束した首相は、責任を果たすべきだ。秋まで待つ理由はない。直ちに辺野古移設の実現に取り組むべきだ。

 首相は知事に対し、韓国哨戒艦沈没なども念頭に「東アジアの安全保障環境に不確実性がかなり残っている」と指摘し、「在日米軍の抑止力を現時点で低下させてはならない」と述べた。海兵隊の機能維持には県内移設が必要だとする説明は当然である。

 そもそも、首相の米軍の抑止力への認識不足が県外移設への固執と迷走を招いた。県民に期待を抱かせた一因として知事が指摘した民主党の「沖縄ビジョン」も、米軍基地の大幅縮小などを掲げたものだ。安全保障への根本的な姿勢が問われている。

 首相は普天間以外に、米軍訓練に伴う漁業の操業制限区域の緩和など、沖縄県側の要望を尊重する姿勢を示している。

 だが、4年前の日米合意には、すでに海兵隊員8000人のグアム移転や嘉手納飛行場以南の米軍施設返還も含まれている。いずれも重要な沖縄の負担軽減につながる内容だ。普天間問題の決着が遅れるほど、米軍再編に伴う負担軽減の実現にも支障をもたらすことを認識する必要がある。

 耳に聞こえのいい軽減策を並べるより、辺野古への移設決着が最優先の課題だ。

2010年5月24日 産經新聞


いつになく鳩山さんを「支持」するほど、何を焦りまくっているのかと思いきや。

どうしても、いかなる変更も加えずにいわゆる「現行案」が実現されることが、誰かにとっては必要であるようです。この「誰か」というのはアメリカである可能性があります。しかしながら「米側が「最善の案」とする現行計画」はアメリカの「理想主義」かも知れませんが、クリントンの夫の妻が「日米両国の利益にかない、運用上、政治上、持続的な解決策」と言っているものが「現行計画」と一致するかどうかは状況次第でしょう。むしろアメリカ側の意向は別としても、「現行案」の寸分違わぬ実現を願っている人が日本側にいるようです。その人たちはもちろん「沖縄県側の要望を尊重する」必要すら感じていません。とにかく何が何でも「辺野古への移設決着が最優先」なのです。今回有権者が敗北した相手とはそのような人々でしょう。そして少なくとも鳩山さんはその中には入っていなかったようです。

じゃあどこに入っているのかというと、これがまたよく分からないのですが、とにかく「これからみんなに米軍を撒くから、各個撃破したりされたりするように」という話のようです。鳩山さんはそんな乱暴なことは言っていないのかもしれませんが、そうなりました。


posted by 珍風 at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩上氏のツイッターによると
「報道2001」の調査、「鳩山、退陣すべし」が47%から44%に。内閣支持率は、26%から31・4%に上昇。この数日、辺野古以外に何かあった?RT @ktokku それホントっすか!?RT @iwakamiyasumi: 支持率、政府案が辺野古に決まったとたん、上昇の怪。
続き。朝日の調査では普天間問題が5月末に決着しなくても、鳩山首相が「辞任の必要なし」が40%から49%へ。「辞任すべき」が、51%から43%へ。何、この気持ち悪さ。「辺野古に決まったのでとりあえずホッとした」という要因ではないことはたしか
・・・フジは解り易くていいやね。
Posted by ika at 2010年05月26日 10:31
各社の「世論調査」って、内線でやってんじゃないの。


「偉大なる主筆様におかれましてはこの度は如何ほどに」

「10点ぐらい上げとけば」

「御意にござります」
Posted by 珍風リサーチ at 2010年05月27日 05:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。