2010年07月28日

死神転生

社民党をやめた辻元清美さんは、「民主党だけではなく自民党にも同じにおいがする人もいる。許してもらえるなら社民党とも一緒にやりたい」などと言っていたそうですが、許すかいな、誰がそんな生臭いニオイがするねん、と思ったら

死刑執行、落選法相続投への批判かわす狙い?


 千葉法相が28日、昨年9月の就任以来一度も行ってこなかった死刑執行に突然踏み切ったことについては、野党などから「30日に召集される臨時国会を控え、参院選で落選した千葉氏を続投させた菅首相への批判をかわす狙いがあるのではないか」との見方も出ている。

 仙谷官房長官は28日午前の記者会見で、「千葉法相は非常に重要な行政権行使の責任者で、あくまでも法にのっとって行った。法治主義のもとで自らの職務を全うした」と強調した。

 ただ、千葉氏の続投については野党側から「参院選での落選は有権者が千葉氏の法相としての実績を判断した結果であり、首相が内閣の都合で続投させるのは民意の軽視だ」との批判が出ている。

 千葉氏は「基本的な法務行政に対する立場に変わりはない」として、国会議員の身分を失っても政策執行に支障はないと反論していたが、野党側は臨時国会で厳しく追及する方針だった。

2010年7月28日 讀賣新聞


せっかくの讀賣新聞の見立てですが、ちょっと違うかもしれません。枝野さんによれば、執行命令書へのサインは7月24日に行なわれました。これは千葉さんの参議院議員の任期切れの前日です。次の日で、千葉さんは議員ではなくなり、その次の日からは一介の民間人に戻るのです。

そこで確かに「批判」の余地はあるわけですが、この日までは法相を辞任する可能性があったと考えられます。正確には辞任「させられる」可能性ですが。ここでサインをするかどうかが、千葉さんにとっての「踏み絵」となったのではないでしょうか。

そして千葉さんは見事に「踏み絵」を踏んだ、てゆーか「踏み字」を書いたわけです。これでめでたしめでたしですが、誰にとって目出たいのか、「踏み字」を書かせたのは誰かというとこれは当然、法務省でしょう。

法務省は死刑が執行されない年が存在することを嫌います。それはもちろん「年度」とかいうものもあるのですが、365日という実際の「1年間」においても、死刑のない1年というものが彼等には耐え難かったようです。前回の処刑から正確に364日の間を置いて、同じ日付に執行することは、まあ面白いかも知れませんが、実はギリギリのリミットだったのです。

千葉さんが落選し、菅さんが千葉さんに法相を続けさせる判断をしたことで、法務省にとっては付け入る隙が出来ました。官僚は未だに旧政権とのパイプを保持していますから、これを最大限に活用してちょっとでも弱みのある奴は思いのままに操れるのさ。

サインをするか、それとも明日辞めるか、さもなきゃ野党に苛めさせるからいずれは辞めることになるし、一切協力はしない。そのかわりサインしてくれたら、勉強会も作ってあげるし、刑場もちょっと公開してやろうじゃないの。なんなら取調べの可視化の方もちょっとくらい考えてやったっていい。どうだい、婆さん。

サインしやすいように、愛人に金を使っちゃって女6人焼き殺したってオヤジを用意してやった。ワリー奴だよなあ、妻子ってもんがありながらよ。女のお前さんが少しでもサインしやすいようにってさ、これは俺たちからのささやかなプレゼントよ。もうひとつ、2人殺した下らねえヤクザもんだが、こいつも家出して来た娘を、宿も与えずに手元に置いといて、ゆくゆくはお風呂にでも落とそうかって鬼畜野郎だ。「女の敵」ってなあにこういう奴に違えねえ。どうだい、そう思わねえか、婆さんよ。

と、ゆーよーな下品なやり取りが行なわれたわけではありません。検察じゃあるまいし。とにかく千葉さんは法務大臣の椅子に座り続けるために、多分そうやって「夫婦別姓」とかの自分の「政策」を実行することが出来るかもしれないと思ったんでしょうが、3人を犠牲にしたわけです。つまり篠澤一男さんと尾形英紀さんと、あと自分自身ですが。

一方で辻元さんも「政権」のために沖縄を丸ごと見捨てようとしました。まあ本当に「無所属」で行けば千葉さんと同様の「自殺」行為ですが、辻元さんは結局は民主党に行くんじゃないかな。血にマミれた、同じ腥い臭いがしまっさかいに。

そいえばさぁ、今回の2人とも、殺意の点で調書と違うっつってんだけどもよ、そりゃあ、取調べの録音も録画もねえからよ、知ったこっちゃねーわな。千葉さん、いや大臣、こいつらの執行命令書にサインしたってこたぁよ、つまり可視化なんて必要ない、って言ってんのと同じなんだけどなあ。わかってんのかい、婆さんよぉw


posted by 珍風 at 13:47| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
死刑廃止支持の亀ちゃんは、間違いなく冤罪での死刑が多発してるのを知ってるんじゃね?

http://mainichi.jp/feature/sanko/news/20100611org00m040002000c.html
 警察庁調査官などの経歴も持つ亀井会長に聞いた。

 −−なぜ死刑廃止を?

 人間の命を大切にしない国は健全ではない。たとえ凶悪犯でも無抵抗な状況で国が殺すのは認められない。今の日本の自白偏重の刑事司法制度の下では、冤罪(えんざい)の危険性が常に残る。警察官僚をしていた当時の経験でも、容疑者が取調官に迎合するため、間違った捜査指揮をやりかけたことが度々あった。(冤罪は)何万分の1の可能性でも、本人にとっては100分の100なんだ。
Posted by gen at 2010年07月29日 06:52
もちろん知っているでしょうし、知っているのは亀井さんばかりではないでしょう。逆に、知っているからこそ早いとこ消してもらいたいと願っている人だっているんじゃね?

http://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_kamei.html

法曹一元というけれども、裁判官は本来、当事者主義のもと無罪推定を前提にしていかなければならないのに、ともすれば公判廷の被告人の供述より検面調書を優先します。やはり裁判官には伝統的に国家権力への信頼があって――それが悪いとは言いませんが――今の刑事訴訟の立場からいうと、当事者対等・無罪推定の原則で公判廷に立って公平に行われているかと言えば、決してそうではありません。

そうしたなかで被疑者が勾留・取り調べを受けると、異常心理に陥ることが現実に、非常に多いのです。

私が立ち会った取り調べでもありました。いわゆる拘禁性ノイローゼにかかって、取調官との関係が王様と奴隷のような心理状態になってしまうのです。絶対的権力を握られてしまい、取調官のまったくの言いなりになる被疑者がかなり多くいます。

そして、そういう警察での供述をもとに今度は検察が調書を録っていきます。公判廷で、いくら被告人が「あれはウソだった。勘違いだ。誘導されたんだ」と言ったところで、検面調書には証拠能力がありますから、それが優先されていきます。
http://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_kamei.html
Posted by 死人に口なし/珍風にシナチク at 2010年07月29日 07:54
>そうしたなかで被疑者が勾留・取り調べを受けると、異常心理に陥ることが現実に、非常に多いのです。

これもう半分拷問っていうかマインドコントロールっていうか洗脳っていうか。
実験心理学の本によると、ある実験で2人を看守役と囚人役に演じさせたら、看守役は指示された処置よりも厳しい処置をとり始めたという。一方、囚人役は本気で看守役に従属して、やたらとへつらい始める異常な状況になったという。お互い演技だと分かっているはずなのにそうなった。
これと同じことが取調室という密室で起こってるのかもね。
Posted by gen at 2010年07月29日 12:14
それは有名なスタンフォード実験のことだと思いますが、それだったら被験者は21人であり、これを看守役11人と囚人役10人に分けたのでしたね。もちろん、実験室を改造したのではない本物の監獄に親しい連中は、とっくの昔にそんな異常心理の作用には経験的に気がついていただろうし、利用してもいたでしょう。

取調べの技術は、物理的な諸条件も含めてそのほとんどが「権威」関係の構築、てゆーか被疑者の心理的劣位を強化することが中心であると考えて良いでしょう。そうすることによって相手が明らかにしたくないことを語らせることが出来るし、相手が受入れたくないような仮定を受入れさせることも出来るものです。

取調官にとってはこの2つには何ら違いがないことに注意すべきで、可視化による検証が必要である所以でもあります。

ちなみに件の実験では看守役の人たちはなかなか独創的な虐待法を次々と考案したものでしたが、その中にトイレを素手で洗わせるってのがありまして、それを実際に応用して従業員にやらせているのがイエローハット。なにが黄色いのかと思ったら、そういう意味だったとは
Posted by 糞帽子珍風 at 2010年07月29日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

辻元清美 プロフィール
Excerpt: 世代間連帯商品価格:819円レビュー平均:5.0 ワーストブログインジャパン: 死神転生 社民党をやめた辻元清美さんは、「民主党だけではなく自民党にも同じにおいがする人もいる。許してもらえるなら社民党..
Weblog: 30秒で丸わかり!最近のニュース
Tracked: 2010-07-28 15:11

会話(号外)
Excerpt: H:どうも〜死神です! C:どうも〜死女神です〜!
Weblog: 謙遜と謙譲の音楽でっせ
Tracked: 2010-07-29 00:58

写真点描・札幌花物語 14
Excerpt:  こうして連続して「北大植物園」を紹介していて、うかつにも忘れていたことがありました。草花、木々にぼくも見とれていたわけでもないでしょうが。 このとき以来、札幌の街にご...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-07-31 18:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。