2010年08月15日

鮨職人を顕彰する不倫の会

【仙台教諭殺害】「いつまでも生徒と先生…」教え子だった妻、“関係”に不満募らす

 仙台市の私立常盤木学園高の数学教諭、松本秀夫さん(当時56)が殴殺された事件で、殺人容疑で宮城県警泉署に逮捕された妻の美代容疑者(44)が、松本さんの行動を同容疑で逮捕された不動産会社役員、松山哲士容疑者(38)に携帯メールで連絡していたことが分かった。2人は不倫関係で、かつて松本さんの同高の教え子だった美代容疑者は、「いつまでたっても生徒と先生」などといびつな夫婦関係の不満を漏らし続けていたという。(夕刊フジ)

2010年8月14日 産経ニュース


なるほどですね。「ダブル不倫」という、今では極めて一般的な夫婦関係がなぜ陰惨な殺人事件にまで至ったか、『夕刊フジ』は夕刊ならではの憶測を勇敢に繰り広げています。それによると、教師という連中の矯正不可能な権威主義が自らの頭を潰すのに与って力あったということのようです。

報道によりますと、寿司屋の梅原さんが不動産屋の松山さんの指示によって犯行を行なったようで、松山さんの動機はおそらく「奥さんのため」だったのではないかということです。しかしながら奥さんの美代さんが被害者の行動を松山さんに知らせていたようですし、美代さんの意志に基づいて松山さんが指示し、それに基づいて寿司屋の梅さんが鮨を握る腕を金属バットに持ち替えて華々しい戦果を挙げた、ということだったのかも知れません。

すなわち梅さんを正犯として松山さんは教唆の関係にあります。ここで美代さんが松山さんに対して再教唆の関係があるのかどうかが問題であり、このあたり、美代さんの「犯罪責任」がどのようなものであったのか、今後の捜査に待たれる、ということになりそうですが、いずれにしても実行犯の梅さんは「悪い旦那の支配から奥さんを解放するため」だったからといって特に何か良い事をしたとか、褒められる、ということはないようです。

戦犯合祀、「問題ない」=仏極右党首らが靖国参拝


 フランスの国民戦線(FN)のルペン党首ら欧州極右政治家の訪日団が14日、終戦記念日を前に靖国神社を参拝した。同神社によると、外国の政治家の参拝はまれ。ルペン氏は参拝後、記者団に対し靖国のA級戦犯の合祀(ごうし)は「問題ない」との認識を示した。


 ルペン氏は「日本は自分の国を守って亡くなった方を非常に大事にしていると感じた」と強調。戦勝国が裁く「戦犯」の定義そのものに疑問を呈した上で、自身の参拝は「靖国神社は(戦死者が)正式に祭られている所だから、問題ない」と述べた。


 靖国問題がなお日本と近隣諸国のしこりとなっていることについては「戦争は65年前に終わったはずだ。フランスとドイツは和解した」と指摘した。


 一行は参拝後、境内に併設された戦史展示館「遊就館」を見学した。

2010年8月14日 時事


極めて卑近な例で言って松山さんはいわゆる「戦犯」、梅さんは一般の「戦死者」や「戦没者」に相当するところです。日本のマスゴミが松山さんの責任やら不倫やらを問題にするのに比べると、ルペンさんは明快であり、「「戦犯」の定義そのものに疑問を呈し」ています。松山さんだけ断罪され、梅さんが許されるどころか「よくやった」と褒められるということなど考えられないのです。「戦死者」は「戦犯」の指示に基づいて戦争を実行するものに他なりません。

犯罪者に対してどのような態度を取るかという点は、それはその人の思想信条ですから、ルペンさんがルパンさんのように犯罪に親和的であったとしても、それはあり得ることです。犯罪愛好家は日本にも多く、今回の犯罪ツアーは一水会の企画によるものです。「国民共同体の創出」を主張する一水会は「世界のあらゆる民族を尊重」するとか言っているようですが、「国内のあらゆる民族」を尊重しない点ではFNと同様であると思われます。

まあ、「国民」と「民族」の区別がつかない外国語は不自由なものですから、ガイジンの思想もなかなか難解ではありますが、いわゆる「愛国者」においては「国」を愛するあまり「nation」の資格審査がやかましいものです。概ね「少数者」を「国民」から排斥しようとするのですが、その結果国民の多くが「国民」になれなかったり、なるのに苦労したりすることが多いようです。

中でも「他民族」に加えて同性愛者が排斥されることになっている場合が多く、FNも同性間のパートナーシップを可能にするPACS(市民連帯協定とか民事連帯契約とか)の廃止を掲げているところです。まあこれには、婚姻に替わるパートナーシップとして異性間カップルにおいても歓迎されているところでありますから、その点もFNなどの気に入らない点かも知れません。いずれにしても「極右」においてはホモフォビア的態度が一般的のようですが、ホモソーシャルが戯画的にまで過剰である日本の「極右」において、彼等は自らが抑圧しているものを見せつけられることになるようです。

そういう人たちにとっては「お国のために死ぬ」こともろまんちっくな性的妄想の一部でありますから、靖国神社も青い目には「日本の”萌え”とかいうやつ」の一種だと思われている可能性があります。しかし実際に戦死した国民の多くがその手の性的嗜好を持っているかどうかは補償の限りではありません。

梅さんは騙されて先生の頭を潰したわけではないでしょうが、一方の兵隊さんは何か良い事をするんだ、あるいは何も悪いことはしないんだと思って出征していったのかも知れません。だとすると、これは例えばヤクザに騙されて何も知らないで覚醒剤などを運ばされるのと同じようなものだった可能性があります。

騙されるのは気の毒ですが、だからといって、いやキミのしたことは正しかったんだよ、などと言って二重に騙そうとするのは考えもので、単純に謝ってしまった方が良いようです。しかし愛国者の皆さんは梅さんだけが死刑になって、松山さんと美代さんが仲好く墓参りをして梅さんに「感謝」したりするのが「道義」にかなったことであると考えているようですから今日もスシが旨い。


posted by 珍風 at 09:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by ika at 2010年08月16日 12:18

あんなにイかされたの初めてだ・・・(*´Д`)=3
アナ〜ル&おフェラのダブル攻めがマジでヤバかったぞ!!
あんまり気持ちいいから、軽く失神しかけたわwwwww

お礼に10万もらったけど、こんなの続けてたらチンコもたねぇなwwww
http://nnstarterpp.net/sb/isfs-b3/
Posted by 人-妻うますぎ!! at 2010年08月17日 09:07
「日本を攻撃すればタダではすまない」んだ。なにしろみんな死んで靖国神社に行っちゃうんだから。この皿木喜久三とかいう者、こんなにイかれた奴初めてだ・・・(*´Д`)=3
核兵器&ヤスクニのダブル攻めでマジで死屍累々!!
あんまり屍臭がするから、軽く失禁して霊璽簿にぶっかけたわwwwww

お礼に1.5倍の年金もらったけど、こんなの続けてたら消費税1000%に上げなきゃ財政もたねぇなwwww
Posted by 珍-風古今亭あつすぎ!! at 2010年08月17日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。