2010年08月20日

存在しないイヤんバ菅が 国民の生活を破壊しない/破壊する

鳩山さんの別荘に小沢さんがやって来たので、もう闇雲に期待が高まっているようですが、一方その頃菅さんはSFGとお話していたのでした。SFGってのはおそらく「セーラー服ギャル」のことです。

首相 自衛隊幹部と意見交換


菅総理大臣は、自衛隊トップの統合幕僚長ら幹部を、去年の政権交代後初めて総理大臣官邸に呼び、北朝鮮や中国など日本周辺の安全保障情勢について詳しい説明を受けるとともに、今後も定期的に意見を聞きたいという考えを示しました。

総理大臣が、自衛隊幹部から直接意見を聞くのは去年秋の政権交代以降初めてで、自衛隊の折木統合幕僚長をはじめ、陸海空自衛隊の幕僚長らが出席しました。冒頭、菅総理大臣は、ソマリア沖での海賊対策や、宮崎県で発生した口てい疫の問題などでの自衛隊の活動をねぎらったうえで「自衛隊の役回りはますます大きくなっている。自衛隊の最高指揮官としての自覚を持って役割を担っていきたいと考えており、きたんのない意見を聞かせてほしい」と述べました。そして菅総理大臣は、核兵器の開発や弾道ミサイルの配備を進める北朝鮮や、急速に海軍力と空軍力を増強し、日本近海で活動を活発化させている中国人民解放軍の動向などについて詳しい説明を受け、今後も定期的に自衛隊幹部から意見を聞きたいという考えを示しました。会談のあと、折木統合幕僚長は記者団に対し「最高指揮官である総理大臣と意見交換できたことは大変意義があり、非常に充実していた。必要に応じてこうした機会を持っていただければありがたい」と述べました。

2010年8月19日 NHK


なんだよ「制服組」かよ。菅さんは同席した北沢さんがセーラー服を着ていないことに関してどうでもいいことを言ったようですが、その裏では「北朝鮮」、しかも「核兵器の開発や弾道ミサイルの配備を進める」ところの「北朝鮮」について、そして中国、とりわけ「急速に海軍力と空軍力を増強し、日本近海で活動を活発化させている」中国について「詳しい説明を受け」た模様です。

これは映画の予告編と同じでして、キャストを見ると誰が悪役を努めているのか一目瞭然に分かってしまいます。「詳しい説明」を聞く前から「北朝鮮」は「核兵器の開発や弾道ミサイルの配備を進め」ている国であるとされているわけですし、中国は「急速に海軍力と空軍力を増強し、日本近海で活動を活発化させている」のです。SFGはそれらの国をそのように定義づけるのであり、それさえ分かってしまえば本編を観なくても大丈夫です。

もっとも、これはNHKがそのように定義づけているんですが、NHKとしてはこの際ですからSFGの考えるところを菅さんのみならず国民の皆さんにも、電波に乗せて電離層ではね返って地球上のいたるところに周知徹底せしめることが重要であると考えたようです。すなわち「北朝鮮」と中国に対する敵対関係について日本の内閣総理大臣と軍部が共通の意志を持っている、ということを全世界に知らしめなければならなかったのです。とりわけアメリカにそれとなく知らせておくことは極めて重要です。デムパよ届け。

そんな菅さんは、その前の日の18日にもおとなしく飯を食うことも出来ません。

首相「若者ため頑張る」 雇用問題で意見交換


 菅直人首相は18日夜、パソナグループの南部靖之代表、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の沢田秀雄会長と都内の日本料理店で会食し、若者の雇用問題について意見交換した。両氏によると、首相は「若い人に夢を託すような政権運営をしたい」と語ったという。

 首相は「日本のため、若い人のために頑張る」と意気込みを語り「君たちもベンチャー企業だが、自分もベンチャーという気持ちで頑張っている」と強調した。

2010年8月19日 産経ニュース


「若者ため頑張る」ということで、「意見交換」をしたようですが、その相手がどういうワケかパソナとHISです。「若者の雇用問題」を悪化させるのが仕事であるような人たちにニューオータニの
「紀尾井町藍泉」で食わせる飯があったようです。

菅さんはこの「ベンチャー」の人たちに迎合して「自分もベンチャー」などと意味不明のテケテケをヌカしたようですが、この「ベンチャー」の連中は、目の前で菅さんが「日本のため、若い人のために頑張る」と言っているのに、「自分たちも頑張る」とは言わないようです。

もっとも、この人たちが「頑張った」ところで、「若者の雇用問題」が解決する見込みは万に一つもないのですが、それにしても「俺も頑張るよ」とか言うだけは言ってみるのが世の中の所謂「交際」というものです。しかしこの「ベンチャーズ」は、「若い人たちが頑張ってこそ、経済が良くなる」などと言っただけでした。

自分たちが貧窮化し奴隷化した「若い人たち」にむかって「頑張れ」とは、これはまた随分とお気楽な、見ようによってはかなり「思い切った」発言ですが、さすがは爛染、八田克彦さんの料理の見事さに他のことはどうでも良くなった挙げ句、つい本音が出たようです。

しかし、南部さんや沢田さんのことですから、たとえコンピニの店長が食うはずだった期限切れの弁当を横取りして食ったところで、やはり同じようなことしか言わないに違いありません。悪いのはビンボー人や「若い人たち」であって、南部さんや沢田さんは「景気」の責任を感じるどころか、「日本のため、若い人のため」にどうにかしようなどという気はサラサラありません。

もちろん、そんな気持ちがあればあんな商売はしていないわけですが、これはむしろ呼ばれた南部さんや沢田さんの方が意外だったのではないでしょうか。まともな感覚を持った人であれば、「雇用問題について意見交換」するためにこのような人たちを呼んだりしません。

ちなみにパソナってのは、もちろんあの竹中さんとこです。竹中さんについては、僕は命が惜しいので全く書くことが出来ません。

死者

石井紘基(民主党議員)
長谷川浩(NHK解説主幹)
米森麻美(元日本テレビアナウンサー)
平田公認会計士(りそな銀行を監査)
鈴木啓一(朝日新聞)
石井誠(読売新聞)
野口英昭(エイチ・エス証券)
森田信秀(森田設計事務所社長)
姉歯元一級建築士の妻
斎賀孝治(朝日新聞)
赤坂俊哉(弁護士)


自殺する予定はありませんが自殺「させられる」予定はもっとありません。さりとて

植草一秀
太田調査官(国税調査官。りそなの脱税問題を調査中)


痴漢も困りますんで。もちろんパソナは脱法行為がビジネスである「ベンチャー」ですが、興が乗るとそれが「違法」の域に達するのも珍しいことではなくて最近でも

違法派遣:NTTコムに是正指導−−京都労働局


 情報通信会社「NTTコミュニケーションズ」(NTTコム)=本社・東京都=が運営する京都市内のデータセンターの管理業務を巡り、派遣期限(最長3年)のない専門業務の派遣を装った「違法派遣」や偽装請負があったとして、京都労働局がNTTコム社や派遣大手パソナの子会社など関係企業6社に是正指導したことが分かった。IT業界では重層的な下請け構造を背景に違法派遣が横行しているとされ、今回の是正指導でその一端が明らかになった。

 関係者によると、データセンターには顧客企業のサーバーが多数設置され、数人の派遣労働者が維持管理を担当している。

 派遣労働者は主に30代男性で、01年以降、パソナ子会社など派遣会社2社に雇用されている。名目上は「ソフトウエア開発」「OA機器操作」などの専門業務の派遣で、大阪ガスのグループ会社を通じ、データセンターの受付業務を請け負った日本ユニシスのグループ会社に派遣された。

 しかし実際の仕事は専門業務ではなく、掃除や電球交換などの雑務を含む一般的業務で、3年を超えて働く違法派遣の状態だった。さらにNTTコム社の社員が直接、派遣労働者に業務の指示をする偽装請負でもあったという。本来の業務請負契約は、請負会社が労働者を指揮して仕事をさせる。偽装請負は使用者責任があいまいになるとして、法律で禁止されている。

 京都労働局は昨年5月以降、情報の申告を受けて調査に着手。専門業務を装った違法派遣や偽装請負があったと認め、職業安定法や労働者派遣法違反にあたるとして先月中旬、文書で是正指導した。

 毎日新聞の取材に対し、NTTコム社など関連する6社はいずれも是正指導を受けた事実を認めた。NTTコム社は「現状は問題がない。再発防止に努めたい」とコメントしている。【日野行介】

2010年7月26日 毎日新聞


「横行」の「一端」を担っているようですが、まあこんなことはいつものことです。自殺や痴漢はイヤなので「悪徳企業」とは申しませんが、明らかに要注意企業であり、内閣総理大臣たるものが不用意にテーブルを囲むような相手ではありません。

もちろん南部さんが菅さんと会う以上は、「専門業務」ではなかろうが、派遣先の指揮命令によって電球の交換をしようが、ゴミを出しに行こうが、3年を超えようが「違法」にならないように、労働者派遣法の「改正」を求めるでしょうし、菅さん側から見ればそういうことを求められることが当然予想されます。菅さんはこのようなことを予想しつつ、敢えて会合を持ったことは間違いありません。

小沢さんが政権交代の原点に返ることを主張している間に、菅さんは政権交代以前に戻すべく奮闘中です。問題は、もし同じことをやるなら小泉進次郎の方が若いし、なんといってもコイヌミのココイヌミですから血筋が悪い/良いし、要するに自民党と同じなのであれば自民党の方が良いのです。それで困るのは菅さんだけでしょうけど、菅さんがやっていることは、菅さん自身が急に仕事を投げ出してその結果自民党に政権が戻ってしまったと仮定した場合と同じ効果をもたらします。ということはつまり、菅さんは既に政権を投げ出している/投げ出すために仕事をしている/仕事をすることによって投げ出している/仕事をしていない/引き継ぎの準備/サボタージュ/死んだも同然/死んでる/ウジ虫の合議制/ゾンビ/昔から死んでた/最初から死んでた/生まれつき死んでいた/生まれていない/生きていない/存在しない/非実在総理大臣/幻覚レストランのマスター/コイヌミが菅さんの皮をかぶっている/菅さんが小泉純一郎の皮をかぶっていたのでした。


posted by 珍風 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。