2010年09月03日

遺棄された男と女

当初は「事件性なし」だった「事件」ですが、「政権交代」のおかげでここまで来たのかも知れませんし、まだ「政権交代」がここまでしか来ていないのかも知れません。

押尾被告3日初公判、裁判員に裁かれる


 合成麻薬MDMAをのんで容体が急変した東京・銀座のクラブホステス、田中香織さん(当時30)を死亡させたとして保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の初公判が3日、東京地裁で開かれる。

 芸能人初の裁判員裁判は、香織さんの救命が可能だったかどうかが最大の争点。起訴状によると昨年8月2日夕、東京・六本木ヒルズのマンション一室でMDMAを一緒にのんだ香織さんは午後6時ごろに急性中毒症状となり、死亡時刻は同47〜53分ごろとしている。

 押尾被告の知人が119番したのは同9時19分ごろ。検察側は「死亡までに十分時間があり、救急車を呼んでいれば助かった」と指摘。これに弁護側は「異変から死亡までは長くて30分、急変から数分で死亡した。心臓マッサージなどの措置は取った」と反論する。

 公判では調書など90点が採用され、証人として救命医療の専門医や押尾被告にMDMAを渡して実刑が確定した知人男性(32)、香織さんの両親ら19人が出廷する。

 麻薬をめぐり、押尾被告と関係のある女性2人は別室からの中継回線で証言。事件に関連し、押尾被告と関係のある有名人のスキャンダルが暴露される可能性もある。

 関係者は押尾被告の近況について「猛暑で顔はやつれたが、今も腕立て伏せや腹筋などで体力を維持しており、無罪を確信する目の輝きは失われていない」。注目の被告人質問は13日の第6回公判で行われる。

 日大名誉教授(刑法)の板倉宏氏(76)は「普通の感覚ならすぐに119番通報するはずで、短時間での病院搬送は可能。保護責任者遺棄致死罪は成立すると思う。懲役8年の実刑では」との見解を示した。

2010年9月3日 SANSPO.COM


押尾さん側ではMDMAを田中さんが持って来たものであるとし、もって田中さんに対する保護責任が発生しないと言うようですが、困難な主張となるでしょう。田中さんにMDMAを販売した人か、同様に田中さんとともにMDMAを使用したという証人が調達出来れば何とかなるかも知れませんが。

しかしながら押尾さんは田中さんに「心臓マッサージなどの措置」を行なったそうですから、これによって「保護」が開始されたと考えることが出来、これによって保護責任の存在が認められる可能性もないわけではありません。

このあたりが「保護義務」の厄介なところで、行き倒れの人が倒れているのを助けるならちゃんと最後までやらないと、途中で投げ出しては行けませんよ、ということになるんですが、単なる通行人はこれを最初から放置して通り過ぎても罪にはなりませんから、無視するようにしているようです。

この意味では「保護責任者」という、結構難しいところを裁判員が「気分」で判断する、という面白い可能性があるんですが、押尾さんの場合は路上に裸の女の人が落ちていたわけではなく、密室に2人だけでいたことになっていますし、速やかに救助を要請することを妨げる要件もなかったことになっていますから、話は別です。

いずれにしても問題は「救急車を呼ばなかった」ことではなく「呼んだのが遅かった」ことですから、この間の押尾さん、てゆーか押尾さんの周辺の人々の動きが問題になることは間違いありません。押尾さんは別段ぼーっとしてたわけではなく、マネージャーに電話するなどして自己、もしくは関係者の「保護」の手を打とうとしていた模様ですが、それにしても出動要請までに死後2時間以上を経過しています。

その間の経過について、実は被告人本人があまり把握していない可能性すら存在しますが、ある種の隠蔽工作が行なわれたと邪推することは充分に可能です。とは言っても押尾さんが逃げたり隠れたりしたわけでもなく、本日より被告人として法廷に立つハメになっているのですから、この隠蔽工作は少なくとも押尾さんが責任逃れをするためのものではなかったのではないかと考えることができるでしょう。

救急車出動要請までに2時間という時間がかかったのも、単にモタモタしていて時間が経過してしまったのか、死亡したことを認識しなかったためにのんびりしていた可能性もあります。このような死亡においては高体温になることもあります。もちろん死んでしまえば体温は下がりますが、室温とも関係しますし。

しかし一方では、死んだかどうだか分からないからこそ、大事を取って時間を置いたということも考えられないわけではありません。知られては困ることを田中さんが知っているとすれば、彼女が生きたまま病院に連れて行かれるのは具合が悪いわけです。ところでその「困ること」というのは、少なくとも押尾さんと一緒にいたこと、ではなかったわけです。もしそうであれば今日の裁判はありません。しかしその「困ること」が明らかになるには「最低でも6年、とても6年じゃ無理だとは思いますが、9年、12年の歳月」が必要なのかも知れません。


posted by 珍風 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。