2010年09月14日

菅に癌

なんだよ菅かよ、と残念に思った人もいるでしょうし、そうでもない人もいるでしょう。調子の良い人もいるようです。

谷垣自民総裁 必要な法案、政策など与党に提起


  谷垣禎一自民党総裁は菅直人氏の民主党代表再選について、14日、「菅さん、この熾烈な選挙を勝ち抜かれ、党代表、総理大臣を続けられるということでしょうから、お祝い申し上げたい」と語るとともに、「一刻も早く政権として今の国民生活の状況に直面した対応をしてほしい。それが1番」と語った。

  谷垣総裁は、民主党代表選挙について「去年の衆議院選挙で約束したマニフェストを違えるようでは、間違いではないかという(小沢一郎候補の)主張、それからもう1つ、政治とカネの問題で民主党はクリーンでなければならないという(菅候補の)主張、どちらの主張も間違っていない主張だと思っていますので、それをどのように乗り越えていくのかという深刻な課題がある」と分析。「今の国民生活の厳しい生活を打開していくエネルギーが、この選挙によって民主党に生じたとは思いません」と語り、民主党と対峙していく考えを示した。

  また「本当に国民生活に必要な時であったら、自民党の側から民主党にどんどん法案なり、政策など問題提起し、与党に突き付けていく行動をとりたい」と語り、「我々が提起したことが実現するのは、むしろ良いことだと思う」と国民生活を軸とした野党としての姿勢を窺わせた(編集担当:福角忠夫)

2010年9月14日 サーチナ


谷垣さんがいつから「去年の衆議院選挙で約束したマニフェスト」を評価することになったのか知りませんし、自民党が「クリーン」になったという話も聞かないわけで、谷垣さんの言うことを信じる限り自民党は「間違い」だらけのようです。しかしこの2つの「主張」は別に矛盾しているわけではないのですから、何が「深刻な課題」なのか全く了解不能ですが、菅さんが引き続き内閣総理大臣を務める嬉しさに谷垣さんもワケが分からなくなっているようです。

何が嬉しいと言って、菅さんは野党案丸呑みゴックンしてくれるそうなのですから、「どんどん法案なり、政策など問題提起し、与党に突き付けていく」のもあながち間違いでもないでしょう。それにしても、それは「国民生活に必要な時」なんだそうですから、谷垣さんはちょっと小沢さんに色目を使い過ぎのようでもありますが、ただし「必要な」には「本当に」が付いていますから、必ずしも国民の生活のために何かをしてくれるというわけでもないようです。

まあ谷垣さんが調子ぶっこくのも無理もないわけですが、谷垣さんは極めて重要なことを忘れているようです。菅さんが民主党の代表になったので、自民党はもう存在価値がなくなりました。今やアメリカにとっても財界にとっても官僚にとっても、国民にとってすら、民主党は自民党以上に自民党なのです。

たしかに「政権交代」があったようではありますが、自民党がやっていたことを同じようにやる、ということであれば、単なる「引き継ぎ」でしかないようにも見えます。まあしかし、民主党の「党員」や「サポーター」は、自民党の「党員」のようになることを望んだんでしょう。たしかに往事の「自民党員」はブイブイ言わせてたようですから、自分もやりたいと思う人が多かったとしても仕方のないことです。

問題は、世間で小沢さんを支持したりしていた人たちが、どうも民主党の「党員」でも「サポーター」でも何でもなかった、ということだったでしょう。これはあくまで民主党の内輪の選挙なのですから、外野が騒いだところで何にもならないのでした。今度から選挙権を持って騒ぐようにしたいものです。

小沢さんに「今度」があるのかどうか知りませんが、今や民主党と自民党の違いは「党員」になるハードルの高さでしかありません。自民党員というのは、誰でもなれるものではないのです。なろうと思う人も少ないかも知れませんが、なにしろ政権党になることを前提にこしらえられたもんですから、ヘンな人が内部に入り込まないように気をつけてありまして、入党するには党員の紹介が必要なのです。党員の人が「怪しいもんじゃない」ことを証明してくれなければ入れません。

そこへいくと民主党は党費を振り込めば即「党員」です。「サポーター」と「党員」の違いは主に「党費」の金額の差でしかありません。したがって「アヤシいもん」も遠慮なく「党員」になることが出来ます。しかしながら菅さんが総理大臣で良い、という人は既存の「党員/サポーター」の中に沢山いるようですから、そういう意見の人は今からわざわざ党費を払って党内に入り込む甲斐はありません。

しかし菅さんではダメだ、あるいは鳩山さんによると菅さん系の「官僚出身、元アナウンサー、政経塾出身、弁護士」というような所謂「エリート」、鳩山さんに言わせれば「似非エリート」とか「成り上がり者」というんでしょうが、その手の権力志向の出世主義者連中では宜しくない、と思う人は、再来年の5月までに大挙して民主党に入り込んで引っ掻き回してやるのが良いでしょう。

あなたも民主党に参加しませんか?
民主党の運営と活動を支え、ともに行動する<党員・サポーター>を募集しています。


党員とは?

○民主党の基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
○党費は、年間6,000円です。
○資格期間は、お申し込み手続きが完了した日から1年間です。
○お申し込み手続きは通年、民主党の総支部でお受けしております。
○所属は、お申し込み手続きをした総支部になります。
 (総支部とは、衆議院・参議院の各議員、または公認候補者等を代表者とする民主党の地域組織です。)
○党員は、代表選挙で投票することができます。
○党員は、民主党の運営や活動、政策づくりに参画することができます。
○党員は、民主党の広報紙「プレス民主」( 月2回発行 )が送付されます。
○党員の権利や活動は、民主党規約や組織規則・倫理規則で定められており、それ以外の義務やノルマ等はありません。

サポーターとは?
○民主党を応援したい18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
○会費は、年間2,000円です。
○資格期間は、お申し込み手続きが完了した日から1年間です。
○お申し込み手続きは通年、民主党の総支部でお受けしております。
○所属は、お申し込み手続きをした総支部になります。
 (総支部とは、衆議院・参議院の各議員、または公認候補者等を代表者とする民主党の地域組織です。)
○サポーターも、代表選挙で投票することができます。
○サポーターも、民主党が主催する講演会や勉強会・イベント・選挙ボランティアに参加することができます。

民主党代表選挙への参加について
○代表選挙は2年に1度行われます。
○代表選挙には、郵便投票による参加ができます。
○代表選挙に参加するには、毎年5月末までに、民主党本部に党員・サポーターとして登録されていることが必要です。
○党本部への登録は所属する総支部が行いますので、5月中旬までに、民主党の総支部にて手続きをお済ませ下さいますよう、お願いいたします。

お申し込みはお近くの総支部、国会議員事務所へ。
または、次のフォームからお申し込みください。党本部から、各都道府県組織を通じてお近くの総支部、国会議員事務所へ伝え、折り返しご連絡を差し上げます。

http://www.dpj.or.jp/sub_link/volunteer/index.html


でもって入党申し込みはこちら
https://form.dpj.or.jp/touin/

サポーター申し込みはこっち
https://form.dpj.or.jp/supporter/

党が割れちゃったら何の意味もありませんが、菅に割る勇気はねぇべ。


posted by 珍風 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つかこんなカンタンにトーインやらサポーターになれんならアメやカンリョーなんかの手先とか犬とかスパイとかシンパとかでもなれるわけね
Posted by ika at 2010年09月15日 12:43
そういう人ももちろんいますよ。例えば代表の管直人さんとか。犬でもなれる民主党員。

Posted by 走狗シンパサイザー珍風 at 2010年09月15日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。