2010年09月17日

何ともいえないわびしい気持ちになったことはあるかい?

労組出身の一匹おおかみ=法務相・柳田稔氏


 7月に党参院幹事長に抜てきされ、今回、初入閣を果たした。民間労組出身で、労働行政には詳しいが、法務行政での手腕は未知数。民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた犯罪取り調べの録音・録画(可視化)をどう実現するかが当面の課題だ。党組織委員長や参院厚生労働委員長などを歴任。集団行動を好まず、一匹おおかみ的な言動が多い。党内では「人望がない」との厳しい指摘も。大学を中退してすし職人として働き、元の大学に入り直した経験を持つ。55歳。(民主)


◇柳田稔氏略歴
 柳田 稔氏(やなぎだ・みのる)55 東大工卒。参院厚生労働委員長、党参院幹事長。衆(2)参(3)広島(民主)

2010年9月17日 時事


いや、別に威張るわけではありませんが、素人の僕が30分くらいかけて収集した情報でも同じようなもんで、要するに労働畑の人です。ゼンセン同盟の人であり、法務大臣としては「未知数」、てゆーか、急に変なところに引きずり出されたようなもんで、ワケが分からない人事です。時事通信社の記者さんも僕と同じ様なもんだ、と言いたいわけではありません。例えば「党内では「人望がない」との厳しい指摘も」などという辺りは、「党内」の誰か2〜3人にでも聞いてこなければ出てこない、貴重な情報でしょう。

別に貴重でもないのですが、「本職」の法務の方だけでなく、兼任のお仕事の方でも、とにかく評価のしようがない、というか、単に「知らない」と言われてしまっています。

拉致家族「見たことない」=担当相兼務の柳田法相


 菅改造内閣で、北朝鮮の拉致問題担当相を柳田稔法相が兼ねることについて、拉致被害者の家族は「聞いたことも見たこともない人だ」と指摘。「菅政権にとって拉致はこの程度の認識なのか」と困惑する声が上がった。

 家族会の飯塚繁雄代表(72)は柳田氏について、「拉致議連の人も知らないと言っていた。外務大臣も代わり、今まで継続していたものが切れた感じがする」と落胆。「至急面会し、様子を見極めたい」と話した。

 増元照明事務局長(54)は参院の拉致問題特別委員会を何度も傍聴しているが、柳田氏が委員を務めていることを知らなかった。面識もないといい、「北朝鮮情勢が非常に流動的になる大変な時期に、適切な手を打てるのか」と強く懸念した。

2010年9月17日 時事


柳田さんには申し訳ないのですが、どこに出しても「菅政権にとってはこの程度の認識なのか」と言われてしまいそうなのですから何をやらせてもたいして変わらなかったりします。これがやらせてみると「民主党にはこんな優れた人もいるんだ」ということになると良いのですが、今のところ誰一人として何一つ期待していません。

菅政権にとって「衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた犯罪取り調べの録音・録画(可視化)をどう実現するか」という「課題」がどの「程度」のものなのか、非常に心もとないものがあるのは事実ですが、柳田さんは「状況をしっかり把握して頑張る」んだそうですから、今のところ状況を把握していないのは間違いありません。

取調べの可視化って、やりたくない人もやりたい人もいるでしょうけど、やりたくなかったりやりたかったりする人は少なくとも「状況」は「把握」していたりするもんですから、柳田さんはどっちでもないんでしょう。まあ、あんまり興味がなかったようです。

そういうわけで、毎日新聞がこの間の参院選の時に候補者にアンケートをとっていて、こういう場合はこれしか資料がありません。困ったもんだよ毎日新聞、困ったときの毎日新聞。
http://worstblog.seesaa.net/article/154672221.html

問1: 憲法9条の改正に賛成ですか、反対ですか。
回答: 反対

問2: 集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すべきだと考えますか。
回答: 見直す必要はない

問3: 日本の核武装について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 将来にわたって検討すべきでない

問4: 日米安全保障条約について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 今のままでいい

問5: 北朝鮮を巡り、拉致問題、ミサイル発射、核実験に加え、韓国海軍の哨戒艦沈没事件が起きています。これまで政府がとってきた対北朝鮮政策について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 圧力をより強めるべきだ

問6: 鳩山前政権は、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場を、同県名護市辺野古付近に移設することを決めました。普天間飛行場の移設先について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 辺野古付近

問7: 経済・財政運営について、「行政の無駄削減」を前提とした上で、あなたの考えに近い方を選んでください。
回答: 増税してでも社会保障や福祉を充実させる

問8: 消費税について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 次期衆院選の後に引き上げるべきだ

問9: 地球温暖化対策として温室効果ガス排出などに課税する「環境税」に賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成

問10: 基礎年金は現在、国民の支払う保険料を財源にあてる保険料方式がとられていますが、全額を税で賄う方式にすべきだとの意見もあります。あなたはどちらがふさわしいと思いますか。
回答: 全額税方式

問11: 現在、月1万3000円の子ども手当を増額することについて、あなたの考えに近いものを一つ選んで下さい。
回答: 増額すべきだ

問12: 高速道路無料化に賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成

問13: 選択的夫婦別姓に賛成ですか、反対ですか。
回答: 無回答

問14: 政党への企業・団体献金を全面的に禁止すべきだと思いますか。
回答: 禁止すべきだ

問15: 官僚が国会で答弁することに賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成

問16: 行政の無駄削減に際し、インターネットで公開して民間の「仕分け人」も参加する現在の「事業仕分け」についてどう思いますか。
回答: 続けるべきだ

問17: 参院選の結果次第で連立政権の枠組みが変わる可能性があります。現在、野党の立場を取る政党が、参院選後に民主党と連立を組むことは問題だと思いますか。
回答: 問題ない

問18: 日本の政党政治のあり方について、あなたの考えに近い方を選んでください。
回答: 二大政党化が望ましい

問19: 永住外国人への地方選挙権付与に賛成ですか、反対ですか。
回答: 無回答

問20: 犯罪の容疑者に対する取り調べの全過程を録音・録画(可視化)することに賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成

問21: 国から地方自治体に財源・権限を移譲する地方分権について、あなたの考えに近い方を選んでください。
回答: 移譲を進め、自治体の裁量で実施できる業務を最大限増やすべきだ


これによると「北朝鮮」に関しては「圧力をより強めるべきだ」と回答していますから、「家族会」は安心していてよいのではないでしょうか。これで「拉致問題」が多少なりとも前進するかどうかはともかくとして、既定の路線は承継されるとみて良いでしょう。

法務大臣としては、時事通信社が指摘する取調べの可視化については「賛成」だそうです。まあこの質問に対して、敢えて「反対」を称えるとすれば、かなり強い根拠があるか、警察方面との特別な繋がりがなければなりませんから、単に「賛成」というだけでは分からないところがあります。

そこでもう一つ、民法関係で選択的夫婦別姓に関しては「無回答」であります。やはりこれから担当する分野についてはっきりした考えがあるというわけではないようです。ちなみに夫婦同姓制度はヨーロッパの制度を真似たような面もありますから、「日本」の「自立」を考慮に入れた場合には別姓に傾く可能性があります。その関連で言うと普天間飛行場の移転先を「辺野古」と答えているのと矛盾はしていないようであります。

矛盾しない、てゆーか現状を維持するには法務大臣としてこれ以上ふさわしい人もいないような気もします。この場合「現状維持」というのは意外と安閑としたものではなく、「政権交代」の方向に対抗する、というアグレッシヴな意味を持っていることに注意すべきでしょう。

法務大臣職は「取調べの全面可視化」や「選択的夫婦別姓」、あるいはビミョーすぎてアンケートには出来ない死刑制度の問題など、難問が山積しております。民主党にとってマニフェストにうたわれた政策を実行するには抵抗が強いものでありますから、内閣はその全てのメンバーがそれぞれの分野においてマニフェストの実現に強い関心を持っている人であることが必要とされるでしょう。

しかしどうも柳田さんはそうでもないようです。てゆーか完全に畑違いであり、無関心であって、どうして此処に彼を持って来たのかよく分からない、というのが実情ですが、菅政権においては時事通信社の記者さんが気にするほど「マニフェスト」に関して注意を払っていないし、ほどんど全くやる気がない、という仮定を受入れるのであれば、これは難なく理解出来る事態です。その意味で言うと、柳田さんという人はそんなにバカに出来たものではありません。彼は菅改造内閣の性格を一身に象徴するという意味で、なかなかどうしてスミに置けない大した人物であるということが出来るでしょう。もう「全然知らないヤツ」とは言わせません。よく知らないんですが。


posted by 珍風 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。