2010年09月25日

蝶々さんあたしに翔び方おせーて

「極めて愚か」「外交的敗北」=自民など一斉批判、公明は評価−中国人船長釈放


 尖閣諸島沖での海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件をめぐり、那覇地検が中国人船長の処分保留での釈放を決めたことについて、自民党など野党は24日、政府の対応を一斉に批判した。

 自民党の安倍晋三元首相は衆院議員会館で記者団に「極めて愚かな判断だ。領海侵犯であることは明々白々で、中国の圧力に政治が屈した」と厳しく批判。石破茂政調会長は「菅直人首相と前原誠司外相が(訪米で)不在だ。いかなる判断に基づいて決めたのか国民に説明する義務がある」と述べた。

 みんなの党の渡辺喜美代表も記者会見で「明白な外交的敗北で開いた口がふさがらない。菅内閣の弱腰外交を糾弾していかなければならない」と断じた。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は「中国の領有権を認めたことになりかねない」と懸念を示し、共産党の志位和夫委員長は「国民に納得のいく説明を強く求める」との談話を発表した。

 一方、公明党の山口那津男代表は会見で「日中関係をこじらせることは誰も望んでいない。法的な主張をぶつけ合うよりも、政治的な解決をしていくべき場面に転じた」と評価した。

2010年9月24日 時事


船長さんは空を翔んでさよならバイバイしましたが、こういう場面で「厳正な法律の適用・執行」にこだわることにあまり意味はありません。しかしながら文句を言いたい人もいるわけで、文句を言うのは野党の仕事ですから別に良いようなもんですが、なんだか知らないけど負けた負けたで大騒ぎ。

バカ殿によると「愚かな判断」であって「中国の圧力に屈した」ことになるそうで、「間違いなく、間違ったサインを中国に送ることになってしまいます」と間違いなく間違ったことを言っていますし、渡辺余所見さんは「明白な外交的敗北」であることを明白に主張しています。政府はテキトーに納めたわけですが、この人たちは「敗北」をことさらに強調して開いた口をふさぐことがありません。

これほど負けたがる人というのも珍しいものですが、お隣の中国では「勝った」と言いたいところでしょうから、バカ殿とか余所見さんはこれによく呼応しています。意外と親中派であります。スパイかもしれません。日中友好のために今後ともその調子で口からでまかせをぶちかまして頂きたいものですが、日本としては船舶の衝突事故を「領土問題」にしてしまったのですから、あまり「敗北した」などと言っていると「中国の領有権を認めたことになりかねない」。

と、心配しているのは平沼さんだけ、てゆーか平沼さんのこの発言はむしろ言わなくても良いことを言っただけで、実は一番アレなんですが、まあこれらの少々頭がお留守な発言も、与党を攻撃するのにナショナリズムの煽動をもってしようという極めて浅薄にして危なっかしいものではあるでしょう。あまりにも浅薄なんで船頭が一人だけしかいなくても船舶が山に登ってしまいそうですが。

まあいずれにしても国内向けの発言であって、中国がこれらの発言を捉えて「日本は領土問題に関する敗北を認めた」とか言い出すわけでありませんが、「愚か」で「稚拙」な小児病的発言を得意そうに披瀝するところを見ると、やはり当分の間は野党で辛抱してもらうしかないようですが、こんな人たちがこの間まで政権党に所属して要職に就いたりしていたと考えると慄然としますので、さっさと引退してもらってどっかの屋台でクダを巻くオジサンになって頂けるのであればそれに越したことはありません。飲み過ぎでそこら辺でうんち漏らさないようにしましょう。

オッサン出て来た


posted by 珍風 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。