2010年09月30日

俺たちゃ裸の痩せん軍

細野氏「個人の判断」で訪中、親書携帯も否定


 民主党の細野豪志前幹事長代理は30日、訪問先の中国から帰国した。冷え込んだ日中関係改善に向け菅直人首相が「密使」として派遣したとの見方に関しては「個人的な人間関係の中で行ってきた。個人で判断した」と強調。中国政府首脳あての菅首相親書を携えていたとの見方についても「事実ではない」と否定した。成田空港で記者団の質問に答えた。

 一方、仙谷由人官房長官はこの日午後の記者会見で「(直接の連絡ではなかったので)止めも認めもしなかった」と説明、親書携帯も否定した。

 細野氏は29日に北京入りし、中国外務省関係者と接触し、政府要人とも会談したとされるが、会談相手や内容について「申し上げることはできない」と明かさなかった。中国当局に拘束されていた建設会社フジタ日本人社員ら3人の釈放と自身の訪中との関連についても「発言を控えたい」とした。

 細野氏訪中について、民主党関係者は、菅首相が10月初旬のアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の際に、中国の温家宝首相と会談する可能性を模索するためだと述べていた。

2010年9月30日 スポーツニッポン


細野さんの「個人的な人間関係」というと山本モナさんとかを思い出す人もいるかもしれませんが、今回は別段そういうことではなく、これは1週間前に産経新聞社の原川貴郎さんの脳裏をかすめたであろうことが実際に起こったのかもしれません。

【政論】あの大訪中団って、いったい…無意味だった小沢氏の媚中外交


 民主党の小沢一郎元幹事長が史上空前規模の国会議員142人を含む600人超の一行を率いた昨年12月の大訪中団は一体何だったのだろうか。閣僚級の交流停止、東シナ海ガス田の共同開発をめぐる条約交渉の延期、日本人学生ら1000人の上海万博招待の直前での延期…。沖縄・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件後の中国の対応を見るにつけ、そんな思いが沸々とわいてきた。

 訪中時、民主党の国会議員は、人民大会堂で一行を出迎えた中国の胡錦濤国家主席と笑顔でツーショット写真に納まっていたが、一連の中国側の強硬姿勢は、そんな日中友好にかけた彼らの思いや数十万円の旅費も、ほとんど無意味だったことを物語っているようだ。胡氏から「中国人民の古くからの友人だ。中日関係発展のため数多くの貢献をしてきた」と褒めちぎられた小沢氏は、日中関係の現状をさぞ憂えていることだろう。ただ、その小沢氏や訪中団の名誉副団長を務めた民主党の実力者、輿石東参院議員会長が、にわかに降ってわいた日中間の諸問題の解決に奔走しているという話をまったく耳にしない。何とも不思議だ。

 発足して1年が経過した民主党政権は、鳩山由紀夫前首相が提起した具体像が不明の「東アジア共同体」構想を掲げ、アジア重視の姿勢をとってきた。しかし今となっては、鳩山氏が昨年9月、東シナ海をめぐって胡氏に語った「友愛の海にしたい」との言葉はむなしさとともに思いだされる。そういえば、この大訪中団を同行取材した際に最も印象的だったのは、「参院のドン」とも称される輿石氏が、胡主席の右手を両手で押しいただくように握って、深々と頭を下げてあいさつしたシーンだった。菅直人首相は国連総会出席のため、米ニューヨークに滞在している。本格的な外交デビューを果たすことになった首相には、中国をはじめとする各国に、輿石氏のような姿勢ではなく、毅然(きぜん)とした態度で相対し、わが国の立場を主張してもらいたい。(原川貴郎)

2010年9月23日 産経ニュース


輿石さんは名誉副団長だったわけですが、細野さんは事務総長でしたからいろいろな人と話す機会はあったようです。だいたい「事務」というのは範囲があってないようなもので、僕も事務屋なのになぜかカウンターでシェーカーを振る羽目に陥ったりしたものですし、これは1日で勘弁してもらいましたが、進駐軍の赤十字クラブの事務員なのに司会をやっていたのはトニー谷さんでした。

そういうことで顔が広くなったり額が広くなったりするわけですが、菅さんの周辺には友達の少ない人が多いようなのには困ったものです。もっとも『商店』のメンバーの中では「友達が少ない」と言われている六代目円楽さんの襲名披露パーティーには小沢さんも出席してまして、口の悪い連中は「やっぱり“ブラック団”だ」などと言っていたもんですが。

ところでこの小沢訪中の際に、小沢さんが面白いことを言ったというので口の悪い顔も悪い連中が意味もなく喜んでいたりしたものでした。

小沢氏、胡中国主席と会談「私は人民解放軍の野戦軍司令官」


【北京=原川貴郎】民主党の小沢一郎幹事長を名誉団長とする同党訪中団は10日午後、北京に到着した。小沢氏は同日夕、北京市内の人民大会堂で胡錦涛(こきんとう)中国国家主席と会談し、日中関係の強化や民主党と中国共産党の政党間交流の促進を協議した。小沢氏と胡氏の会談は政権交代後は初めて。昨年5月の胡氏来日時に続き4回目となる。会談は約30分間で、輿石東参院議員会長と山岡賢次国対委員長が同席した。

訪中団は、民主党国会議員約140人を含む総勢600人超が参加する異例の訪問団となった。小沢氏のライフワークである日中交流事業の「長城計画」と民主党と中国共産党の「交流協議機構」の行事を兼ねており、航空機5便に分かれて北京入りした。小沢氏は到着後、中国側が用意した巨大な黒塗りのリムジン車に乗り込むと、添乗員の掲げる旗に従った同行議員らが、チャーターしたマイクロバスで長い車列をつくって市中心街に向かった。

「140人以上の国会議員が参りまして、(胡氏が)大変お忙しい中、それぞれの議員とツーショットを撮っていただき本当にみんな喜んでいます。友好発展のため、ご理解いただきたい」

冒頭、小沢氏は笑顔でこう語りかけた。会談に先立ち、訪中団は、胡氏ら中国要人との恒例の記念撮影を行っていた。

胡氏は「小沢氏は中国人民の古くからの友人で、中日関係発展のため数多くの貢献をしてきた。今日は新しい友人がいっぱい生まれるだろう。それを日中関係に役立てたい」と語った。

小沢氏は来夏の参院選について、「こちらのお国(中国)にたとえれば、解放の戦いはまだ済んでいない。 来年7月に最後の決戦がある。私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」と語った。

2009年12月10日 産経ニュース


もう忘れてしまったようですが、原川さんはこういう書き方をしたわけです。小沢さんは「私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」と言ったと書いてあります。これではまるで小沢さんが勝手に人民解放軍に入ったかのようですが、見出しではまさに「私は人民解放軍の野戦軍司令官」ということになっていますから、人民解放軍というのは勝手に入隊していきなり司令官になれる夢のような軍隊であるに違いありません。僕だって所属しているぞ「痩せん軍」に。

原川さんとしてはこの発言をもって彼のいわゆる「媚中」の目玉にしようとして努力を払った形跡が認められるわけですが、ただ残念なことに、実際にはそんな夢の軍隊は長い歴史と広大な国土を誇る中国にも見当たらないようで、やはりこれは単なるモノの喩えであったというのが真相です。つまり「こちらのお国(中国)にたとえれば」は「私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」にもかかっていたのです。小沢さんが中国で軍人になったとか中国の軍人として日本で活動しているとかいうのは間違いだったようです。

まあ、考えてみれば現在の人民解放軍でいくら出世しても「野戦軍」司令官にはなれません。もしかすると人民解放軍にも「野球軍」ぐらいはあるかも知れませんし、うまくすると「阿帕契野球軍」すらあっても全然おかしいのですが、「野戦軍」は抗日戦争後から国共内戦期における歴史的な軍制です。

「野戦軍」の名称が用いられたのは1945年11月の華中野戦軍の編成がたぶん最初で、これは翌年に編成された山東野戦軍と一緒になって1947年に華東野戦軍となり、これは後に中国人民解放軍第3野戦軍と改称されます。

西北野戦兵団は1947年7月に西北野戦軍と改称され、これが中国人民解放軍第1野戦軍となりますし、1948年5月には晋冀魯予野戦軍団が中原野戦軍に改称され、中国人民解放軍第2野戦軍になります。中国人民解放軍第4野戦軍は東北抗日連軍から組織された東北人民自治軍、これが東北民主連軍となり、東北人民解放軍となりますが、そこに管轄されていた東北野戦軍が改称されたものです。

このように野戦軍に番号が付いたのは1949年のことですが、中華人民共和国が成立して翌年1950年にはもう「野戦軍」という機構は廃止されて各軍区に編入されてしまいます。第4野戦軍だけはその組織が1955年まで残っていたということですが、「野戦軍」というのはおおむね5年、内戦時の機構として存在したにすぎません。

小沢さんがこの時代に言及したのは、それが内戦時であったからに他ならないのですが、たしかに「7月の決戦」に向けての発言である限りでは「内戦」の相手は自公政権、なかでも自民党のことであると言えそうですが、国共内戦が抗日戦争の勝利後の過程であったことをふまえて「こちらのお国(中国)にたとえれば」、「内戦」は民主党内で進行しつつある過程としてとらえられていた可能性もあります。

まあ、そういうのは「内紛」とか言うわけですが、一方はアメリカの支援を受けて一時は大変優勢に見えたとか、そういう話もありますから上手くハマりそうな話なんですが、じゃあ毛沢東におけるソ連が小沢さんにおける中国なのか、そうだとすればそもそも例のお船の衝突も、いわば援護のために仕組まれたとか言い出しかねませんが、そんなことを言い出すと仙石さんが下手を打ち続けたことも小沢さんのためだったということになってしまいますからちょっとどんなもんか。もっとも、そう仮定するのでなければとても理解できないという意見にも聞くべきものがありますが、馬鹿なこと言ってると発破掛けられるぜ。


posted by 珍風 at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カンさんやセンゴクさんがオロオロしているところを見るのはなかなか楽しい光景ではありますが、一番責任重大と思えるマエバリさんが悠然としてらっしゃるのは腹の据わった大人物なのか単にバックが強力なだけのアホなのかは誰でも知っていることなので触れません。ただ楽しいなんて言ってると前エントリーの方とかアベシンゾーさんみたいな方がムダに噴き上がったりして鬱陶しいのは世の中いいことばっかりじゃないよ。と言うことですか。
贔屓チームのスタメンにキライな選手が出てきた時に三振したりエラーすればボロクソに叩いて鬱憤を晴らすと言う心境に似ているわけですが、それでチームが優勝逃すのも困った話であります。
Posted by 波平より小鉄が好きなika at 2010年10月01日 09:37
『アパッチ野球軍』はリアルタイムで観ていたはずですが、覚えているのはインパクトのあるテーマソングだけでして、あれが野球の話だったとは知らんかった。未だに野球のボールは赤いもんだと思っているわけですが、控えの選手に凄いのがいるらしいぞ、というのが現在の民主党の最大の強みなのね。
Posted by 珍風生活25年 at 2010年10月01日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。