2010年12月05日

国際社会はヘンタイを燃やして走る

サーバー排除、資金源も遮断=ウィキリークスに世界で圧力−米公電流出


 【ワシントン時事】大量の米外交公電を公表し、米政権と世界の外交当局者を震撼(しんかん)させた内部告発サイト「ウィキリークス」に対する圧力が、世界規模で高まっている。ウィキリークスへのサーバー提供排除に加え、世界有数のネット決済システム「ペイパル」(カリフォルニア州)がウィキリークスへの寄付金の送金業務を停止した。米主要メディアが4日、報じた。ウィキリークスは運用資金を寄付に依存しているだけに、送金ルートの一部が遮断されたのは痛手だ。


 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、ペイパルは寄付の受け皿の口座利用停止を決定。理由として、違法な活動に関わるよう奨励したり、指示したりすることは利用規約に反するとしている。ウィキリークス側は「米政府の圧力に屈した」と反発した。ただ、寄付には複数の送金方法がある。


 ウィキリークスをめぐっては、ネット通販大手アマゾンがサーバー提供を停止。同サイトは一部をフランスに拠点を置くネット接続会社のサーバーに移動したが、仏政府は排除する手段を検討している。


 一方、創設者のジュリアン・アサンジ氏(39)に対しては、スウェーデン捜査当局から強姦(ごうかん)容疑で逮捕状が出され、国際刑事警察機構(ICPO)が指名手配。同氏は英国に潜伏しているとされる。


 ロイター通信によると、アサンジ氏の母国オーストラリアでは司法・警察当局が、同氏が国内法に抵触する活動をしていないか調べている。当局者は違法行為があればパスポートを失効させることを示唆した。

2010年12月5日 時事


オーストラリアでもアサンジさんの「犯罪」を捏造しようとしているようです。クリちゃんは上手いことを言いました。あれは「国際社会への攻撃」なんだそうです。秘密を共有している人々の「国際社会」があるというわけです。この「国際社会」が世界を支配しており、それは一枚岩ではありませんが共通の利益を有しています。僕なんかはこの「国際社会」の一員ではありませんが、ウィキリークスはこの「国際社会」の利益を損ねてしまったようです。

もちろん、この「国際社会」も「リーク」を行なうでしょう。「尖閣ビデオ」なんかは「国際社会」による「情報漏洩」なのではなかったか。もっともあまりインパクトはなかったようで、「北朝鮮」は延坪島を「砲撃」しなければなりませんでしたが、おかげでアメリカにとっては沖縄基地政策に明るい兆しが見えて来たというのも事実であります。

一方その頃日本の警視庁も「国際社会」の奴婢としてちゃんと働いていることが公になったものの、警視庁はその「功績」を誇る事をしません。日本人には「謙譲の美徳」というものがあるのであって、「自慢」のようなことはみっともない行為であるとされているのです。警視庁の態度は日本人として立派な態度であるといえるでしょう。

もっともこういう場合、自分では言わないものの他の人に言ってもらうという手を使うのが日本人の常套手段です。漏洩した情報の出版は差し止められており、それは警視庁とは別の人が、しかし密接な関係を有する別の部署ですが、他の口実をもって行なったのですが、周りの人は「あの賞賛すべき捜査はやはり警視庁の行動であった」ことを察する事が出来るようになっています。これを日本人の知恵と言わずして何を日本人の知恵と言えるでありましょうか。

そこで「漏洩」が新しい「政治」となるかのようです。アメリカに黒人大統領が誕生し、日本で「政権交代」が行なわれて、それが何らの「チェンジ」をもたらさないことがわかったので、有権者がいずれかの政党に投票するという「政治」の有効性はかなり疑わしいものとなりつつあります。むしろ「国際社会」に、彼等のやっている事は見られており、秘密は暴露されるものであるということを知ってもらう事が重要になっています。てゆーかそれは「報道」の役割だったような気もするわけですが、「報道」の有効性はとっくの昔に疑問に付されていたんですから仕方がありません。むしろ可能性として議論されていた「ネット政治」が現実に姿を現した時に「国際社会」は怒った、ということがポイントです。「民主主義」とは為政者がいやがる事をすることに他なりません。

とはいえ、「秘密」というものは隠されているとは限りません。言わなくても良い事を言う人はいるものなのです。

都青少年健全育成条例改正案:PTA団体など、都に成立求め要望書 /東京


 ◇反対派も会見

 都内のPTA団体などが3日、都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出した。石原慎太郎知事は「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」と応じた。

 要望したのは、都小学校PTA協議会(都小P、加盟248校)▽都私立中学校高等学校父母の会中央連合会(同246校)など5団体。都小Pの新谷珠恵会長が「児童を性的対象にすることが野放し状態。子供を健やかに育てるため、社会の力を借りないと環境整備できない」と説明した。

 一方、学者や評論家らは改正案への反対を訴えて都庁で記者会見した。藤本由香里明治大准教授は「時代物やSF漫画のキャラクターにも現代日本の刑罰を適用するのか。現実とフィクションを区別しない危険な発想だ」と強調した。児童文学者の山中恒さんは「日本の官僚は拡大解釈にたけている」と危惧した。【真野森作】

〔都内版〕

毎日新聞 12月4日(土)10時37分配信


ところがこの記事が12月3日の23時3分に配信された時には

<石原都知事>「テレビなんかにも同性愛者が平気で出る」 都青少年健全育成条例改正に意欲


 東京都内のPTA団体などが3日、都青少年健全育成条例改正案の成立を求める要望書を都に提出した。石原慎太郎知事は「子供だけじゃなくて、テレビなんかにも同性愛者が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている。使命感を持ってやります」と応じた。

 要望したのは、都小学校PTA協議会(都小P、加盟248校)▽都私立中学校高等学校父母の会中央連合会(同246校)など5団体。都小Pの新谷珠恵会長が「児童を性的対象にすることが野放し状態。子供を健やかに育てるため、社会の力を借りないと環境整備できない」と説明した。

 一方、学者や評論家らは改正案への反対を訴えて都庁で記者会見した。藤本由香里明治大准教授は「時代物やSF漫画のキャラクターにも現代日本の刑罰を適用するのか。現実とフィクションを区別しない危険な発想だ」と強調した。児童文学者の山中恒さんは「日本の官僚は拡大解釈にたけている」と危惧した。【真野森作】

〔都内版〕

毎日新聞 12月4日(土)22時39分配信


どこが違うかというと見出しが違うんですが、最初は石原都知事の同性愛者差別発言を見出しにしていたわけです。それが何かマズいと思ったのか、誰かに何かをいわれたのか知りませんが、みんなが寝ている間にPTAがまた例によってロクデモナイ事をしている、という「平凡」な見出しに差し替えられてしまっていたんですね。

多くの人が見出しだけを見て、興味を惹かれた時だけ記事の本文を読む、という事を考えるとこれは石原差別発言を中途半端に隠蔽しようとしたものでしょう。もっとも、ちょっと見ただけだと「テレビなんかにも同性愛者が平気で出る」ことと「児童を性的対象にすることが野放し状態」の間に直接の関係がないことから、石原さんの発言を見出しに持って来るとワケが分からなくなるという心配もあります。

しかしながら、TVに「同性愛者が平気で出る」ことと「都青少年健全育成条例改正案」とは少なくとも石原さんの中では繋がっているようです。TVに出て来る「同性愛者」は、別に「児童を性的対象にする」ようなことはしていません。TVの周辺にそういうことをする「同性愛者」がいるのかも知れませんが、その人はTVに出演していないのです。しかしTVに出演している「同性愛者」は、そのセクシャリティを強調することによって「TVに出演している「同性愛者」」たりえているのです。

一方でTVに出演している異性愛者は、自らのセクシャリティを強調していません。僕なんかは普段から異性愛者としてのセクシャリティを事あるごとに主張しているのですが、案外と「異性」のウケは悪いようです。何故でしょう。わかりません。「エロオヤジ」とか言われるんですが。

どうせ見てくれは良くねーよ。それはともかく石原さんにとっては、セクシャリティの現前に抵抗を感じるようです。石原さん的にはそれは暴力とかに置換されたりすれば平気なのかも知れませんが、とにかくそれを隠蔽したいのではないでしょうか。東京都青少年治安対策本部では「違法な性行為を不当に賛美や誇張したアニメや漫画が対象」とか言っていますが、石原さんの目指すところ「違法」かどうかなどはどうでも良い事です。石原さんにとっては「性」そのものが目につくのが「不当」なのです。

この辺、石原さん自身のセクシャリティとの関連が当然あるんだと思いますが、よくわかりません。少なくともTVに「平気で」出演していた「同性愛者」の「友人」を自称し、しかもそのことで関係者から批判されている程度には「複雑」なものがあるんでしょう。「文学」方面の事は良く知りませんが、それも「事件」のひとつなのかも知れません。

ともあれ、むかし誰と何があったか尻ませんし、どうせナニもないでしょうが、都青少年健全育成条例の「改正」は現在のところ背が高いだけで才能がなかった石原さんという人物の「性の悩み」を強力な動因として進められており、その行きつく先は「異常」なものとなるでしょう。もちろんそれはいわば「燃料」でしかないので、自動車がガソリンで動いている事が分かったってそれを運転している人はそれこそ「秘密」ですが、それに伴って「症候」として、文字通り「病的な」差別意識を「平気で」口にしてしまうのも困ったものであります。東京都は条例の改正よりも知事の治療を必要としているようですが、驚くべき事に日本では都知事の嘆かわしい性=政治的な「病状」は「秘密」でも何でもないのです。


posted by 珍風 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。