2010年12月28日

突入!派遣村

菅首相 10年ぶり「公邸開き」に批判噴出


露骨な人気取りと「小沢潰し」狙い

「正月から仕事なんて冗談じゃない」と官邸職員や民主党職員がカンカンになっている。不人気の菅首相が支持率アップを狙って、元日の「公邸開き」を10年ぶりに再開する意向だからだ。

 総理の住まいである公邸に、政治家や支持者、有名人を招いて酒や料理を振る舞う「公邸開き」は、2001年の森内閣までほぼ毎年開かれていた。森内閣では2000人の客がひしめき合った。しかし、小泉内閣の2002年以降は「警備上の都合」を理由に一度も開かれていない。

 ところが、首相が「公邸開きをやりたい」と言い出しているらしい。

「支持率が20%に下落した首相は、人気回復にシャカリキです。メディアへの露出を増やし、明るい話題を発信するつもり。公邸開きは、そのひとつです。各界の著名人を招待し、あっと驚く“サプライズゲスト”も呼ぶ予定です。10年前、不人気の森内閣も政権浮揚を狙って有名人を招待した。あの時と同じ発想です」(政界関係者)

 さらに、もうひとつ隠れた狙いがあるという。「小沢潰し」だ。

「小沢一郎は毎年、自宅で新年会をやっている。今年の正月は民主党議員166人が集まった。2011年も例年通りに開く予定です。小沢グループは200人の参加を期待している。そこで首相周辺は、同じ日に公邸開きを行って『小沢邸に行くのか、公邸に来るのか』と迫るつもりです。現職の総理に招待されたら、ほとんどの民主党議員は公邸に駆けつけるはず。小沢邸の新年会は、寂しいものになるのではないか」(前出の関係者)

 しかし、無能首相の支持率アップのために、正月から余計な仕事をさせられる官邸スタッフや党職員からはブーイングの嵐だ。

「警備も大変だし、招待状の発送、食事の用意、後片付け……など、スタッフが総出でやらなければならない。なぜ、首相の個人的な打算のために、そんなことをしなくてはいけないのか、と皆一斉に反発しています。そもそも、国民が不況に苦しんでいるのに、派手に公邸開きをしたら、さらに支持率を下げるだけです」(民主党事情通)

 支持率を上げたいなら国民のための政治をやるのが先というものだ。

2010年12月24日 日刊ゲンダイ


今回「警備上の都合」が存在しないとしたら、その理由は一つしかありません。「メディアへの露出を増やし、明るい話題を発信する」のであれば、この時期にやるべきことは一つだけであり、まさにそれが行なわれるからこそ、「警備上の都合」が存在しないのです。

2011年1月1日、公邸で「派遣村」が開催されます。

当日はビンボー人、失業者、ホームレスの皆さんを「各界の著名人」がお迎え致します。とはいうものの「関係者」によれば「あまり派手な会にはしない」とのことですので、「地味な著名人」の選定がちょっと難しそうですが、「芸能界」からは石原真理子さんや藤谷美和子さんはすっかりおなじみでしょう。今回は酒井法子さんや大桃美代子さんといったキレイどころは勿論のこと、扇情カメラマンの渡辺陽一さん、向かうところ全て戦場となる市川海老蔵さんなどのキタナどころにもご協力頂けると言われています。誰彼なく喧嘩をふっかけて血塗れになる海老蔵さんを、あなたも渡辺陽一さんと一緒にフィルムに収めましょう。

その他にも漫才師の正司玲児さん、歌手のシルヴィアさん、元アイドルの松本友里さん、俳優の池辺良さん、元日本ハム監督大沢啓二さん、書家の榊莫山さん、ジャーナリストの黒木昭男さん、元プロレスラー山本小鉄さんなどが参加され、「霊界」から菅首相を迎えに来られるというのも今回の見せ場の一つでしょう。谷啓さんが「死に体」の菅さんを「ガッ」とつかんで「チョーン」と持って行くシーンは見逃せません。

更なるお楽しみは「あっと驚く“サプライズゲスト”」です。一体どんな人を呼んでこようと言うのでしょうか。ウワサでは菅○人さんが切腹するところに○沢○郎さんが登場すして介錯するんだとか、竹○平○さんが素っ裸で引きずり出されて縛り首になるなどと言われていますが、静香ちゃんが見捨てられたり静香ちゃんが捕まったり、もしかするとT○KI○が捕まるのかも知れませんが、とにかく「サプライズ」間違いなしです。

公邸の所在地は東京都千代田区永田町2丁目3−1。官邸の隣ですから直ぐ分かりますが、当日は案内係として周辺に警視庁警備部機動隊を配置しますから道に迷う心配はありません。敷地は結構広いのですが、中に入ってからも総理大臣官邸警備隊がアテンド致しますので華々しい場に不慣れなビンボー人の皆さんも気後れせずにご入場頂けるでしょう。

面倒な手続が性に合わないザックバランな参加者の皆さんには、敷地境界の竹林には葉っぱの代りに極薄のダマスカス鋼の刃を植え込んでお出迎えし、森元総理の脳を移植したピラニアが血の臭いに泡立つ小川に誘導します。更にそれを越えて行けば5メートルのコンクリート製防護壁が立ちふさがりますが、これに手を触れただけで壁の下部10センチの高さから長さ3メートルの鋭い刃が突出してひと薙ぎ、足首を切断すると同時に官邸警備隊員が急行し、お客様を持ち運びやすいパーツに分けて内部までお連れ致します。

スタッフは「招待状の発送」を面倒がっているようですので、招待状が無くてもこちらから出向くのが礼儀であり、スタッフの労をねぎらうことにもなるでしょう。とはいっても、スタッフが仕事をサボっているわけではなく、12月20日に首相官邸が発表したところによれば、コンビニエンスストアに招待状を配置する他、炊き出しを行なっている団体にも招待状の配布をお願いしているそうですし、ホームレスが販売している『ビッグイシュー』の裏表紙にもご案内を掲載しているとのことです。

今年も残すところ、あと10日。仕事がない、家がないなどの理由で不安のまま年を越さずに済むよう、政府としても全力で支援します。
http://kanfullblog.kantei.go.jp/2010/12/20101220.html


大晦日の夜には「年を越さずに済むよう」に「対策」がとられるかも知れませんので怖くて一睡も出来ない、てゆーか眠ると死にますが、それを生き延びればお正月は「酒や料理を振る舞う「公邸開き」」が待っています。1960年の官邸突入から50年、半世紀振りの永田町があなたを心からお待ちしています。


posted by 珍風 at 04:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
隠し芸大会の何倍も面白そうな見世物ですね。岩上さんあたりがUstream中継してくれないでしょうか。それにしても菅さんのブログは相変わらず「人ごと」っぽいなあ。腹の足しにもならんレジ横の変なカードよりも、チクワか卵をよこせ!
Posted by やきとりだァ〜! at 2010年12月28日 19:49
いや、あれ、菅さんが書いているとされるのは5本しかないそうで、大半は他の人が書いているわけですから、「他人事」なのは当然なんですが、なんだか冷めてますよね。それで菅さんが書いた分は「先を見すえた」というフレーズを使うことにしているらしいんだけど何から何まで見え透いたウソ。
Posted by 珍振るフリチン at 2010年12月28日 21:42
少し早いですが、悪いお年をお迎えください。

(^^)v
Posted by はなゆー at 2010年12月30日 14:00
急に寒くなったので来年を迎えられる人は迎える、そうでない人はそれなりに、ということで、はなゆーさんも何だかどーもちょっとアレなお年をお迎えください。

てゆーか「悪い落とし」は毎度のことでございます。
Posted by 低気温にも屈する珍風 at 2010年12月31日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。