2011年01月24日

ごっくん飲み込めアロンアルファ

 負担の問題は、触れたくない話題かもしれません。負担の議論に当たって、行政の無駄を徹底排除することは当然の前提であります。それに加え、議員定数削減など国会議員も自ら身を切る覚悟を国民に示すことが必要だと考えます。国会で議論し、決定すべき問題であることは言うまでもありません。本日は、一政治家、そして一政党の代表として、この問題を与野党で協議することを提案いたします。そうした努力を徹底した上で、今の現実を直視し、どう乗り越えるか、国民の皆様にも一緒に考えていただきたいのです。1年半前、自公政権下で設置された「安心社会実現会議」は、持続可能な安心社会の構築のため、社会保障給付と負担の在り方について、「与野党が党派を超えて討議と合意形成を進めるべき」と提言しました。さらに昨年12月、自由民主党は、「税制改正についての基本的考え方」において、税制の「抜本改革の検討に当たっては、超党派による円卓会議等を設置し、国民的な合意形成を図る」としています。同じ時期に公明党が発表した「新しい福祉社会ビジョン」の中間取りまとめは、「健全な共助、健全な雇用こそ、福祉の原点」とした上で、充実した「中福祉・中負担」の実現を主張し、制度設計を協議する与野党の「社会保障協議会」の設置を提案しました。問題意識と論点の多くは既に共有されていると思います。国民の皆様が最も関心を有する課題です。各党が提案するとおり、与野党間で議論を始めようではありませんか。経験したことのない少子化・高齢化による生産年齢人口の減少は、かなり前から予測されていました。この大きな課題に対策を講じる責任は、与野党の国会議員全員が負っている。その認識を持って、熟議の国会を実現しましょう。よろしくお願いします。

施政方針演説 
2011年1月24日 産経ニュース


「国民の皆様にも一緒に考えていただきたい」とはいうものの、国民には選択肢はありません。「行政の無駄を徹底排除」には具体性はありませんが、国民から選択肢を奪う方策は大変に分かり易いものです。「議員定数削減」というのは、別に「国会議員も自ら身を切る」ことではないのです。それは国民の選択肢を切り落とし、国民の一部を「切る」ことに他なりません。

そのうえで菅さんは残った国会議員は同じ意見だろうと言っています。自民党や公明党と同じことを言ってるんだから大丈夫、というわけです。大丈夫かどうか知りませんが、同じ政策だから野党も賛成するだろう、すべきだ、というのが極めて甘い考えであったりするのです。

「国民」の方はといえば、この件についてはとっくに考えてあります。考えていなかったのは民主党がイキナリ裏切るということで、これには参った、というわけですが、相手が180度違うことを言い出すことを最初から想定していれば投票など出来たものではありません。

国民は保険金目当てに殺すつもりでいる相手と結婚したようなものですが、どうも菅さんにとって「政治」というのはそういうものらしいのですから困ったものです。殺すか殺されるかという極めて剣呑な新婚2年目ではありますが、所詮菅さんは2流どころの犯罪者なりたがりでしかないようです。

ここで見落とされているのは、菅さんが裏切るくらいですから他の人も裏切るだろうという点でしょう。自民党や公明党がどのような政策を持っていたとしても、それは「政治」にはほとんど無関係です。政策上の争いは本質的には存在しないのであるとすれば残るは権力闘争であって、基本的政策の一致にも拘らず野党は「熟議」の「お願い」を蹴飛ばす自由を有しています。

一方で菅さんはいわゆる「小沢系」の排除によって党内にも敵を作っているようですから、菅さんとそのお友達には野党及び与党の半分が敵対している、ということになります。これは菅さんたちがその愚かさによって奸計に引っかかり、気がついたら仲間が随分少なくなっちゃった、ということなのかも知れませんが、党内の権力を握る為に野党と協力し、いわば「外患」を誘致するということも考えられないわけではありません。

そういうわけで菅さんは野党にすり寄り、また自民党辺りも「小沢を排除すれば大連立も考えてやっても良い」などとキャバクラのおねいさんのようなことを言いますのでますますそうならざるを得ません。菅さんはマスゴミと話をつけているというウワサですが、マスゴミ「世論」は選挙の際にはあまりアテにならないものですから、解散ともなればほぼボロ負け確定ですが、それを「大連立」で救ってやるかどうかは野党のご自由です。連立話ほど裏切りの横行する世界はありませんし、支持率の切れ目が縁の切れ目です。菅さんの代りなら三原じゅん子さんにだって出来ます。

いずれにしてもアメリカや財界にとってはどっちでもいい話しです。国民の大多数を意思決定から排除することが大切で、その為には菅さんのように華麗に裏切るのも良いのですが、同じ政党が2つあって、どっちかを選ばせる方がリスクが少ないものでしょう。同じレコードのA面とB面をとっかえひっかえいつまでも聞かせ続ける、というわけですが若い人には何のことやらサッパリです。しかしCDの時代になってよいところは、それを粉砕するシュレッダーが身近にあるということなのです。


posted by 珍風 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。