2011年03月25日

放射線管理員の存在確率分布

建屋の水、通常の1万倍  福島第1原発事故


東京電力福島第1原発3号機で復旧作業に当たっていた協力会社の3人が高線量の放射線に被ばくし、うち2人が皮膚への障害が大きいベータ線熱傷の疑いと診断された事故で、東電は25日、現場のタービン建屋地下にたまった水の放射性物質の量が、通常の原子炉内の水の約1万倍に達していたと発表した。

冷却機能が失われた3号機で、原子炉や使用済み燃料プールにある燃料の一部が損傷している可能性を裏付けた。

2人は長靴をはいておらず、足が水に漬かった。東電は被ばくの原因について「前日の現場調査の際は水はほとんどなく、線量も低かった。このため、線量計のアラームが鳴っても故障と思い込み、作業を継続したとみられる」としている。今後、アラームが鳴った際の現場退避を再度徹底する。

2人は25日、詳しい検査を受けるため、前日に入院した福島県立医大から放射線医学総合研究所(千葉市)に移される。

2011年3月25日 共同


なんか「故障」とか言ってるみたいですけど。何よ「故障」って。線量計は故障なんかしないけど。「前日の現場調査の際」の線量なんてほとんどアテにならないんじゃない?事故の最中なんだから。これじゃまるで線量計がしょっちゅう故障して全然信用されてないみたいじゃん。そりゃーねーでしょー。おい、困るぜホント。何言っちゃってんのよ。

「線量計のアラームが鳴っても故障と思い込」んだ理由は2つしか考えられません。ひとつは線量計が故障していることが非常に多い場合で、この場合はそんなポンコツ線量計を使用している東電の責任が問われることになります。もうひとつは過去において線量計のアラームが鳴った場合に、常にそれは「故障」と解釈されていた場合です。東電は3つ目の理由を考案したようですが、いつ何が起こってもおかしくない状況で、「昨日大丈夫だったから」といって昨日のデータを信用して今日の線量計を信用しないという判断は普通の知能のよくなしうるものではありません。

まあ、実際のところ線量計がダメな場合も考えられないではないのですが、やはり「線量計のアラーム」が鳴ったときはすなわちそれが「故障」したときである、というふうに思う、そのような習慣が存在した疑いが濃厚であります。この場合、アラームが鳴動した時に「それは故障なんだよ」と教えてあげる人がいなければならないんですが、

被ばく作業員、放射線高い現場に管理員同行なし


 福島第一原発では事故後、これまでに少なくとも14人が年間100ミリ・シーベルトを超えていた。

 労働安全衛生法に基づく電離放射線障害防止規則では、原発などの作業員の一般的な許容被曝限度は年間50ミリ・シーベルトとされる。原発事故などで「緊急作業」をする際の被曝限度は年間100ミリ・シーベルトだが、厚生労働省は福島第一原発事故での緊急作業時に限り、被曝線量の限度を、250ミリ・シーベルトに引き上げている。

 福島第一原発では、放射線が高い現場では、放射線管理員が同行することになっていたが、24日は同行していなかった。前日に管理員が現場を調べた際、たまった水の量は少なく、放射線量も数ミリ・シーベルトと比較的低い状態だった。

 このため、管理員は、作業員が24日の作業で浴びる放射線量は上限が20ミリ・シーベルト程度と見て、同行しなかったという。しかし、作業員が現場に入ると、水も放射線も格段に増えていた。

 放射線防護の専門家は「汚染された水がたまる場所で作業をする際は、靴の中に水が入り込まないようにするのが当然の措置。それができていないとすれば、作業員に対する教育や管理員の指導が十分にできていないということだ」と指摘し、作業現場の安全管理のあり方を問題視する。

2011年3月25日 讀賣新聞


当日に限ってその人はそこにいなかったようです。どこで何をしていたのか不明ですが、いるべきところにいなかった模様です。何だか難しいのですが、原子核とか電子、それに中性子などが幅を利かせている業界ではよくあることなのかも知れません。「放射線管理員」はいわば「確率的に存在する」のです。彼はどこかに存在することは間違いありませんが、同時に原発敷地内の全空間に広がっています。トイレとか休憩室とか。ただし、何らかのトラブルがあった場合、彼がそのトラブルの起こった場所に存在する「確率」は低くなるであろうことが予測されます。

この「確率」が線量計に拘る「事象」と関連を持つのではないかと思われます。線量計が頻繁に「故障」を起こす場合は、そこに「放射線管理員」が存在する「確率」が低下します。「放射線管理員」は「故障」した線量計を交換することが出来ますが、それが行なわれない場合、線量計が「故障」した時と場所に「放射線管理員」が存在しない可能性が高くなるからです。しかし線量計の「アラーム」の鳴動を「故障」であると解釈するためには、そこに「放射線管理員」が存在しなければなりません。しかし逆に「放射線管理員」が存在しなくても「アラーム」の鳴動が「故障」であると解釈されるためには、「アラーム」が常に「故障」であるような「世界」が存在しているものと思われます。

これを日常的な「世界」では「線量計のアラームが鳴動した場合に常に放射線管理員がそれを故障によるものであると説明していた」とでも言うのかも知れませんが、「専門家」によればこの状態は「放射線管理員が同行していなかった」と表現されることになります。つまり「放射線管理員」は常日頃から自分の仕事をキチンと果たしていたので、イザというときに彼がいなくても作業員に仕事を続けさせることが出来たのです。日常の心がけが大事だとか、何か知りませんがそのような話しで、大変参考になりますが、しないに越したことはありません。


posted by 珍風 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東海村臨界事故やら柏崎原発震災やら何回もアラームが鳴っていた様に思いますが、都度都度親切な方々から「あれは故障だよ」と教えていただき我々は安心して毎日過ごせているわけです。今回ももちろん故障と言うことで済ませることになるでしょうが、実は海パン一丁で高濃度放射線プールへダイブする寸前なのかも知れません。もちろん親切な方々のその近辺での存在確率分布が限りなく低いことは言うまでもないでしょう。
Posted by 飛び込みベタな臆病者ika at 2011年03月25日 17:02
核物理学の専門では炉心溶融などの「事故」のことを「事象」と呼ぶそうです。中央制御室の計器類が正確な数値を表示していない場合も「事象」の中に入るようですが、作業員の線量計が正確な数値を示している時、それは「故障」といいます。「事象」はテラベクレル単位の放射性物質が環境中に放出されるような事態を含む概念であるのに対し、「故障」は「ちょっとした不都合」ではありますが、原発の稼動に伴って定常的に発生するものとされています。
Posted by 珍風電子風呂 at 2011年03月26日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ベータ線熱傷 日立
Excerpt: 放射性物質(放射能)付着予防も感染対策フルセット・竹虎製品放射能対策にも・インフルエンザ院..... 3号機で作業員3人被曝、2人を病院搬送 福島第 での放射線量の限度を100ミリシーベルトから250..
Weblog: 春を愛する人々
Tracked: 2011-03-26 07:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。