2011年04月05日

わくわく放射線シー

基準100倍の汚染水を1万トン放出


 東京電力は4日午後、福島第1原発の集中環境施設という廃棄物処理建屋内にたまっている水約1万トンを海に放出すると発表、午後7時すぎに放水口付近で排出を始めた。(数日間続く見込み。)水に含まれる放射性物質は、法律で環境中への放出が認められている濃度基準の100倍。

 2号機のタービン建屋の地下などには、さらに高濃度の汚染水が大量にあり、この水を移送、保管する場所として予定している集中環境施設のスペースを確保するための異例の措置。

 経済産業省原子力安全・保安院は「大きな危険を避けるためやむを得ないと判断した」としている。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は記者会見で「地域の皆様、関係者に誠に申し訳ない」と謝罪した。

 (約1万トンは、2号機の高濃度汚染水の移送先に予定している集中環境施設という廃棄物処理建屋にたまっている水。)原子炉が冷温停止している5、6号機の建屋付近にも、低濃度の汚染された地下水がたまっていることが判明。安全確保に必要な施設が水没する恐れがあるとして、地下水計約1500トンも海に放出することにした。(約1500トンは、原子炉が冷温停止している5、6号機の建屋付近にたまった汚染された地下水。安全確保に必要な施設が水没する恐れがあるとして海に放出することにした。)

 (これらの水に含まれる放射性物質は1立方センチ当たり最大20ベクレル。)東電は、汚染水放出の影響として、成人が近くの魚や海藻を毎日食べた場合、被ばく線量は年間約0・6ミリ シーベルト で、自然界からの線量の4分の1と説明。原発事故時には「応急の措置を講じなければならない」としている原子炉等規制法に基づく措置としている。(2号機の建屋の高濃度汚染水は1立方センチ当たり1千万ベクレル以上。)

 4日午前の段階では、集中環境施設にたまっている水は、現在は復旧作業に影響しない4号機のタービン建屋に移送する計画だった。だが千トンの水を移したところ、3号機の建屋付近の立て坑にたまった汚染水の水位が連動して高まり、あふれ出る恐れもあるため東電はこの計画を断念した。

 2号機の取水口近くにある作業用の穴(ピット)からは、高濃度の汚染水が海に流れ出ていることが判明しており、東電は流出元とみられる2号機のタービン建屋や立て坑の汚染水の移送を急いでいる。(共同)
 
2011年4月4日 日刊スポーツ


なるほどものは言いようというものです。日刊スポーツの記事は共同通信が4日の5時に配信した記事ですが、若干の異同があります。上記括弧内は共同通信の元記事に含まれていて日刊スポーツ版から省かれている記述及び表現の違うところであります。

しかし何といっても全然異なるのが見出しであります。共同通信では「福島原発の汚染水、海に放出 東電謝罪、保安院も容認」とされており、何だか知らないけど東電が謝って保安院が許してあげた、という話になっております。

一体何のことだか分からないわけですが、「汚染水、海に放出」というのはこの間から話題になっている高濃度の汚染水の流出のことなのでしょうか。少なくとも見出しではそんな感じがしますが、本当は全然違います。よく見ると「流出」ではなくて「放出」ですから、今度はワザと外に出すのですが、不注意な人にはよく分からなかったりします。

もっとも、この段階ではさすがに「低レベル」などというレベルの低いことは書いていないようです。『日刊スポーツ』では「基準100倍」であることを強調しておりますが、その濃度はお世辞にも「低レベル」と言えるようなものではありません。まあ確かに、一方では冗談の通じないレベルの汚染水がどんどん海に流れているので、そっちに比べると「低い」という、あくまで比較の問題において「低レベル」と言って言えない事はありません。

もっともこれは自分より背が高くてカッコいい人をチェ・ホンマンと比較して「あのチビ」などと言っているのとあまり変わりませんので、みっともいい話しでもないようです。

しかしながらそういう状況にも拘らず、「低レベル」汚染水の影響として東電が「成人が近くの魚や海藻を毎日食べた場合、被ばく線量は年間約0・6ミリ シーベルト で、自然界からの線量の4分の1」などと「説明」しているのはやはり何かの冗談であると思われます。一方では「高レベル」の「流出」があるんですから、成人向けのお魚も考えものであります。

情報というものは提供の仕方で印象を操作出来ますから、「基準の100倍」が「低レベル」だったりもするわけです。もうそういうところまで来てしまったわけです。「基準」そのものが変更されたりすることもあるようですし、「基準」を超えることはもはや問題になりません。「基準」の何倍かになることも軽く流される模様です。100倍だって、先に「低レベル」と言っておけば大丈夫の範囲内です。

その意味では見出しに「低レベル」とか「低濃度」とか付け始めた人は一種の才能があるんでしょう。「低レベル」を見出しに使った例はおそらく『讀賣新聞』の「低レベル放射性廃液、海洋廃棄へ…福島第一原発」というのが4日の16時57分で、これが早いんじゃないかと思いますが、やはり讀賣新聞だけに大したものであります。「100倍」という事実を前に「低レベル」という言葉を思いつけるというだけで、常人を超えたものを感じさせます。頭がどうかしているのかも知れませんが、単に「讀賣新聞だから」というだけのことなのですから、それさえ分かっていれば成人が毎日『讀賣新聞』を読んでも「低レベル」になる心配はありません。


posted by 珍風 at 05:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後からあったトーデンの記者会見によると実は100倍から500倍らしいんですが、とりあえず低い方書いとけ。
で、ホアンインの記者会見見たところによると、トーデンから放出申請があったのが当日15時でホアンインがゲンシリョクアンゼンイインカイのアドバイスも考慮した結果15時20分に許可したと言うおよそオヤクニンサマとは思えない迅速な対応だった様です。やりゃぁできるじゃん。もちろん許可しなかった場合に何かあった時の責任を負いたくないと言うオヤクニンサマらしい判断があったのは言うまでもありません。ただもっと言えばトーデンからヤバイ状態なんでやるかもしんないと言われたのが当日朝9時で更に事態解決の手段としての放出をよってたかって考えていたのはもっと以前からだったと言うお話をされていたので、これはじっくり練られた計画的殺人であるとも言えます。
Posted by ika at 2011年04月05日 09:16
なるほど500倍でも「安全」ですな。手がつけられないみたいですから、「安全」のレベルは死ぬほど上がる事請け合いであります。
Posted by 珍風安全第一 at 2011年04月07日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。