2011年04月13日

科学日本世界一

<福島第1原発>最悪レベル7 チェルノブイリに並ぶ


 政府は12日、東京電力福島第1原発1〜3号機の事故について、原子力施設事故の深刻度を示す国際評価尺度(INES)で、最も深刻なレベル7(暫定)に相当すると発表した。1〜3号機では東日本大震災に伴い、原子炉や使用済み核燃料プールの冷却機能が失われ、水素爆発などで大量の放射性物質が外部に放出される事態に陥っている。史上最悪の原発事故と言われた86年のチェルノブイリ原発事故(旧ソ連)と同じレベルに並んだが、経済産業省原子力安全・保安院によると、放出量は同事故の約10分の1とみられるという。

【1〜4号機を図解】福島第1原発の現状を見る

 チェルノブイリ事故で放出された放射性物質の量は520万テラベクレル(ベクレルは放射線を出す能力の強さ、テラは1兆倍)。これに対し、今回の事故で放出された量を、保安院は37万テラベクレル、内閣府原子力安全委員会は63万テラベクレルと推定している。

 INESは、国際原子力機関(IAEA)が定めた世界共通の尺度。0〜7までの8段階で評価する。数値が大きいほど深刻さを増す。INESでは、数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出がある場合をレベル7と定めている。

 安全委は原発周辺で計測された放射線量などから、事故直後から4月5日までの間の大気中への放出量の逆算を試みた。各号機ごとの放出量は特定できていない。また、保安院は炉内の状態から試算した。

 安全委は11日、福島第1原発事故について、発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレルの放射性物質を放出していたとの見解を示した。放射性物質の相当量は3月15日に爆発が起きて損傷した疑いがある2号機の圧力抑制プール付近から放出され、現在は1時間当たり1テラベクレル程度まで落ちているとみている。

 保安院は3月18日、福島第1原発1〜3号機の暫定評価を「施設外へのリスクを伴う事故」のレベル5と発表していたが、今回の事故は数時間の放出でレベル7に相当すると判断し、評価尺度を引き上げた。

 原子力施設の事故を巡ってはこのほか、炉心溶融が起き、放射性物質が外部に放出された79年の米スリーマイル島原発事故がレベル5。国内では99年のJCOウラン燃料加工施設臨界事故がレベル4で最高だった。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は12日、「事故の様相は違うとはいえ、放射性物質の放出量から見てチェルノブイリ事故に匹敵する、あるいは超えるかもしれない事故になったことを重く受け止めている」と述べた。【河内敏康、八田浩輔、山田大輔】

 【ことば】チェルノブイリ原発事故

 1986年4月26日、旧ソ連のチェルノブイリ原発4号炉で出力が急上昇して制御がきかなくなり爆発、原子炉や建屋が破壊された。火災も発生し大量の放射性物質が飛散し、北半球全体で放射能が検出される未曽有の事故になった。この事故で原発職員や消防士31人が死亡、周辺住民ら数百万人が被ばくした。世界保健機関(WHO)によると、事故起因のがんで9000人が死亡。ウクライナでは、事故後に生まれた子どもが甲状腺がんを発症するなど被害は今も続いている。

2011年4月12日 毎日新聞


「チェルノブイリ事故で放出された放射性物質の量」というのは「総量」ですから、福島が少ないからといって落胆する必要はありません。今もこれからもどんどん放出中ですから、近いうちにチェルノブイリを越える事が可能です。経済では負けたけど原発では世界一であります。科学日本万歳!

まあ、選挙が終わったのでやっとレベルを上げてくれたようですが、放出の多くは事故の初期に起こっているんですから、今になってレベルが上がったわけではなくて最初からレベルが高かったわけです。で、その間国民は何をしていたかというと、停電に一喜一憂していた、というのが残念な実態であったと言えるでしょう。

限定的に予告された停電で、同じグループに属していても停電したりしなかったりで対応が大変だったと思いますが、あの「無計画」ぶりが東電の「無能力」を示唆するものではなかったことは、東電と政府の名誉のためにも指摘しておいてよいでしょう。むしろそれは卓越した危機管理能力の表れだったのです。

もっとも、「卓越した危機管理能力」とやらを原発の方に向けてもらいたいものだという気もするわけですが、そっちの方はどうも3月の12日から13日には「能力」を越えるものであると評価されたようです。そこらへんの判断も「卓越」しているわけですが、そこでプランBに移行します。原発が放射性物質をまき散らしているのは急には止められないので、その被害を受ける方をコントロールしようとしました。

これが大層うまくいったのが先の選挙の結果に現れています。民主党の候補が負けたから政府にとっては痛手だ、などというのは皮相な見方であります。政府は勝っています。めでたし(仲間由紀恵)。

もっとも政府では選挙の前に東京に避難勧告を出していたようです。

節電で「本社機能移転」も=銀行・証券などに対策要請−金融庁


 金融庁は7日、夏の大幅な電力不足に対応するため、銀行や証券会社、生命・損害保険会社などに対し抜本的な節電計画を策定するよう要請した。エアコンの使用中止や消灯の励行などに加え、本社機能移転といった中長期的な対策の検討も求めている。電力不足による大規模停電を回避するため、大口需要者の電力使用量前年比25%削減を念頭に、政府が総合的な電力需給対策を検討していることを踏まえた措置。

 金融庁は同日午後、全国銀行協会や全国地方銀行協会、日本証券業協会、生命保険協会など同庁が監督する業界団体の幹部を集め、政府の節電対策の検討状況や同庁の考えを説明。

 各業界の会長会社に対し、現在のピーク時の電力使用量や、本部・支店・電算センターといった事業拠点ごとの使用量の内訳などの情報を取りまとめるよう求めた。

 その上で、具体的な節電対策として(1)エアコン使用中止や消灯といった夏までに実行可能な施策(2)自家発電設備の活用などそれ以外の対策(3)本社機能の移転や勤務形態の抜本的見直しなど中長期的に考えられる施策−について、11日夕までに回答するよう要請した。 

2011年4月8日 時事


真夏の東京のビルで「エアコンの使用中止」は非現実的なのであって、これは要するに(3)で行けというオススメであります。そもそも金融業界はそれほど電気を使うわけでもないでしょう。製造業の方がよっぽど電力を消費しそうなのですが、工場はそう簡単に移転することが出来ません。金融業はデータを持って行けば大丈夫、というわけで比較的移転が容易いものだと考えられます。

木曜の午後に言って月曜に回答しろも無理な相談ですが、この日の「説明」で事故評価レベルの引き上げが漏らされていたか、事故が実はかなり深刻な事態にあるということを匂わせていたとすれば別段無理を言っているようにも聞こえません。これは「対策」をまとめて回答しろ、という話ではなく「東京を放棄しろ」ということなのです。そういうわけで東京のビルは空き家になって、その後には全部病院が入ることになるでしょう。かつてのオフィス街はどこまでも続く病院街になります。餓鬼どもを集めて甲状腺を切るんですよ。


posted by 珍風 at 06:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チーバくんもガスマスクに防護服姿になった方が良いのではないかと大きなお世話。
Posted by ika at 2011年04月13日 11:19
セシウム絶賛降下中、らしいですね。

森田ニセ知事は剣道のカッコだけでいいやね。チーバくんは助けてやってもいいので坂崎千春さんに防護してもらいたい。カクカクシカジカは生意気そうなのでどうでもいいです。
Posted by チンチン珍風くん at 2011年04月13日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。