2011年05月13日

東京電力は社長の局部を切断せよ

政府が原発事故賠償スキーム決定、夏場の電力需給対策も


 [東京 13日 ロイター] 政府は13日午前、東京電力の福島第1原子力発電所の事故をめぐる損害賠償スキームを正式に決定したと発表した。東電の経営破綻を回避して賠償を進めるため、東電を含む電力会社が負担金を出資する新機構を設立する。

 政府の発表では「機構は必要があれば何度でも支援し、電力会社の債務超過を防ぐ」としており、東電の破綻を回避し、社債や株式は保護する仕組みとなった。ただ、株式は一定期間無配となる見通し。賠償スキームでは、東電の経営やリストラなどを監視する組織を設立するとともに、東電を含む電力会社が負担金を出資する官民共同の新機構を設立する。政府は交付国債を発行する形で賠償金の支払いを進める。公的資金は東電を含む電力会社各社が返済する。

 賠償スキームについて政府は12日の決着を目指していたが、同日午後に開かれた民主党の原発事故影響対策プロジェクトチーム(PT)は、事故の責任が第一義的に東電にあるとする賠償スキーム案の前提そのものをめぐり紛糾、決定を先延ばししていた。

 また、政府は同日、電力需給緊急対策本部(本部長:枝野幸男官房長官)を開き、夏の電力需給対策を決定した。それによると、今夏の東京電力電力供給力は5380万キロワットで、同管内の需要は6000万キロワットと想定。

 需給ギャップは10.3%で、企業や家庭・個人の節電でカバーする。大口需要家には使用最大電力を前年比15%制限するため、電気事業法27条に基づく使用制限を発動する。

 東北電力の夏の供給力は1370万キロワット、需要は1480万キロワットを想定した。

2011年5月13日 ロイター


こういうふうに派手に下手を打った時には経営者も株主も丸裸になって路傍に投げ出されるというのが世の中の仕組みでありまして、核湯沸器などというリスキーなビジネスに果敢に挑戦して敗退した結果として会社がなくなりステイクホルダーが生活保護を受けることになっても、被保護者をことさらに批判したがるバカどもの中にもさすがにこれを非難する人などいないでしょう。

生活保護の支給レベルというものが相当に低いわけですが、それはもう連中が愚かだったからとしか言いようがありません。政治家に献金をしていれば生活保護なんてことは自分には関係のないと思ってるようですが、人はときとして「想定外」の事態におそわれるものです。原子炉は政治家の言うこともヤクザの脅しも聞いてくれないのでした。お金の賭け方を間違えましたね。

ところでその政治家さんですが、お金を沢山もらった義理を一片の言辞で片付けようというハラです。

谷垣氏、自民時代の安全策も問題 福島原発事故で


 自民党谷垣禎一総裁は12日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に関連し、自民党政権時代の原発の安全対策にも問題があったとの認識を表明した。「想定を超えた自然災害が起きたとき、原発をどう押さえ込むか十分ではなかった。過去の政策に盲点があったことは否定できない」と述べた。

 自民党内では原発推進堅持に向けた動きが出ており、谷垣氏の発言は反発を招く可能性もある。

 一方で、谷垣氏は「日本のエネルギー事情を考えると、原子力を推進してきたこと自体は間違っていなかった」と強調。菅直人首相の浜岡原発全面停止要請についても「判断の根拠が示されていない。あまりにも唐突だ」と批判した。

 自民党は1955年に原子力基本法を制定するなど、一貫して原発をエネルギー政策の根幹と位置付けてきた。原発事故発生後も、原発推進派による「エネルギー政策合同会議」(委員長・甘利明元経済産業相)が発足されている。

2011年5月12日 共同


これは「責任」を原発の存在そのものではなくて事故、てゆーかいわゆる「想定を超えた自然災害」に限定しようということですから、甘利さんなんかの「反発を招く可能性」を「想定」する必要はありません。話の要点はそういうことなので、「想定を超えた」事態への対処は論理的に想定不可能であることを指摘して谷垣さんの言っていることがメチャクチャであると言ってみても仕方のないことです。

まあ実際には「想定を超えた自然災害が起きたとき」には「原発を押さえ込む」ことが不可能になるわけで、てゆーかなっているわけですが、こうなってしまうと後は補償に関する責任問題になるわけです。そこで核開発を推進して来た自民党に「責任」の取り方があるとすれば、解党して資産を全て売却し、もちろん電力会社からお金を貰った分はそっくり出してもらって、中曽根さんの頭髪の最後の一本まで補償に充てるしかありません。政府案は自民党救済がまずありきであるといえるでしょう。

もっとも谷垣さんは被災地に出掛けて行って「与党も野党もない」と言っていました。谷垣さんに言われるまでもなく自民党も民主党も同じようなものでありますが、原発推進がいわば「国策」であったことは事実であることから国家の責任が問われるところ、政権党が消滅してしまうというのはちょっとマズいので、北千住辺りに事務所を1つ持つくらいは許してやっても良いかも知れませんが、やはり売れるものは売ってもらうしかありません。

国としてはすぐ税金を上げたがるのに決まっていますが、政府を支持して来た国民の責任を問うのはもっと後のことです。アメリカの言うことを聞いただけだという言い訳もあるかも知れません。だったらひとつアメリカに相談してみてはどうか。「思い」にはお金がかかりませんが「思いやり」にはお金がかかるんだとTVで宣伝しています。自費で退去してもらうとか交渉してみましょう。

しかし民主党の中には良い人もいるようで、少なくとも自分の選挙区のみなさんのことは気遣っているようです。

選挙区に「放射線量高い」と文書…小泉政務官


 国土交通政務官の小泉俊明・衆院議員(民主)が、選挙区の茨城3区内で独自に測定した放射線量が高かったとして、選挙区内の9市町村の小中学校などにマスク着用や子どもの長時間の屋外遊びの自粛を呼びかける文書をファクスで送っていたことが分かった。

 政務官名で呼びかけており、各首長は12日、小泉氏に国の公式見解かどうかをただす質問状を提出。小泉氏は「混乱を招いた」とする謝罪文を各首長にファクスで送った。

 文書によると、小泉氏は6日、9市町村の庁舎前など10か所で放射線量を測定。数値は毎時0・273〜0・503マイクロ・シーベルトだった。それを基に、小泉氏は「東京や水戸の3倍から5倍という高い数値」として対策を呼びかけた。

 各市町村には学校や住民からの問い合わせも多く寄せられたため、マスク着用は国の方針なのか――などの質問事項をまとめ、12日、上京した藤井信吾・取手市長が国土交通省に届けた。

 小泉氏は「政府の公式見解ではない。混乱を招き、ご迷惑をおかけした皆様に心よりおわびする」とのコメントを出した。

2011年5月13日 讀賣新聞


これだと年に4mSvくらいになりますので、小泉さんの警告は正しいものであると考えられますが、自分の選挙区だけえこひいきをして「政府の公式見解」としてはウソをついていることが若干の問題ではあります。しかしながらこの度このように報道されましたので、結果として全国の皆さんに周知することが出来たのは幸いでした。もっとも世の中の自治体首長さんや校長さんは「国の方針」でなければマスクひとつ満足に着用出来ないのですから情けない話ですが、考えてみればイヌの口は尖っているので普通のマスクじゃダメなんだなこれが。

そこで「イヌのマスク」で検索すると
http://item.rakuten.co.jp/gooddesteno/nz-05877058/

「犬用マスク」というのはいわゆる「口輪」ですね
http://www.kenko.com/product/item/itm_8830102072.html?_A_=googleshopping

コーヒーのフィルターで代用する案
http://blog.zaq.ne.jp/elansblog/article/141/

つまり口輪にフィルターを付けたものが連中には必要であるというのが「混乱を招く国の方針」です。丸裸になった清水さんの隠蔽体質な局部を覆うのにも最適であります。いや、余計な「コスト」は「カット」してしまおう。


posted by 珍風 at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さんざんゲンパツ関連で甘い汁吸っておいて言いたい放題のこの方は首を切断して欲しいです
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110513-00000155-jij-pol
Posted by ika at 2011年05月13日 23:36
天災=震災
人災=原子力発電所を建設したこと

ですから「多くは人災」てゆーのは正しい。わけても核災害は100%「人災」ですよ。青山さんが原子炉ってのは地面から芽吹いて成長して大きくなるとか思っているなら別ですが。思っているんじゃないか。思ってるんだろうな。そのうち噴火すると危険だから富士山を撤去しろとか言い出さないうちに大好物の燃料棒で串刺しにしてあげるのが武士の情けでしょう。

Posted by 珍風の燃料棒は溶けちゃい at 2011年05月14日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。