2011年05月18日

煙幕三段腹

放射線と生活習慣 リスクを比較


東京電力福島第一原子力発電所の事故で、放射線の影響に関心が高まるなか、1年間に浴びても差し支えないとされる量の100倍に当たる100ミリシーベルトを被ばくしたときのがんの発症率の増加は、野菜不足や受動喫煙の場合とほぼ同じだとする調査結果を、国立がん研究センターがまとめました。

国立がん研究センターでは、放射線の影響を正確に理解してもらおうと、広島と長崎で続けられている被爆者の追跡調査と、センターがこれまで行った生活習慣についての研究を比較しました。その結果、1年間に浴びても差し支えないとされる量の100倍に当たる100ミリシーベルトを被ばくしたときのがんの発症率は、通常の1.08倍に増加し、野菜不足や受動喫煙の場合とほぼ同じでした。また、200ミリシーベルトから500ミリシーベルトの放射線を浴びたときのがんの発症率は、運動不足や塩分の取りすぎとほぼ同じく、通常の1.2倍に増加していました。喫煙や毎日3合以上の酒を飲む習慣のある人と同じ程度の、通常の1.6倍にまでがんの発症率が高まるのは、2000ミリシーベルトの放射線を浴びたときだったということです。国立がん研究センター予防研究部の津金昌一郎部長は「被ばくを避けるために、外出を控えたり野菜を食べなかったりすると、逆にがんのリスクが上がるおそれもある。過剰に心配せずに生活してほしい」と呼びかけています。

2011年5月15日 NHK


日本放送協会からの最新ニュースなんですが、実は二番煎じ三番煎じ、出がらし茶でも放射性物質は残るようですが、要するにこれは報道ではなくてプロパガンダですから、バカな国民には何度でも繰り返し叩き込む必要があります。で、忘れた頃にもっかい最新ニュースだ。

年間100ミリシーベルト被曝の発がんリスク 受動喫煙・野菜不足と同程度


 東京電力福島第1原発から流出した放射性物質(放射能)による健康被害への不安が広がるなか、放射線による発がんリスクが出始めるとされる年間100ミリシーベルトを浴びた場合、そのリスクは、受動喫煙や野菜不足とほぼ同程度であることが30日、国立がん研究センター(東京)の調べで分かった。同センターは「日常生活にもさまざまな発がんリスクが存在する。むやみに不安がるのではなく、放射線のリスクを正しく理解してほしい」と呼びかけている。(原子力取材班)

 調査は、これまでの国立がんセンターが所有する知見や、過去に発表された生活習慣と発がんリスクに関する論文などを集約。広島・長崎の原爆で放射能を浴びた約9万4千人と、浴びていない約2万7千人について、約40年間追跡調査した放射線影響研究所(広島・長崎)が持つデータと比較、検討した。

 その結果、喫煙者や毎日3合以上飲酒する人は、しない人よりも、何らかのがんになる確率は1・6倍に上昇。生活習慣の中でリスクが最も高く、原爆で2千ミリシーベルトを浴びた人の確率と同じ値だった。原爆で浴びた放射能は爆心地からの距離などで異なる。

 政府は現在、一般の人については年間被曝(ひばく)量が20ミリシーベルトを超えないように対策を講じている。福島第1原発で作業している作業員は250ミリシーベルトを超えないように指導しており、2千ミリシーベルトは、現状では一般人が被曝する可能性はゼロに等しい値だ。

 一方で、喫煙者の夫を持つ女性(非喫煙者)が、受動喫煙によってがんになる確率は1・02〜1・03倍と調査の中で最も低い。次いで、野菜が不足がちな人が1・06倍となっている。これは、原爆により100〜200ミリシーベルトを浴びた発がんリスク(1・08倍)とほぼ同じ値だった。

2011年5月1日 産經新聞


国立がん研究センターの調べによると国民が記憶把持可能な期間はおよそ2週間ということですが、しかしよく考えるとどう解釈したらいいのか全く分かりません。被曝による発癌リスクが「野菜不足や受動喫煙の場合とほぼ同じ」だからなんだというのか。普通に考えると、それじゃ「野菜不足や受動喫煙」に気をつけよう、という話になるはずです。ところが「国立がん研究センター予防研究部の津金昌一郎部長」は「過剰に心配せずに生活してほしい」と言っています。

「喫煙者や毎日3合以上飲酒する」場合も「原爆で2千ミリシーベルトを浴びた」場合と同様、「過剰に心配」しなくても良いのだそうです。煙草の有害性を喧伝するキャンペーンはどこへやら、つい今しがたまで喫煙は極めて健康に悪かったのですが、今では被曝と同程度に「安全」になってしまった模様です。じゃあたばこ税を元に戻してはどうか。

もちろん、この手の「調査」には様々な利害が絡んできますから、「放射線影響研究所」は煙草メーカーから資金援助を受けていないわけで、極めて高い信頼性を持つものです。それは核技術の推進に資するという明確な目的をもっていると信じられているのですから、その「調査」結果については、多少割増して、ほんのたったの桁1つか2つか3つくらいかもしれませんが、若干修正して考えれば大いに信頼することが出来るでしょう。

一方、この「調査結果」によって、「受動喫煙」の「発癌リスク」の迫力が削がれてしまったことは否定出来ません。がん研究の歴史は発がん物質の探求の歴史であり、成果を上げているのは微生物に行った人だけですが、そもそも始めから最大の「発がん物質」には目をつぶって行なう、いわばヒステリー的な「探求」ですから、いざとなったら「喫煙」が王座を奪われてしまうのも致し方ありません。いないはずのラスボスが出て来てしまうという「想定外」の事態なのです。こうなったらウソもホントもひとまとめにして「心配ないさ〜」と歌うより他に手の打ちようがありません。

「国立がん研究センター」の信用も一気に暴落したわけですが、夫が煙草を吸っていようが、お酒を沢山飲んでいようが、野菜を食べなくたって「過剰に心配せずに生活してほしい」そうですから「むやみに不安がるのではなく」離婚してしまえばいいのです。そして2000mSvの被曝は「現状では」可能性は「ゼロに等しい」のですし、最近では「現状」というのは後の祭りになってからひっくり返されるのが普通なのですから、後になって「実は」ということが「わかった」りすることも珍しいことではありませんが、その時には再婚すればいいのです。


posted by 珍風 at 06:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IAEAがチェルノ近隣住民の癌・白血病発症について「喫煙や飲酒など怠惰な生活の結果であり、原子炉爆発による放射性物質飛散の影響とは認められない」とレポートしたぐらいなんで、これがアチラ側世界の標準的な考えなんでしょう。
Posted by ika at 2011年05月19日 09:48
酒と煙草がなくては生きて行けないのは僕だけでは無いようですが、放射線がそれ自体の作用でがんを引き起こすことが出来るのに対して「飲酒」や「喫煙」は発がんと関係が深いようだ、というに過ぎないので、単純に比較すること自体オカシナ話なんですが、「宣伝」とか「広報」の世界ではあまり細かいことは気にしないで一杯やって寝ることにしているようですから、単純な生活の持つ健康な爽やかさというものがこんなところにも存在するんですね。夜も寝ないで科学を探究しているような連中の気が知れない、といったところでしょうか。
Posted by 珍風早寝早起 at 2011年05月19日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。