2011年06月03日

ここが「メド」だ。ここでぽぽぽぽ〜ん

菅首相、居座りに平然=続投意欲に民主内も反発


 退陣の意向を表明しながら、早期辞任を否定する菅直人首相。前代未聞の首相の姿勢に、野党どころか民主党内の反発も強まっている。即時退陣を求められ、詐欺師呼ばわりされても、首相は3日、辞任時期について明言を避け、平然と政権に居座る考えを示した。民主党内に再び「菅降ろし」の動きが強まり、永田町は混迷の度合いを深めた。


 「私が申し上げたことは分かりにくい言葉ではない。そのまま素直に理解いただければ結構だ」。首相は3日の参院予算委員会で、辞任時期を明確にするよう迫る野党議員に対し、こう開き直った。


 首相は2日の民主党代議士会で、東日本大震災と福島第1原発事故に触れ、「大震災に一定のめどが付いた段階で若い世代に責任を引き継ぎたい。大震災と原発事故に一定のめどが付くまで私に責任を果たさせていただきたい」と表明。3日の予算委でも首相はメモを見ながらこの発言を繰り返し、「まさにこの言葉の通りだ」と追及をかわした。


 自民党の山本一太参院政審会長から「政治的詐欺」と非難されても、首相はひるまず、「その表現は適切ではない」と反論。鳩山由紀夫前首相との間で「2011年度第2次補正予算の早期編成にめどを付ける」などと交わした確認文書に関しても、「文章以上の約束はなかった」「(退陣の)約束に全くなっていない」と早期退陣の合意はなかったことを強調、続投の意欲すら示した。一方、民主党内は、首相を「ペテン師まがい」と批判した鳩山氏のグループが「力ずくでも首相を引きずり降ろす」(幹部)と両院議員総会の開催を求め署名活動を活発化。小沢一郎元代表も自身を支持する若手議員4人を衆院議員会館の自室に集め、「俺が引っ張っていく」とグループの立て直しに躍起となった。


 「退陣表明」を受け不信任案に反対票を投じた民主党議員らは、首相の「裏切り」を批判。首相は党内で「四面楚歌(そか)」になりつつある。

2011年6月3日 時事


それにしても「分かりにくい言葉」が目白押しであります。「ペテン師」というのは多分「ペテン」をする人のことですが、「ペテン」とは何か。てゆーか何語なんだ「ペタン」という人がいるからフランス語でしょうか。

皆さんはよく御存知だと思いますが、これは中国語で「繃子」(ペンツ)のことで、「詐欺」のことを指します。ですから「ペテン師」とは「詐欺師」と同じはずですが、誰かを「ペテンにかける」なんて言う場合は相手を策に引っ掛けることですから、この場合の「ペテン」は「策略」とか「謀略」の意味もあるでしょう。

いずれにしても知能が必要なことですから、この言葉が菅さんに相応しいものであるかどうかについては議論が必要であるかも知れません。むしろ頭脳プレーを見せたのは鳩山さんの方だったりします。

菅さんがそう簡単に辞めないことは最初から分かっていたはずで、何しろ菅さんは首相になったときから首相の椅子に恋々とするのだけが仕事だったのですから、「続投意欲」は「想定内」であるというべきでしょう。その上で、今回の鳩山さんの「ペテン」は大きな収穫をもたらすものとなりました。

谷垣さんの不信任案は小沢さんをアテにしたものです。つまり民主党は自民党を引っ掛けて不信任案を出させたようなものです。それで谷垣さんは国民から、こんな時に権力闘争とかしてんじゃねーよ、と言われてしまうことになるわけですが、谷垣さんは自民党にとっては全くもって損にしかならない動きをしたことになるでしょう。

しかしながらここで小沢さんとこが不信任案に賛成することにすると、政権は民主党から失われることになります。これを避け、同時に菅さんに「不信任」を突きつける、というのが菅さんに「退陣表明」をさせる意味です。党外に対しては菅内閣を「信任」しつつ、党内では「不信任」をつきつけるということです。

あとは菅さんが「続投」するのを眺めていれば、その一日一日が「ウソ」であり「ペテン」であり「詐欺」であり、生きているだけで毎日失態を重ねる状態になります。続けば続けるほど傷が深くなって退陣のあとは復権するどころか永久に四国に引っ越してしまうより手がなくなっていきますので、ズタボロになるまで待っていれば良い、というわけです。

菅さんを引っ掛けるために、「確認文書」のなかには「メド」というものが仕掛けられていて、菅さんがこれにしがみついているのも予定どおりでしょう。ちなみに「メド」も「分かりにくい言葉」であります。

別に難しいこともないかも知れませんが、漢字で「目処」と書くのです。イキナリ漢字で言われたらまず読めませんが、漢字で喋る人はいません。更に東大を出て官僚になったりすると「メド」を「目途」と書いて「モクト」と読ませるような荒技を遣うようになりますので、人間として、男として東大など出るものではありません。

「メド」の語源は「メドハギ」なんだそうで、これを占いの筮竹に使った、てゆーか筮竹のことを「メドギ」と言ったそうですが、そんなことから「目標」の意味を持つようになったとも言います。

もっとも「メドハギ」の語が「メド」から来ているという説もありますから堂々巡りなんですが、菅さんの「メド」も語源に相応しくいつまでたっても終わらないという意味で使用されているようです。

とはいえ、今では東電はもちろん政府も信用ならない、だからといって対する自民党はもってのほかの諸悪の根源であるということが明らかになりましたので、これをもって「一定のメド」であると言えないこともありません。どこの政党なら良いとか悪いとかというようなことはもう考えられないようです。

まあよっぽどボンヤリした人は別かも知れませんが、国家というものに「一定のメド」がついてしまった、そんなものを信用しているとトンデモナイことになる、というのが昨今の状況であります。このような国家にはそれに相応しい儀礼というものが伴うのは当然でありましょう。

大阪府で君が代起立条例が成立 全国初、教職員に義務付け


 入学式などの君が代斉唱時に教職員に起立・斉唱を義務付ける全国初の条例は3日、大阪府議会本会議で賛成多数で可決、成立した。橋下徹知事が代表を務め、府議会で単独過半数を占める「大阪維新の会」が議員提案していた。

 維新の会以外の主要会派はいずれも反対。起立を指示した校長の職務命令を合憲とした5月30日の最高裁の初判断が教育現場に与える影響を見極めることを含め、慎重審議を求めたが、維新の会が押し切った形だ。

 条例制定の動きが浮上して1カ月足らずの急展開で、現場には困惑の声も広がっている。国旗国歌の在り方をめぐり新たな論議を呼びそうだ。

 橋下知事は、起立を求める職務命令を拒み続けた教職員を懲戒免職処分とする方向で検討する意向を表明。処分基準を定める別の条例制定を9月議会で目指しており、教職員に対する一層の管理強化を図る方針だ。

 条例は、府内の公立小中高校などの教職員らが対象で、国旗国歌法などの趣旨を踏まえ「学校行事で行う国歌斉唱は、起立により斉唱する」と規定。目的として(1)次代を担う子どもが伝統を尊重し、わが国と郷土を愛する意識の高揚に資する(2)学校での服務規律の厳格化を図る―などを掲げた。

2011年6月3日 共同


これは「国旗」や「国歌」がもはや顧みられることはないであろう、という予想を「条例」という形式で表現したものに他なりません。見放された国家、てゆーか単なる汚染された島嶼地域ですが、その滅亡の始まりを告げるには誠に相応しいものであるとしか言いようがありません。しかしもちろん国家とは最初からそういうものだったのですし、今更バレたからって居直っているだけなんですが。


posted by 珍風 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。