2011年06月20日

夢精主義者の寝台

それでそのテーノーが

山口・上関原発建設計画:石原氏「10年はできない」 「反対運動はアナーキー」


 自民党の石原伸晃幹事長が18日、山口県宇部市であった河村建夫衆院議員(山口3区)のセミナーで講演し、中国電力(広島市)が同県上関町に計画している上関原発について「客観的な情勢から原発新設にはなかなか賛同を得られない。この10年以内にできないと思う」と発言した。河村氏も「新しい原発を造るのはなかなか大変」と述べた。

 石原氏はさらに▽東京電力福島第1原発事故後に広がっている脱原発運動を「アナーキー(無政府的)で、代替エネルギーのことを考えていない」▽東京で11日にあった脱原発デモについて「公安関係者から聞いたが、バックにいるのは革マル派、中核派、原水協(原水爆禁止日本協議会)。そういう人たちがいるのに普通の人が多く集まっている」−−と発言した。上関原発予定地近くの祝島で続く反対運動についても「今来ているのは中核派で、地元の人たちは本当に少ない」と述べた。

 上関原発を巡っては周南市など周辺市町の議会で「中止」「凍結」の意見書が可決されている。「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の山戸貞夫代表は「地元の気持ちが全く分かっていない。反対運動は30年も続いているのに」と憤っていた。【尾村洋介、小中真樹雄】

2011年6月19日 毎日新聞


「10年」てのは何だ、「10万年」の間違いだと思いますが、この人の時間感覚がなんとなく理解出来る発言です。「10年以内」というのはお父さんの余命がおさまるスパンに他なりません。お父さんが死ぬとこの人の「世界」は終わるようなのですから、「10年」でも「10万年」でも同じことなのです。

「周南市など周辺市町の議会」は「中核派」に占領されている模様です。まるで悪夢のような話ですが、これは本当に石原(ガキ)さんの見た「夢」でしかありませんのでみなさんは大丈夫です。その「夢」の中では「革マル派、中核派、原水協」が仲良きことは美しき哉ですが、それでも「普通の人が多く集まっている」ことは否定出来ないようです。

「革マル派、中核派、原水協」は「普通の人」ではないそうですから、尻尾があるとか鼻の穴が1つしかないとか箸にも棒にもかからない大馬鹿者であるとか、色々と「普通」ではない特徴があるのかも知れませんが、その点(ガキ)さんも変わるところはないようです。口惜しかったら「普通」レベルまで上がって来れるものなら来てもらいたいものですが、無駄に年を食っているので難しいかも知れません。

そんな(ガキ)さんのことですから、余計なことを口走っては仲間に嫌われています。それだけならともかく、当たり前のことに気がつくと、それがすばらしい思いつきのように考えてしまって、よく検討することもなく人前で口走ってしまうのは哀れとも何とも言いようがありませんのでいい気味であります。

「脱原発運動」は「アナーキー(無政府的)」なのです。これは「バック」にナントカ派やカントカ派がいて操っているという「夢」の内容とは矛盾するようですが、公安が見当違いの動きをして税金の無駄遣いをするのであれば、その方が世の中のためで全然問題なしでありますからあえて指摘はしません。

他の国の「政府」は知りませんが、日本のいわゆる「政府」は「脱原発」ではありませんし、そうなりようもありません。日本の「政府」はちょっとスペシャルでして、てゆーか日本の「政府」は「日本の政府」ではないようなのですから、「脱原発」とか「脱検察」とか勝手なことは出来ないことになっています。

もっとも、「政府」がロクなことをしないのは全世界的な現象です。ついでに「反政府」も同じようなもんですから気をつけないといけません。多少なりともマシでマトモな傾向が出て来るとすれば、それは「アナーキー」方面からしか来ないのかも知れません。といっても別に埼玉方面から髪を立ててやって来るというわけではありませんが、それも「夢」、しかし出しちゃうのでパンツがガビガビだ。


posted by 珍風 at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
徴兵制でアカどもの精神を鍛え治せと。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210620028.html
Posted by ika at 2011年06月21日 15:58
「今の政治の現状を憂う」を書いた人に座布団10枚。もっとも、こういう文弱の強がりな人が「軍事政権」にとっては一番邪魔、てゆーか足手まといなので真っ先に殺されることになっておりますが、そうまでして「日本が生きていく」必要があるのかどうだかさっぱりわからん。まあしかし、とりあえず「アカども」は銃の扱い方くらい習ってくれば。兵隊に行ったくらいで「鍛え治」されるような人に見込みはありません。
Posted by 過去の政治の現状を憂う珍風 at 2011年06月21日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。