2011年07月12日

それはピンチですか、それともチャンス?

夏だっ!食中毒でゲロゲリゲゲゲだぜっ!ちなみに僕は牛タンなんか生で食べちゃう、レバ刺しも好物だし女の子も生でやっちゃうという乱暴者ですが、まあ、最後のやつは、最近はちょっと、アレだ、穏健になりました。

というわけで各地の焼き肉屋さんを始め一般の飲食店にも保健所の立入検査が入るはずです。とはいっても東北の方から危険な食材がどんどん入荷しますんで、市民が問い合わせて来たりして保健所も忙しくて大変なんだと思うんだな。

政府 新たな安全評価を実施へ


政府は、原子力発電所の稼働を巡る統一見解を示し、すべての原発を対象に「ストレステスト」を参考にした新たな安全評価を導入することを発表しました。そして、この安全評価の結果によって、定期点検中の原発の運転を再開するかどうかや、稼働中の原発の運転を継続するかを判断することになりました。

これは、枝野官房長官が11日午前の記者会見で明らかにしたものです。それによりますと、原子力発電所のさらなる安全性の向上と安全性についての国民や住民の安心と信頼を確保するため、ヨーロッパ諸国で導入された「ストレステスト」を参考に、新たな手続き・ルールに基づく安全評価を実施するとしています。

具体的には、定期検査中の原発については、安全上重要な施設や機器が設計上の想定を超える事象に対してどの程度の安全性の余裕があるかという評価=「1次評価」を実施し、運転再開の可否を判断するとしています。

そのうえで、再稼働した原発も含め、すべての運転中の原発について、ヨーロッパ諸国のストレステストの実施状況や、福島原発の事故調査・検証委員会の検討状況も踏まえた評価=「2次評価」を行い、運転を継続するか中止するか判断するとしています。そして、こうした評価は、事業者が行い、その結果について原子力安全・保安院が確認し、原子力安全委員会がその妥当性を確認するとしています。

定期検査中の原発の再稼働を巡っては、先月下旬、海江田経済産業大臣が佐賀県を訪れ、玄海原発の2号機と3号機の運転再開を要請しましたが、6日、菅総理大臣が、従来の安全基準では不十分だとして、ストレステストを参考にした新たな安全評価を全国すべての原発を対象に実施する考えを打ち出しました。これについて、原発の立地自治体を中心に「安全確保の観点から評価するが、突然の決定で、国の方針が不明確だ」などと、批判が出たため、政府は、この問題の統一見解をまとめるため、調整を進めていました。

2011年7月11日 NHK


まあ世の中に100%「安全」ということはないんでしょうから、「国民や住民の安心と信頼を確保」するくらいが精一杯でしょう。要するに騙したり誤摩化したりするわけですが、それにしてもこんなんで大丈夫か。

「1次評価」とか「2次評価」は、なんと「事業者」がやるんだそうです。これはつまり食品衛生検査をレストランとかが自分でやっちゃって保健所の立入りなんて全然しない、というようなものです。あるいはビルの管理なんかしてる人は消防署の立入りがあるでしょう。以前、どっかの防火管理者の人が立入り前にいろいろと準備をするんで過労死したことがありましたけど、そういうのがない、ということです。

何だかつまり大変に楽チンのようです。原発の「安全性」については火事や食中毒の防止よりも甘い取扱で大丈夫なのです。結果の重大性に鑑みて驚く人もいるかも知れませんが驚くことはありません。問題は事故の予防可能性なのです。火事や食中毒は予防することが出来ると考えられているのでそのための施策があります。しかし原発の方はどうせ無理なんですからいい加減で良いんでしょう。

この「事業者」自身による全く信用のおけない「評価」の結果を、何でもいいからとにかく原発を動かしたい「原子力安全・保安院」が「確認」するんだそうです。この場合「確認」というのは右から左に書類を動かす途中でハンコを押すことです。この過程はあってもなくても同じですから省略することが納税者の利益になります。

実際に「評価」の「妥当性」を判断するのは「原子力安全委員会」です。一応「専門家」の人たちで、その専門性は政治的な/経済的な要請に応じて専門的知識に関する無知を装うことが出来るような、極めて高度なものであると言われています。あるいは本当に何も判っていないのかも知れませんが、原発は「構造上」爆発しなかったり、電源は大丈夫に決まっていたりしますし、「安心」出来ないような事実は隠してくれますから、「国民や住民」は「安心」して「信頼」することが出来ます。

要するに委員会には「妥当性を確認」する能力がないようなのですが、その「確認」する対象が最初から「妥当性」がないようなものなのですから、能力なんかなくたって平気であります。「新たな安全評価」はこのように隅々までよく考慮されたどこから見ても文句の付けようのない体たらくですが、政府にはこんなシロモノで「国民や住民の安心と信頼を確保」しなければならないという不可能への挑戦が課題として残されるわけです。考えようによってはこれほどやりがいのある仕事はありません。いわばこれはチャンスですが、本当にどうするつもりなのか、他人事ながら些かの同情を禁じ得ません。


posted by 珍風 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。