2011年07月28日

菅の平和利用

福島の餓鬼は5年で死ねと、お達しです。

あいまい「生涯100ミリ」、放射線基準見通し立たず


 放射性物質の影響について食品安全委員会が26日にまとめた答申案は、食品だけでなく外部からの被曝(ひばく)を含め「健康影響が見いだされるのは、生涯の累積で100ミリシーベルト以上。平時から浴びている自然由来の放射線量は除く」という具体性に欠けるものになった。今後パブリックコメントを経て、8月下旬にも厚生労働省に答申することになるが、厚労省は「回答になっていない」(幹部)と困惑気味だ。具体的な基準づくりへの見通しが立っていない。

 東京電力福島第一原発事故を受け厚労省は今年3月、放射性物質が含まれる食品の流通を規制するために「暫定基準」を緊急的に設けた。ただ、食品安全政策は厚労省の独断では決められず、科学的な根拠を得るために食品安全委に諮らなければならない。

 細川律夫厚労相が諮問したのは、食品について「放射性物質の指標値を定めること」。厚労省幹部は「食品全体からの被曝が年間何ミリシーベルトという数値を想定していた」という。

 同委も当初、食品だけを考えていた。だが食品からの内部被曝と、外部環境からの被曝を分けた論文はほとんどなかったこともあり、「健康への影響を考えるには、内部と外部は分けられない」と判断した。

2011年7月26日 朝日


「健康への影響を考えるには、内部と外部は分けられない」というのは一つの見識ですが、「論文」が「ほとんど」なかったというのも事実でしょう。実際、この諮問は「無理な注文」であった、と言うべきです。

委員会が「参考にして良い」ような「論文」では内部被曝の影響が過小評価されているんですから、注文どおりに「食品全体からの被曝が年間何ミリシーベルトという数値」は出せません。プルトニウムをごくごく飲むような世界ですから、たいていの放射性物質は「排泄」されることになっていたりするのです。

委員会が白状するように、「論文」は「ほとんどなかった」のであり、「少しはあった」わけですが、まあ、明示するわけにも行かなかったんでしょう。それは使っちゃいけなかったようです。これでは最初からちゃんとした「答申」が出るはずもありません。

てゆーかそれでも苦しい数値を出して来たのがお笑いぐさで、それも自然放射線と同程度、といういい加減さです。細かいことを言うと「同程度」よりも多いのですが、それはともかくとしても平常の「倍」で平気、というのもわけが分かりません。もっともそれでも「暫定基準」よりも厳しくなるようですから、世の中は進歩しているのかもしれません。

進歩しないのは民主党で、

民主PT、原発の早期再稼働を エネルギー政策で提言


 民主党の成長戦略・経済対策プロジェクトチーム(PT、座長・直嶋正行元経済産業相)がまとめたエネルギー政策に関する政府への提言素案が26日、判明した。安全対策実施を前提に定期点検を終えた原発の早期再稼働を求めた。半面、菅直人首相が打ち出した「脱原発」方針について言及はなく、温度差がにじむ内容だ。

 PTは27日以降も会合を開き提言をまとめる。政府は週内にエネルギー・環境会議(議長・玄葉光一郎国家戦略担当相)を開き、エネルギー政策の在り方を決める。「提言を最大限尊重すべきだ」と求めており、取りまとめに影響を与えるのは必至だ。

2011年7月26日 共同


いや、菅さんのは「個人の考え」ですから。民主党は「脱原発」ではありません。民主党には「個人の考え」というものがないのですから仕方ありません。自前の脳を持っている人は数えるぐらいしかいないので、「他人の考え」で生活しているのです。

いや、菅さんもけっこう「他人の考え」の人だったりします。「脱小沢」も「脱原発」も「世論調査」の結果を受けたものに過ぎないのではないか。どうも「市民運動家」のようですから、「市民の声」を代表するという、他人に立脚すれば火もまた涼し、という立場です。

いや、それが悪いというわけではないんで、しかし菅さんはもう政治家は辞めた方がいいです。民主党はもうダメです。民主党にもすっかり放射能が回っていますから、中にいると「内部被曝」する虞れがあります。反原発の「運動」に戻ってはどうか。元首相で反原発の闘士、って悪くないぜ。しかし保坂さんには詫びを入れとくべきでしょうな。いや、みんなに謝るべきだ。誰にも信用されないでしょうが。


posted by 珍風 at 06:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも全ての食品やら水やらに放射線量が表示されていないのにそんなもんどうやって計算できるんだ?なんてアホでも思い付く疑問は置いといて、ついでにゲンパツムラ住民の方々だけは年100000mSvまで安全ですと答申出してあげれば良かったんじゃないか。
Posted by 金銭欲はホーシャノーをも凌駕する@ika at 2011年07月28日 12:34
結局は自分で測るしかないんだよな。「今日はたくさん被曝したから明日は飯抜きだ」とか。ところで原子力村に入れば安全な食糧が金で手に入るんだそうだ。葬式饅頭でっかいそうだ。
Posted by そうだ村の珍風さん at 2011年07月28日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。