2011年08月05日

何でも出て来るジュークボックス

「六重苦」にあえぐ自動車産業 トヨタ専務「労働規制が厳しすぎる」


いま日本の製造業は「六重苦」にある――。最近、自動車業界などでよく言われる言葉だ。円高や高い法人税、自由貿易協定(FTA)への対応の遅れ、製造業への派遣禁止などの労働規制、温室効果ガスの原因とされるCO2の25%削減。そして、東日本大震災後の電力不足の6つで「六重苦」だ。

その一つ、労働規制について、2011年8月2日に開かれたトヨタ自動車の11年第1四半期決算の発表会見で伊地知隆彦専務が、「いまの労働行政では、若い人たちに十分働いてもらうことができなくなっている」と。

ヒュンダイは年間労働時間が1000時間多い

伊地知専務によれば、期間従業員の雇用が難しくなっている。

震災による部品の供給不足が解消し、トヨタをはじめ自動車業界は一斉に増産体制に入った。トヨタは今後、休日出勤や残業の実施、7月からは3000〜4000人の期間従業員の確保に乗り出した。「いまのところ確保できているようだが…」(伊地知専務)

期間従業員の日給もこれまで9000円台だったが、1万円台になったところもあり、「総合的にみて、若干採りにくくなっている」と心配する。トヨタは、今年度の生産台数を6月時点の計画から33万台上乗せして772万台に修正したが、今後は部品の供給や設備能力に不安はないものの、「人員の制約」によって生産が鈍る可能性があるとみている。

8月3日付のレスポンス自動車ニュースによると、伊地知専務のこんな危惧も紹介した。「若い人たちが時間を気にしないで働いてもらう制度を入れてもらえないと、日本のモノづくりは10年後とんでもないことになるのではないかと思う」。

伊地知専務によると、韓国のヒュンダイとトヨタの技術者を比べた場合、個人差はあるものの、年間労働時間が1000時間も多いという。10年で1万時間。この差が技術力の差につながってくるとみている。

いまの若者が働かないというのではない。「労働規制が厳しすぎる」と指摘していて、日本の技術力を守るためには労働規制の緩和が必要と示唆したのだ。

日本が勝つためには「圧倒的な技術力をつけるしかない」

「すでに(ヒュンダイに)コスト競争力では負けている」。決算説明会で、伊地知専務はこう漏らした。ヒュンダイとの労働コストをドルベースで比べると、日本はヒュンダイの2倍かかっていて、「クルマの原価の差は労働コストの差だ」という。

ただ、そうした中で日本が勝っていくためには、「圧倒的な技術力をつけるしかない。そのためには、日本の車両開発技術と生産技術開発をクルマの両輪でやっていくしかなく、日本はその生産基盤をもっている」と説明。これが真意だと語った。

もちろん、トヨタをここまで追い詰めたのは「円高」だ。トヨタは「輸入部品に手をつけざるを得ない」とも話し、国内の生産部品を使っていくことは限界に達していることも示唆した。

2011年8月4日 J-CASTニュース


「日本のモノづくり」はすでに「とんでもないこと」になっているようですから伊地知さんは心配するには及びません。日本の自動車メーカーでは期間工の確保に大変な苦労をしているご様子です。

これは労働者派遣事業者を利用しているうちに人事部門が退化したんでしょう。チンポでも何でも使っていないとダメになっていくものです。今の大企業の「若い人」は電話1本で労働者を調達出来ることに慣れているのかも知れませんから、当分の間は「人員の制約」が存在すると思われますが、そうであれば、それは社内的な問題であって、「六重苦」なんて言っている場合ではありません。

もちろん、企業には労働は「より安くより長く」という「希望」があるでしょう。気持ちは分かります。てゆーか企業としてはこれは当たり前のことで、そんなことはいわれなくてもみんな知っているのです。だから「労働規制」というものが存在するわけです。世の中の人々は企業は規制が存在しなくても労働者の生活や健康に配慮した労務管理を行なうことが出来る、などとは露程も思っていません。

それどころか目先の利益しか考える余裕のない容量の少ない脳味噌しか持たないワリには厚かましくてわがままで何でも他人のせいにするバカだと思われているのです。どうして「労働コスト」が市場の購買力となって帰ってこないのか、考えてみる必要がありますが、無理です。

したがって伊地知さんの発言は、残念ながら相変わらずバカであることの証左となっているわけですから、今後も引き続き、より一層の「労働規制」が必要であることを示唆しています。伊地知さんやなんかに任せていると日本の社会は「10年後とんでもないことになる」のは明らかです。

そこで日本の製造業には「七重苦」が存在します。円が安くなって法人税がゼロになり、世界中と自由貿易をして労働法制が撤廃され二酸化炭素をいくら出しても大丈夫で電力が潤沢にあろうとも、「死んでも治らない」問題を抱えているのですから、何かが上手くいかなければきっとまた新たな「苦」をどこかから見つけてくるに違いありません。そのうち海外に出て行ってくれるという話も耳にしますが、アチラにはどんないい事があるのか、どんな「苦」が転がっているのか、まだ見ぬ異国への期待と不安は膨らむばかりでありましょう。


posted by 珍風 at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。