2011年08月28日

軽はずみ 海は最終処分場

山の餓鬼も帰れません。

線量低下、帰宅に20年以上 除染なしで政府試算


 政府は27日、東京電力福島第1原発事故で放射性物質に汚染された地域のうち、年間の被ばく線量が200ミリシーベルトと推定される場所では、線量が下がり、避難している住民が帰宅できるまでに20年以上かかる可能性があるとの試算結果を、福島市で開かれた「福島復興再生協議会」で示した。

 放射性物質を取り除く除染などをしない場合に、セシウム137や134が時間経過とともに減少することや雨や風で地表面からなくなることにより、帰宅の目安となる年20ミリシーベルト以下になるまでの期間を求めた。現在の推定線量が100ミリシーベルトの場所は10年程度となる。

2011年8月27日 共同


やはり何といっても「20年」なんであります。もっとも、児玉龍彦さんなんかは

「誰が首相に試算を示し、どのように審議されたか全く分からないまま、突然『20年』という数字が出てくることは問題。国会もチェック機能を果たしていない中、数字を示されても国民は信頼できない。その繰り返しでは、物事を前向きに進めるのは難しいのではないか」

2011年8月28日 毎日新聞


ということで、まあ確かに「信頼できない」わけですが、どういう方向に「信頼できない」かは分かりません。10年で済むのかも知れませんし、50年かかるのかも分かりません。とはいうものの、この「20年」ってのは昔から言われてきたわけで、どのくらい昔かというと20年くらい前から、いや25年前からですか。実は4カ月ちょっとですが

「原発周辺20年住めない」 首相発言として伝わり波紋 全村避難の村長「これが政治家の言葉なのか…」と涙


 「10年住めないのか、20年住めないのか…」

 菅直人首相が13日、官邸で松本健一内閣官房参与と会った際、東京電力福島第1原発の半径30キロ圏の避難・屋内退避区域について、少なくとも10年間は居住が困難との認識を示したとの情報が駆け巡った。原発被害の深刻さを示す衝撃的な発言だけに、情報は一気に広がった。首相は同日夜、公邸に戻る際、記者団に「私が言ったわけじゃありません」と否定した。

 情報の発信源は松本氏が首相との会談直後に行った記者団への説明。松本氏は「10年住めないのか、20年住めないのかということになってくると、そういう人々を住まわせるようなエコタウンを考えなくてはいけないということを言っていた」と発言。時事通信が首相発言として速報した。

 波紋は全村避難の対象となっている福島県飯舘村にも広がった。住民への説明会の途中で情報に接した菅野典雄村長は「少しでも早く戻れるようにするのが政治家の仕事なのに、これが政治家の言葉なのか。全く悲しくてならない。直ちに抗議する」と涙ながらに訴えた。住民からは「そうだ」との声が上がった。

 このため首相は、松本氏に電話をかけて記者団に情報を否定させた。ただ、松本氏は、長期間にわたって原発周辺が居住困難になる見通しを首相に説明したことは認めた。その上で移住先として内陸部に5〜10万人規模のエコタウンを建設する案を示し、首相も賛同したことを明らかにした。

2011年4月13日 産經新聞


村長さんがあんまり泣くもんでついつい「私が言ったわけじゃありません」と言ってしまいましたが、誰が言ったにしてもこれはいわゆる「軽はずみ」な発言、というべきでした。つまり木下優樹菜さんが言うような意味で、です。

菅さんだか松本さんだかの「20年」は、4月10日に原子力安全委員会が提出した予測に基づくものですが、8月27日に示された「政府試算」も基本的にはこれと大差ないもんであると思われます。いずれにしても10年、あるいは20年、という見通しは事故後かなり早い時期に確立していたものでした。

もっとも、これは帰宅できる基準が年20mSvという乱暴なものですから、実際にはそんな危ないところには帰れません。政府は帰れと言うんでしょうが、帰ったら5年で100mSvです。いくらなんでもどんなアホでも100mSvを「安全」とは言わないという、原発推進派御推奨の鉄壁の危険地帯であります。

政府では原発事故の補償額を気にしているわけですが、それというのも与党の原発政策は恐ろしいもんなんでありまして、民主党代表選候補者、てのは次の首相になる人ですが、その中でも「原発依存度」が低いとされる海江田さんですら、「40年以内に原発ゼロをめざす」というのんびりムードなのでした。

「40年」、この間に大地震が来るかというと、来ますね。だからこそ今回の事故で補償額を縮小しておきたいわけですが、海江田さんの政策では「今後10年をめどに(自然エネルギーの発電量を)総発電量の20%に引き上げる」んだとも書いてあります。

「20%」だったら現在の原発のシェアよりも高いわけですから、「10年後」に原発は要らなくなる予定ですね。てゆーか「今後10年をめどに、原発への依存度を20%以下に引き下げる」とも書いてあります。まあ、そう上手くいくか分かりませんが、仮に倍の20年かかったとして、その時点で原発と自然エネルギー発電が入れ替わってることになりますから、あとの20年間、原発を稼動させる理由がひとつもありません。原発の廃止のために40年かける理由が分からないのです。

分からないわけではないのですが、その辺はいわゆる「軽はずみなこと」に属するんでしょう。そういうことを言うと大阪湾に最終処分されちゃったりするのかも知れません。木下優樹菜さんと政治家だけが知っている核ヤクザの恐ろしさでありましょう。


posted by 珍風 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。