2011年08月30日

よい病院、よくない病院の見分け方

原発作業員が白血病で死亡「因果関係なし」


 「東京電力」は30日、福島第一原子力発電所の男性作業員が今月上旬に急性白血病で死亡したと発表した。

 死亡したのは40歳代の作業員で、今月上旬に7日間、福島第一原発の休憩所の出入りや放射線量を管理する作業を行っていた。男性の被ばく線量は累計で0.5ミリシーベルト、内部被ばくはなかったという。男性は、勤務を終えた後に体調を崩して入院し、東京電力は元請け企業から、今月16日、男性が死亡したという報告を受けたという。

 今回の原発作業との因果関係については「元請け企業から、『医師の診断で因果関係がない』と聞いている」ということで、東京電力は、プライバシーの問題があるため、これ以上、調べる予定はないと説明している。

2011年8月30日 日本テレビ


この作業員の人は、作業に入る前の健康診断では何も問題はなかったということですから、全く不思議な話です。立地本部長代理の松本さんによればこの人は何も異常はなかったのに全く未知の原因による白血病によって自覚症状が出てから10日以内に死んでしまったのです。21世紀最大の怪事件と言うべきでしょう。

もっとも、これは全て伝聞のようです。すなわち作業前の健康診断の結果、作業内容、作業に従事した期間、被爆線量、内部被曝の有無などは、すべて元請け企業からの報告をそのまま喋っているだけなのです。「因果関係」に至っては伝聞の伝聞であって、松本さんは「元請け企業は『医師が「因果関係はない」と言っている』と言っている」と言っているわけですが、この餓鬼の使いぶりはまことに恐るべきものがあります。ほとんどアンファン・テリブルと申し上げて然るべきでしょう。

仮に作業前健康診断というものが必要にして充分な項目について正しく行なわれているのであれば、当然に「因果関係」を疑うところであり、この場合は被爆線量が間違っている可能性があります。本当かどうか知りませんが、健康診断では白血球数を測定しており、その時点では異常値は出ていなかったらしいのです。

しかしよく聞いてみるとこの作業員さんの履歴は不明なんだそうですから、福島第一原発での健康診断とか被爆線量を問題にしてみても仕方がないのかも知れません。核発電所の現場を渡り歩いている人たちが存在し、そのような人たちは累積被爆線量が極めて危険なレベルに達している場合があります。こういう人たちは今までどこの現場でどのくらい被曝してきたか、などというデータを持ち歩いていないものですから履歴を把握することは困難で、履歴を把握できないことを履歴が存在しないと表現してしまう方が簡単だったりします。

そしてそんな事が可能であるのであれば、「健康診断」はけっこういい加減なものでなければなりません。問題の「医師」によれば「急性白血病は(臨床症状が出るまでの)潜伏期間が数年あり、死亡直前に短期間被曝して発症することはない」(asahi.com)んだそうで、それはそうかも知れませんが、そうだとすると今回の症例では臨床症状の出始めから死亡まで長く見積もって2週間、ということになるんで、そいつもどうかと思います。

まあ、色々と不審な点があるわけですが、そうでなければ作業員が確保できないという事情もあるでしょう。そこで東電からすれば、これは死体を自宅の玄関先に放り込まれたようなもんとして受け止められている可能性があります。どこか他所で死んでくれれば良かったのに、たまたま福島に来たところで死んでしまったのは大迷惑であります。

だからといってそのような自殺的労働に依存している核の現実に変更はありません。ところで、作業員が体調不良の場合、元請け企業は彼を東電指定のお医者さんのところに連れて行くことになっていますから、「医師」は患者の被爆線量を測定しようとしたり内部被曝を調べたりすることはありません。元請け企業が提出する、しばしば過小な記録を鵜呑みにすることになっています。核発電所は石よりも固い意志を持った医師で出来た防波堤に守られています。

いずれにしても東京電力やお医者さんなどの「プライバシーの問題」があるもんですから、東電はこの問題にはこれ以上関わらないことをここに宣言しました。というのも、東電のために医学的な助言をしてくれる「医師」が「複数」存在するようなのですが、この「医師」もしくは病院を特定することは、「数年」の「潜伏期間」の後では多くの人にとって重要な問題となることが明らかであるからです。


posted by 珍風 at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのお医者サンも言ってますがゲンパツ作業では被曝してないがゲンパツ事故で被曝した可能性があるので個人情報はお教えできません。つかどうせ医者にテキトー喋らせてウヤムヤにするんだからハナから心不全とか何とか言っときゃいいのに。
http://onodekita.sblo.jp/article/47638390.html
Posted by ika at 2011年08月31日 13:11
成る程たしかに、よく「白血病」と言ったな、とは思うけど、これは今後大量発生する白血病と原発事故の「因果関係」を丸ごと否定する布石。でもギモンが一杯で逆効果。

急性骨髄性白血病なら発症1週間で死亡はアリか。おっかねえな。この患者さんにこれ以前に原発での作業の履歴がない、というのが本当であるとすると、更におっかないわけだ。急に具合が悪くなったと思ったら1週間くらいで死んでしまうというメに遭う可能性が広がるわけだね。
Posted by 珍風金欠病 at 2011年09月01日 06:38
医療裁判で体験し、アスベスト認定で体験した。医師会と医師、厚生労働省金権組織の関係は絶対値です。アスベスト認定では中性脾腫がアスベスト被害認定になっている。「健康手帳受理した人に聞いてみると、わしは中性脾腫症状がないから手帳を貰うとると」すなわち、アスベスト判定医が限定され、中性脾腫をアスベスト被害に限定した政府厚労省は被害者の事実を差し替えたものです。アスベストを多量に吸引暴露しているものが、多く中性脾腫症状がないことをマスコミは直視することが絶対値。もって今回の被ばくによる放射能汚染が社会常識では、急性白血病は当然の危険事実と考えられるにもかかわらず、東電あるいは政府暗黒組織による指図による証拠隠滅診断と言わざるを得ません。政府民主党で純粋に立ち向かった管直人を糾弾した国会議員ら、マスコミの責任は甚大であると考えている。合掌
Posted by 東海幸太郎 at 2011年09月02日 04:29
東海幸太郎さんこんにちは。アットホームなホームページですね。ブログはこちらでしょうか。
http://iryoujiko.blog5.fc2.com/

医療といえば甲府病院のテクネチウム過剰投与という信じられないようなことがありましたけど、ああいうことをする人は多分、沢山入れても「安全」だと思ってたんでしょうね。「安全神話」をすっかり本気に受け取ってしまうというのが、日本の医療関係者のレベルであるようです。大学でウソを教わってきて、疑いもしないようです。
Posted by 素直な良い珍風 at 2011年09月02日 06:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。