2011年09月10日

空気は読むものじゃなくて吸うもんだろ?

鉢呂経産相:「死の町」発言を撤回 野党は「お前が死ね」


 鉢呂吉雄経済産業相は9日の閣議後会見で、東京電力福島第1原発の周辺地域について「死の町」と発言した。野田佳彦首相は同日、訪問先の三重県紀宝町で記者団に「不穏当な発言だ。謝罪して訂正してほしい」と要求。これを受け、鉢呂経産相は同日午後、「被災地に誤解を与える表現だった」と陳謝し、発言を撤回した。しかし、野党は「大臣として失格」(自民党の大島理森副総裁)と批判を強めており、臨時国会で首相の任命責任を含めて厳しく追及する構えだ。

 鉢呂経産相はは9日午前の会見で、首相に同行して8日に福島第1原発などを視察した際の印象について「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形でした」と発言。2度目の会見では「軽率だった。被災をされている皆さんが戻れるように、除染対策などを強力に進めるということを申し上げたかった」と釈明した。

 一方、藤村修官房長官は9日の記者会見で、鉢呂経産相が佐藤雄平福島県知事に対し、謝罪の電話をしたことを明らかにした。その上で「ただちに(経産相としての)適格性につながるとは思わない」と閣僚を辞任する必要はないとの認識を表明。一川保夫防衛相の「素人だが文民統制」など問題発言が続いていることを踏まえ、近く各閣僚に発言に注意するよう求める考えを示した。

 鉢呂経産相の発言に対し、野党は一斉に反発した。自民党の逢沢一郎国対委員長は9日、記者団に対し「(被災地の)希望を打ち砕く暴言で、首相の任命責任を問わざるを得ない」と批判。公明党の斉藤鉄夫幹事長代行も、取材に対し「被災者の心を踏みにじる発言だ。大臣として不適任で、首相の任命責任も問われてしかるべきだ」と断じた。【影山哲也、念佛明奈】

2011年9月9日 毎日新聞



またもやユッキーナ的な「軽はずみ」な発言であります。といっても、木下優樹菜さんが「するような」軽はずみな発言というわけではなく、木下優樹菜さんが「言う意味での」軽はずみな発言、つまりつい口が滑って本当のことを言ってしまうことですが。

このような「軽はずみ」は非難されます。てゆーか単に非難だけで済めばめっけもんで、命拾いをしたというべきでしょうが、「非難」は最初、ドジョウ倶楽部から出てきたわけでもありませんし、野党から出てきたわけでもありません。

配慮を欠くとの批判も出そうだ。
共同通信

担当閣僚自身が周辺地域を「死のまち」と表現したことは波紋を呼びそうだ。
『讀賣新聞』

担当閣僚の発言として配慮を欠くとの批判も出そうだ。
『毎日新聞』


そうだ村の村長さんはソーダ飲んで死んだそうですが、マスゴミの記者さんたちが豊かな責任感を所持しておられることは言うまでもありません。一に責任、二に責任であります。書いた以上は「波紋」が起きなければ責任問題です。そこで記者さんたちは手に手に「波紋」を持って、何か言われたらとりあえず謝ってしまうドジョウ倶楽部と何でもいいからひと言いいたい大島さんのところにそれぞれ届けにいって、無事に波紋を広げることが出来ました。

これが男の責任の取り方というものです。何だか違うような気がしますが、しかしデキるヤツはひと味違います。優秀なるマスゴミ記者さんはすかさず二の矢を放って責任を全うします。

鉢呂氏「放射能はうつる」と発言 政府、与党に防護服


 鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発の視察を終えた8日夜、都内で報道陣の一人に防災服をすりつけるしぐさをし、「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことが9日分かった。与党幹部が9日夜、「事実なら厳しい」と述べるなど、政府、与党内に進退問題に発展するとの見方も浮上した。野党は「死の町」発言と合わせ、13日召集の国会で追及する姿勢を強めており、野田佳彦首相が厳しい判断を迫られる可能性も出てきた。

2011年9月10日 共同


責任感が強いワリには相当にニブい人たちで、8日の夜にマスゴミの人が自分で経験したことが「分かった」のは翌日です。これでよく生きていられるものだと思いますが、マスゴミ連中は相互に接続しているので脳が処理し切れないのかも知れません。彼等が何となく砂時計のような顔つきをしているのもあながち故なしとはしないわけですが、みんなで同じことを書くためにはそうするしかありません。

今どき「砂時計」なんか出ないのかも知れませんが、鉢呂さんとこのような「接触」のあった「報道陣の一人」というのがどこの社の誰のことなのか、もうよく分かりません。彼等の記憶は共有され、人格は統合されました。誰であっても同じことです。鉢呂さんは顔見知りの記者と話していたと思っているのかも知れませんが、それは巨大な共生体の一部だったのです。

あまりにも巨大なので総身に知恵が回るには1日かかりますが、回ったからにはまず「与党幹部」のところに行って、この件を報道することを知らせました。そして記者さんとしては「進退問題に発展するとの見方」を「浮上」させることをここに誓うのです。彼等は責任を取ることでしょう。

もちろん鉢呂さんがこのヘンなイキモノを敵に回したのには十分な理由があります。

将来は「脱原発」=上関の建設は困難−鉢呂経産相が失言


 鉢呂吉雄経済産業相は5日、報道各社のインタビューで、将来は「脱原発」を目指す考えを表明した。また、中国電力上関原発(山口県上関町)の建設計画について「計画段階のものについては、新しく建設することは難しいのではないか」と指摘した。


 同計画は、瀬戸内海に面した上関町内に原発を2基新設するもの。中国電は1号機の2018年運転開始を目指して建設準備工事に着手していたが、3月の東京電力福島第1原発の事故を受けて工事を中断している。


 鉢呂経産相はまた、建設中の電源開発大間原発(青森県大間町)と中国電力島根原発3号機(松江市)の建設差し止めを求める可能性を問われ、「(東日本大震災後に)建設を凍結している段階であり、どう考えるかは今後十分検討していく」と語った。


 野田佳彦首相は2日の就任会見で、原発について「寿命が来たら廃炉、新規(建設)は無理」と明言済み。これに関連した「時間がたてば原発はゼロになるという考えか」との質問に対し、鉢呂経産相は「基本的にはそういうことになる。野田首相は、そういうふうに言っていると理解している」と述べた。

2011年9月5日 時事


俳優だろうが政治家だろうが「脱原発」とか言うとこういうメに遭うぞ、ということです。1週間とかかりません。連中の緩慢な情報処理速度から考えると、これは主観的には「即時対応」が行なわれた、というべきなんでしょう。鉢呂さんは世の中を甘く見ていたようです。菅さんだって退陣を表明した後でなければ「脱原発」とは言えなかったのではないでしょうか。いくらマスゴミの世論調査で「原発停止」の支持が多かろうとも、核発電に異を唱える人は彼等の敵となります。

そこで鉢呂さんは発言に気をつけるべきだった、と言えないことはありません。しかし「死の町」のどこが問題なのかよく分かりません。何をどう言ってももう遅かったのかも知れませんが、「誰もいなくて清々しかった」とか「空気が美味しかった」とか言えば良かったのかも知れません。「福島の美味しい空気」を缶詰にして報道陣に配ればなおのこと好感度が増す、とも考えられます。「空気の缶詰」ってバカバカしくて買う気がしませんが、福島のだったら本当に効果が期待できそうだから売れるかも知れません。ソーダよりも毒性が強そうだ。


posted by 珍風 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。