2011年10月02日

「奇跡の54歳」見たくもネーゼ

プルトニウム、飯舘村まで悲惨=原発事故で、泥鰌から検出−文科省


 文部科学省は30日、福島第1原発周辺で行った土壌調査の結果、原発事故で飛散したとみられるプルトニウムが福島県双葉町、浪江町と飯館村の計6カ所から検出されたと発表した。原発敷地外での検出は初めて。沈着量はいずれも、過去に海外で行われた核実験で日本各地に降ったプルトニウムの測定値の範囲に収まっているという。

 飯舘村の1カ所は原発から40キロ以上離れていた。プルトニウムは粒子が重く、遠くまで飛散しにくいとされ、爆発を伴った事故の大きさが改めて浮き彫りになった。

 調査では6月6日〜7月8日、福島第1原発から80キロ圏内にある市町村の100カ所で土壌を採取。プルトニウムなどの量を分析した。

 その結果、3町村の各2カ所で1平方メートル当たり最大4.0ベクレルのプルトニウム238を検出した。事故以前の測定値に比べ、同239、同240に対する比率が大きいことから、今回の事故で新たな沈着があったと判断した。

 沈着量が最も大きかった浪江町の地点で、仮に50年間滞在した場合、同238の被ばく線量は0.027ミリシーベルトにとどまるという。

 また、45カ所ではストロンチウム89を検出。半減期が約50.5日と短いことから、事故後に沈着したとみられる。 

2011年9月30日 時事



Pu238は原子炉で生産されるプルトニウム中の2%程度なんだそうですから、全体で検出されたPu238の50倍の量のプルトニウムが存在すると推認されます。「事故以前の測定値に比べ、同239、同240に対する比率が大きい」というのは、「事故以前」のプルトニウムが核実験によるものであると考えられているようなのですが、核爆発の場合はPu238の生成はほとんどないわけです。

小出裕章さんによると軽水炉で生産されるプルト君たちの割合は

238  2%
239 58%
240 24%
241 12%
242  4%

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/Pu-risk.pdf

5ページの表に「1mg中の放射能」が出ていまして、それによるとPu238は1mgで「1.3×10の7乗」Bqですから13,000,000Bqですか。そうすると「1平方メートル当たり最大4.0ベクレル」だってえんですから、そこに存在するPu238は0.00000031mg。プルト君みんなで0.0000155mg。

内訳は

238 0.00000031mg
239 0.00000898mg
240 0.00000372mg
241 0.00000186mg
242 0.00000062mg

であります。

ところでPu239を吸入する場合、年間摂取限度が0.000052mgでありますが、半減期が短いと放射能が強いとかプルト君それぞれに事情というものがありますから、みんなの摂取限度を放射能の強さの比で推認してみますてえと

238 0.00000511mg
239 0.000052mg
240 0.00003427mg
241 0.000754mg
242 0.01311304mg

そこでPu238は16年分しかありませんがPu239は6年分であります。てゆーか6平方メートルで1年分になっちゃう。まあこのくらいあることが推認されるわけですが、これがそんなに「少ない」と言って良いのかどうか、福島県では呼吸をしないことにした方が良さそうであると推認されます。外気を呼吸しないためにはこんな方法がオススメです。

西山前審議官にカツラ着用禁止1カ月 勤務中に呼吸管理


 経済産業省は30日、週刊誌で女性問題が報道され、海江田万里元経産相から厳重注意された西山英彦前審議官(54)=大臣官房付=を同日付で停職1カ月の懲戒処分にした、と発表した。省内で報道について事実関係を調査した結果、勤務時間中の不適切行為があったと認められたため。

 経産省によると、西山氏は今年3月下旬から6月にかけて相当な回数、経産省内の執務室で、勤務時間中に女性職員と抱擁と口づけをした。女性職員も同日付で訓告処分を受けた。

 西山氏は東京電力福島第一原発が事故を起こした直後の3月13日以来、原子力安全・保安院の記者会見で報道対応を務め、知名度も高かった。女性問題報道が発覚し、6月29日に報道対応を外れた後、待機ポストの大臣官房付にされていた。

 西山氏の処分について、枝野幸男経産相は「今後二度と起こらないよう、全職員に規律徹底を図る必要がある。特に(原発事故で)被害を受けられた福島をはじめとする住民に改めておわびする」と述べた。

2011年9月30日 asahi.com


「相当な回数」の「口づけ」をすることが大切であります。もちろん勤務時間外には執務室の外で「相当」どころではない「回数」があったものと推認されますが、いくらなんでもお互いに二酸化炭素を吸い合っているのでは問題が生じる場合もあるでしょう。西山さんの現状から、髪の毛が抜けるなどの弊害が存在することが推認されます。いずれにしてもお元気そうで何より、Pu238を使った原子力電池はビンビンだぜ。健康が第一とはいえ、僕たちの健康には気を遣わないものと推認されているようで、おかげでバッテリーは貧貧だぜ。


posted by 珍風 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。