2011年11月14日

通商とは他の手段をもってする戦争の継続である

外務省、日米首脳会談に関するアメリカ側の報道発表について否定する恒例のコメント


ハワイで12日に行われた日米首脳会談に関するアメリカ側の報道発表について、外務省は、「事実と異なる」として否定する異例のコメントを出した。

首脳会談では、野田首相が「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加に向けて、関係国と協議に入る」意向を伝え、オバマ大統領は歓迎する考えを示した。

首脳会談のあと、アメリカ政府は報道向け資料を出し、「野田首相が『全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる』と述べ、オバマ大統領は歓迎した」と発表した。

これに対し、外務省は「事実無根だ」として抗議し、アメリカ側は「そうした事実はなかった」と誤解を認めた。

オバマ大統領は会談の中で、「全てのTPP参加国は高い基準に合うよう準備しなければならない」とくぎを刺しており、今後の協議で、日本に対して市場開放を強く迫るのは確実で、その姿勢が報道発表に反映されたとも言えそうだ。

一方、APEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議が12日夜、オバマ大統領夫妻が主催する夕食会で開幕した。

野田首相は、一連の会合の中で、各国首脳に対してTPP交渉に参加する方針を伝えることにしている。

2011年11月14日 FNN


アメリカ政府の発表はそんなに間違っているというわけでもありません。ノダイヌがオバマさんに何を言ったのかは不明ですが、報道では「TPP交渉参加に向けて、関係国と協議に入る」と言ったことになっています。しかしいずれにしてもアメリカは日本がTPPに参加する意向を表明したと解釈するでしょうし、ノダイヌもそれを期待していることは間違いありません。

現時点でノダイヌの生存領域は国内外での解釈の違いの隙間にあります。アメリカにとっては日本が「TPP交渉参加に向けて、関係国と協議に入る」ということは「全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」ことを意味します。まあ、「どうせそうなるんだから」という意味も含めてですが、しかし、ノダイヌは「全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」という発言そのものはしていないのです。少なくとも自分からはしていませんし、「まだ」していない、ということでしょう。

アメリカも日本もとりあえずは国内向けのアナウンスを済ませましたが、しかし物事には原則というものがあって

TPP、9カ国が大枠合意=米大統領「来年中に結果を」−野田首相は陰で吠える


 【ホノルル時事】米国やオーストラリアなど環太平洋連携協定(TPP)拡大交渉に参加する9カ国は12日午前(日本時間13日未明)、当地で首脳会議を開いた。オバマ米大統領は会議で、9カ国首脳は高いレベルの経済協定実現に向け「大枠合意に達した」と宣言した。その上でルールの詳細をめぐる作業は残っているものの、最終合意できると「確信している」と強調した。

 オバマ大統領は会議終了後のアジア太平洋経済協力会議(APEC)関連行事で、TPP交渉について「来年中に結果を出したい」と表明。来年夏までに合意文書をまとめるとの目標を掲げた。

 TPP首脳会議終了後に発表された共同声明は、「アジア太平洋地域の貿易・投資の自由化へ、包括的で次世代の課題に対応した地域協定を確立する目標を共有した」と表明。関税撤廃などの具体的なルールの策定に向けて必要な作業を「可能な限り早く」進めるとの方針を示した。

 一方で「各国は(国内産業への配慮などから)慎重な取り扱いが必要なさまざまな問題を抱えている」と指摘、協定を包括的でバランスの取れたものにするため「各国経済の発展度合いを考慮し、適切な方法を取る」とし、交渉参加国のうちベトナムなど新興・途上国への配慮もにじませた。

 コメ問題などを抱える日本にとっては、関税撤廃の例外項目の設定を示唆する表現が盛り込まれたのは歓迎すべき点といえそうだ。しかし、交渉に参加した場合、米国に次ぐ経済規模を持つ日本へは、厳しい要求が突き付けられる可能性もある。 

2011年11月13日 時事


ノダイヌが国内向けに何を言うかなどアメリカの知ったことではありませんが、とにかく「大枠合意」には達していて、これには変更はありません。しかしノダイヌが「出席できず」てゆーか出席しなくても良くなったのは彼にとって幸いでした。「大枠」とは「全ての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」ことに他ならず、そんなところに顔を並べていては「誤解」の余地はありません。

時事さんは「厳しい要求が突き付けられる可能性」「も」「ある」としていますが、ここはゴマカシようはなく、厳しい要求が突きつけられる可能性しかありません。声明では「経済の発展度合いを考慮」するとしていますが、日本が「発展」の峠を越えて下り坂に入っていることを「考慮」してくれるかどうかは補償の限りではないのです。むしろいち早く衰退局面に入ることは、それだけ「発展」が進んでいる、と見ることも出来ますから注意しなければなりません。

いずれにしても政府とマスゴミはゴマカシたりウソをついたりするのかもしれませんが、それは今までと同じだったりします。もとより日本の外交、特に安全保障分野においてはむしろそれは伝統的なもので、虚偽と密約でずっとやってきた事実があります。巷間TPPも安全保障に絡めた議論が行なわれているようですが、つまり同じ手法を使うということのようでありまして、これが日米関係の原則というものだそうです。


posted by 珍風 at 07:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マツシタコーノスケサンはたいした製品でも無い物をさも素晴らしい商品であるかの様にウソをついて売り込むのがお上手だった様ですが、マツシタセーケージュク出身者はドジョウサンや前なんとかさんを筆頭にウソがヘタな方が多い様です。どうせバレてるウソなんだから、ここは正直に「ニホンジンはアメリカの奴隷です。奴隷がご主人様に逆らえる筈がありません」ぐらい言ってもらうと全国民ナットクしそうなもんですが、それもウソだろ?とか言われる可能性もあるので、どのみち存在価値はゼロの様です
Posted by 中条きよしika at 2011年11月15日 14:41
その点この方は「奴隷がご主人様に逆らうなんてアリエナ〜イ」と非常に正直におっしゃっておられます
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/11/15/kiji/K20111115002036040.html
Posted by ika at 2011年11月16日 09:35
いやいや、「フタマタ」の伝統は確かに息づいておるのです。それに比べると石原さんはタ〜ンジュン。
Posted by そんな女もいたっけな珍風 at 2011年11月21日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。