2012年01月17日

あこがれの北海鮮

戒告処分は裁量範囲内=減給以上は原則認めず−君が代不起立訴訟で初判断・最高裁


 校長の職務命令に反し、君が代斉唱の際に起立しなかった教職員らの処分が不当に重過ぎるかどうかが争われた3件の訴訟の判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は16日、「戒告処分までは基本的に懲戒権者の裁量の範囲内」とする初判断を示した。

 減給や停職など、戒告を超える処分については「過去の処分歴などに照らし、処分の相当性を基礎付ける具体的な事情が認められる必要がある」として、過去に重い処分歴があった場合などを除き、原則として認められないとした。

 その上で、東京都立学校の教職員計169人に対する戒告処分を取り消した2件の東京高裁判決を破棄したが、うち1人の減給処分を取り消した判断は維持した。別の東京高裁判決で停職処分が容認された教員2人については、1人の停職を取り消し、もう1人に関しては過去の処分歴などから取り消しを認めなかった。

 裁判官5人中4人の多数意見。宮川光治裁判官(弁護士出身)は「不起立行為に対しては注意や訓告が適切であり、たとえ戒告処分であっても懲戒処分を科すことは重過ぎる」とする反対意見を述べた。 

2012年1月16日 時事


これは要するに「大したことじゃないじゃん」という意味ですね。「学校行事の秩序を一定程度損なうが、個人の歴史観や世界観に起因し、積極的妨害はなく、どの程度の混乱を招いたかの評価は困難」なんだから、橋下さんが言うように「君が代を立って歌わないことについてぐちゃぐちゃ言うような」バカな騒ぎはやめたらどうか、というわけでしょう。

これは訴訟が起こされること自体の効果を考慮に入れたものです。処分と訴訟が繰り返されることによって、「国旗」や「国歌」が専ら「国民」に対する「踏み絵」として機能していることがその都度明らかにされるんですが、それはついには「自然で自発的な国歌斉唱こそ望ましい姿ではないだろうか」(中日新聞社説)などという美しい神話をぶち壊しにしてしまうでしょう。一方で判決では「処分」そのものを否定してません。戒告まではやっちゃっていいんですし、それについて争うことが出来ない、裁判起こすな、というご趣旨であります。要するに学校とかいうところで行なわれていることを、これからはなるべく隠すようにしなさい、ということです。

一方では起立しないことについては「積極的」ではないにしても「妨害行為」であると認定しているようにも読めるようです。もっともこれは「秩序を一定程度損なう」というくらいのものであって、立ち上がることも発声することも出来ない障害者がそこにいたとすれば発生したであろう程度の「損害」でしかありません。もっとも、全員が一糸乱れぬ統一行動をやらないと気が済まないような感覚を故国で育成されてきた工作員のみなさんにとっては、これが天地動転の「大問題」であることは想像の範囲内であります。

というわけで障害者は収容所の焼却炉で処分ですが、ともあれ、金築さんたちによるこのように深い思慮と配慮に基づいた判決、これを理解できない人は無闇に熱くなってしまいました。なんたって加熱器の判決ですから仕方がありませんが、アタマが悪いったらありゃしない。

 判決は、悪質性の判断基準として、式典で教員が起立しないことが、学校の儀式的行事の秩序や雰囲気を損なうことを認めながらも、「積極的な妨害ではなく、物理的に式次第の遂行を妨げるものではない」と指摘。しかし、教育評論家の石井昌浩氏は「積極的だろうが消極的だろうが妨害行為に変わりはなく、校長が不起立教員に対して、適切な指導ができなくなる恐れがある」と懸念。「極端な話、教員が全員起立しなかった場合も『消極的妨害』なのか」と疑問を呈す。

2012年1月17日 産経ニュース「教育に悪影響、批判も 国旗国歌訴訟 積極的妨害は厳罰可能」


人間熱くなると碌なことにならない例です。「積極的だろうが消極的だろうが妨害行為に変わりはなく」などと言ってしまうのが熱くなっている証拠なのか、工作員の地金が出たのかは不明でありますが、「極端な話」をしてしまうあたり、実際のところ大変に恥ずかしい「話」で、後でこれを隠したくなった石井さんが記事の公開を止めてくれとか言い出さない前にここに保存してしまいました。

石井さんは思わず「教員が全員起立しなかった場合」を想定してしまったわけです。この場合は「教員が全員起立しない」ような式典を強行しようとする側に問題があることは明らかですが、石井さんはそうは思わなかったようです。なるほどさすがは「国民」がひとり残らずスキあらば逃げ出そうとしていると考えて川を見張っている国の工作員の考えることは違うものだ、などと、僕などは感心をしてしまうわけですが、勝手に工作員認定したりしてネトウヨみたいで申し訳ありません。本当は「拉致問題」さえ「解決」すれば、あの国とはいつかきっとなかよくなれるはずなんです、日本の「奴等」は。


posted by 珍風 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。