2012年02月13日

黒い絨氈(笑)またはヘアヌード

橋下市長「日本もまだ捨てたもんじゃない」


 地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は12日、次期衆院選に向け3月24日に開講する「維新政治塾」について、10日の締め切りまでに3326人の応募があったと発表した。

 想定を大幅に上回ったため、維新側は約400人の定数枠を撤回し、大半を受け入れる方針だ。

 維新によると、応募者には複数の現職国会議員のほか、中央官僚や地方議員などが含まれているという。ただ、既成政党との距離を取るとして、現職の国会議員の入塾は認めない方向だ。受講料は年間12万円。

 維新は次期衆院選で、「300人擁立・200議席獲得」の目標を立てており、月2回程度の講座のほか、街頭演説やディベートなどを通じて塾生を評価し、候補者を絞り込む。

 橋下市長は13日午前、報道陣に対し、「短い間に『やってやろう』という人がこれだけ集まるとは、日本もまだまだ捨てたもんじゃない。日本の政治が全く信用されていないのではないか」と語った。

2012年2月13日 讀賣新聞


「日本もまだまだ捨てたもんじゃない」と思っているのがどこのどなたか存じませんが、結構な釣果を上げている模様です。もっとも、甘味のありそうなところにアリが群がるのは世の常であります。もちろんこのアリどもを10%くらいに篩に掛けて、そのまた数%が国会議事堂をウロチョロするようになったりするのかもしれませんが、橋下さんご自身はどっかの「塾」だか「試験」だかを立派に及第した模様です。

それはともかくとして、アリの中には民主党の議員さんもいたようです。

ナ、ナ、ナント! 民主党現職議員が政治塾に応募 次期衆院選にらみ?


橋下徹大阪市長率いる地域政党「大阪維新の会」の政治塾に、兵庫4区選出の民主党衆院議員、高橋昭一氏が応募していたことが関係者への取材で13日、分かった。

一方、維新の会の幹事長、松井一郎大阪府知事は同日、応募してきた高橋議員に関し、「遠慮してほしいと言おうと思う」と述べ、入塾を認めない方針を示した。

「政治塾で政策をまとめる。現職国会議員としての今の政策はどうなるのか」と述べ、政策の整合性が取れなくなる可能性を理由に挙げた。府庁で記者団に答えた。

これに関連し、代表を務める橋下市長は同日、塾生を絞り込む最初の中間試験を5〜6月に実施すると表明。考査の過程は公開し、年間12万円の塾代は運営費のほか各種選挙を含む同会の活動費に充てる考えを明らかにした。市役所で記者団に述べた。

2012年2月13日 産經ニュースwest


やはりこれはどっちかというと高橋さんがおかしいんでしょう。そんなに橋下さんが良ければ民主党を抜けて「大阪維新の会」に入ってしまえばよいので、これから議員になってやろうという人の邪魔をするべきではありません。したっていいですけど。それとも高橋さんは「大阪維新の会」から入党をことわられたので「塾」の方に応募してみたのでしょうか。そうだとするとこれもかなり間抜けであります。

ところで松井さんは「政治塾で政策をまとめる」と言っていますが、必ずしもそうでもないようです。実際には大枠は決まっているわけで、「塾」では細かいところを詰めていくのかもしれませんが、応募者の方でも大体のところは分かっているんでしょう。

TPP参加、日米同盟基軸…維新が国政公約骨格


 地域政党・大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は10日、次期衆院選で掲げる公約に、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加と、日米同盟を基軸とした外交政策を盛り込む方針を明らかにした。すでに首相公選制や年金の掛け捨て制導入なども打ち出しており、国政進出を目指す維新の公約「船中八策」の骨格がほぼ固まった。

 橋下氏は同日、市役所で報道陣に対し、TPPについて「基本的には参加だ。ヒト・モノ・カネの移動は国境を意識せず、日本の外から付加価値を取り込む」と表明。農家を中心に反発も出ているが、「一部の人は痛みを伴うかもしれないが、将来的には必ずプラスになる」と語った。

 安保政策では「日本は自主自立の防衛力を持たない。(米国に)頼らざるを得ないのが現実だ」と述べ、日米同盟を基軸とする外交を支持。ただ、米軍普天間飛行場(沖縄県)などの基地問題については「個人的には考えがある」としながらも、維新内部での議論を深めるとして明言を避けた。

 維新はこのほか、地方交付税の廃止や道州制への移行などを公約の柱として打ち出す方針で、橋下氏は「この部分が変われば日本は変わる」と話している。

 高所得者には年金を支給せず、保険料が掛け捨てになる制度や、資産への課税制度、教育委員会の設置を自治体が選択できる制度などの政策は賛否が分かれそうで、他党との連携も焦点となる。

2012年2月11日 讀賣新聞


これが人気の秘密です。日本で政治屋が甘い汁を吸うにはこれしかありません。TPP参加と日米同盟。これさえ押さえておけばスーパーウルトラデラックスダイヤモンドエグゼクティヴハイクラス。世界の金持ちはあなたの味方、世界中のビンボー人があなたの奴隷です。もっとも、あなたは奴隷の頭というか、奴隷を管理する奴隷でしかありませんが、それでも旨味がたんとあります。逆にこれを外すと、あなたは日本のビンボー人のために働かなくてはならず、損な役回りに甘んじることになってしまうのです。それでは何のために12万円も払って政治屋さんになるのかわかりません。

この「外交政策」によって、橋下さんは自民党や民主党といった、日本を任されて来た歴代の政党と同じであることが明らかとなりましたので、アリさんたちもアメリカさんたちも安心であります。橋下さんとしては都合の悪いことは「明言を避け」ていますが、ほとんど「明言」したのと同じであります。まあ、橋下さんは「明言」がウソだったりすることも厭わない三百代言ですから、「明言」にあまり意味はありませんが。

日本の「原発」は「日米同盟」の一部ですから、「脱原発」は「脱日米軍事同盟」を意味します。軍事同盟がある限り、いくら国民投票をしても、東電が心を入れ替えても、「脱原発」の実現には困難が伴います。一部の人は痛みを伴うかもしれませんが、将来的には必ずプラスになるでしょう。それはともかく、「脱原発依存」はやっぱり「脱原発」ではなかったのです。政権でも獲得した暁には「脱原発」に「依存」することからも「脱」することが出来そうなので何よりです。

この前提の上で、アメリカ資本による日本人被雇用者の生活保障責任を解除し、日本政府が肩代わりする制度としての「思いやりBI」があり、そして勿論「押しつけ改憲」も実現させますよ、というわけで、色んなアイデアを使ってアメちゃんに御奉仕するサービス精神は至れり尽くせり、お客さまに「感動」を与える、といったところでしょうか。意味が分かりませんけど。

もっとも、橋下さんもアリさんたちもこれで安泰というわけではありません。むしろ基本的な政策が自民党とも民主党とも大して違わないことになってしまったのです。「首相公選制」に限っては、確かにこれを強く主張する人は少ないようですが、こんなのは橋下さんが首相になるための「政策」ですから、ご愛嬌みたいなもんです。まあ、何も代り映えがしないからこそアリさんたちも集まって来たんでしょうが、同じ理由でアリさんたちはどこにでも引っ越してしまうのです。もしかしたら象さんの方がもっと好きなのかもしれません。破産しましたが。


posted by 珍風 at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはアメリカ・財界・官僚に気を配った素晴らしい公約です。ここの機嫌さえ損ねなければマスコミも当然今まで通りヨイショしてくれますので安心して政治活動に専念することが可能です。後、鬱陶しいのはガッカイと広域ヤクザ辺りでしょうが、そんなものは目的達成後何とでもなるでしょう。で、種々挙げているこの公約の中で実は最大にして唯一氏がやりたい事は明治以降、テンノーですらその座に無かった公選制によって選ばれる真の支配者の座に就く事だと思われます。派閥の均衡や党員サポーター選挙などで選ばれる様な且つ1年やそこらでクビが飛ぶ様なチンケな首相ではなく、全国民の民意を受けて選ばれる存在なのですから、民主主義国家である以上これは誰にも逆らう事ができません。勿論改憲が必要ですので、その手段として既存政党の改憲論者の協力を得る為に9条改定でも政教分離の撤廃でも基本的人権の制限でも何でもやります。と言うか人権制限等は望む所でしょうが。で、その座に就いてしまえば後は人気のある間に再度改憲して首相任期を無期限にすれば首相改め総統の座は安泰であり、ここで民主主義国家としてのニッポンは晴れて終了ですが、どうせそんなものは幻想だったのでどうでも良いことでしょう。で、好きなだけ法改正する事で当面の敵対勢力や潜在的敵対勢力を潰すか懐柔した後、そこまでして得た座で氏が全能の支配者として何をやりたいのか、神でも仏でも無いアタシなどには全く想像も付きませんが、反ハシモト派として強制収容所にでも送られているぐらいの未来予想は可能です。と言う訳でハシモト支持者の皆様方は本人が認識されるかどうかは別として従順な羊としての人生をエンジョイして下さい。とは言えハシモト氏自身もアメリカの羊であることは一生変えられないでしょうが、それはそれで仕方の無い事と割り切ってアジアの島国の王者としての人生を謳歌されることでしょう。ただし何かの気の迷いで海外に軍事的侵略などを実施した場合には間違い無く悲惨な未来が待っておりますので、それだけは止められた方が良いのでは。と老婆心ながら
Posted by ikez@妄想爆発 at 2012年02月14日 11:25
ブログのエントリ1本分に比すべき「妄想」は圧巻でありますな。そいじゃ僕だって「妄想」申そう。
Posted by 珍風涙もうそう at 2012年02月15日 06:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。