2012年05月08日

二人組のチンピラに襲われてお嫁に行けない体になりませり

橋下市長 抗議あった家庭教育条例案白紙


 橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会大阪市議団は7日、総会を開き、議会提出する意向だった家庭教育支援条例案を白紙撤回し、内容を抜本的に見直す方針を決めた。

 市議団の美延映夫幹事長は総会後、記者団に「全くの白紙に戻して考える。専門家の話を聞いてから、提出するかどうかも含めて決める」と述べ、提出取りやめの可能性も示唆した。

 総会に先立ち、発達障害がある子の親らでつくる市民団体が条例案提出中止を求める要望書を市議団に提出。美延幹事長は発達障害をめぐる条例案の規定に不備があったとして「迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝した。

 学習障害(LD)がある子の親で作る「全国LD親の会」の内藤孝子理事長は市役所で記者会見し「発達障害は脳機能障害で、親の教育とは関係がない。条例案は根本から違っている」と批判した。(共同)

 条例案の原案は「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因」などと明記していた。

 橋下市長は7日午前、記者団に「発達障害の子どもを抱えるお母さんに、愛情欠如だと(条例が)宣言するのはちょっと違うのではないか」と指摘。同時に「子育ての方法について条例でルール化するのはどうなのか」と疑問を投げ掛けていた。

 市長は原案に盛り込まれた保育園児らの保護者を対象にした「1日保育士体験」の義務化についても「保育所などに(保護者の)受け入れ義務を課してしまう。対価を払うとしたら財政的な問題も出てくる」と指摘した。(共同)

2012年6月7日 共同


「異心の会」というのはオソロシイ所で、橋下さん以下の人しかいない様です。そしてそもそも橋下さんからしてそれほど大したお方ではないんですから「政治家になる心の準備のないまま議員となり、途方に暮れる市議が増えている」のも仕方のないことです。

なにしろこの条例案の作成にあたって「専門家の話を聞いて」いなかったようなのですから話になりません。これから「専門家の話」を聞きに行くのかもしれませんが、全くのド素人がいい加減な思いつきで「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因であると指摘され、また、それが虐待、非行、不登校、引きこもり等に深く関与している」などと条例で規定してしまおうとしたのですから、これはもう流石というか土石流というか、素人さんは怖いね。

ついでに「発達障害」が「わが国の伝統的子育てによって予防、防止できる」などと書いてあるんですが、まあ、これも保守系の教育業界ではよくある話で、こういうことを本に書いたりすると一定のマーケットにはウケがいいわけで、一種のサービスみたいな文言なわけですが、どうも「異心の会」の連中はこの手の「内輪のネタ」を本気にしてしまっているようなのです。

もっとも、世の中には当の「発達障害」が身近にいる人が沢山いるわけですし、「専門家」にも事欠きませんから、キチガイのやらかしたマチガイは直ちに指摘されることになっています。むしろ「撤回」は予見可能であった、というべきでしょう。これは何も僕が予見していましたよ、ということを言いたいわけではありません。僕は流行の「霊能者」ではないんで。二股はしますが。出来ればですが。

それはともかく「予見」していたのは橋下さんでしょう。あるいは「予定」していたのかも知れませんが、橋下さんはこの条例案に対し「義務とか好きくない」などと否定的な「感想」を言ってみたり、そうかと思えば「必要なルールなら議会でどんどんつくったら良い」なんて言ってみたりしています。これは何かというと、これこそ「わが国の伝統的子育て」に他なりません。つまり橋下さんは「やんちゃ」な「異心の会」に対して「親」のような立場にいる、ことをアピールしているようです。

そういうことをすると橋下さんがナンボかマシに見えるようになったりしますし、「愚かで乱暴な議員から市民を守る」頼りになる指導者にも見えてくるかも知れません。これは女の子を引っ掛けるために友達に頼んでその子を襲ってもらって自分はそれを救う、という方法によく似ています。そんな事を現実にやる人がいるのかどうか知りませんが、モテない男が手っ取り早く女の子をモノにするには他にどうすれば良いというのでしょうか。橋下さんの人気が下落しているのはここ最近のことなのかも知れませんが、僕なんか生まれてこのかたです。


posted by 珍風 at 05:53| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家庭教育支援条例案を提案したのは、西成区選出の辻淳子さんです。
彼女は、3人の娘さんの母親です。
Posted by at 2012年05月09日 02:56
家庭教育支援条例案を提案したのは、西成区選出の辻淳子さんです。
彼女は、3人の娘さんの母親です。
Posted by 大阪市民 at 2012年05月09日 02:56
そんなこと言うとまるで辻淳子さん一人が悪者みたいですが、他の人も賛成しちゃったんじゃないでしょうか。責任を押し付けちゃ可哀想な気もします。
Posted by 女性に優しい珍風 at 2012年05月10日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【政治】 維新の会、家庭教育条例案を白紙撤回…発達障害で批判相次ぐ
Excerpt: 1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/05/07(月) 18:27:07.38 ID:???0 ★維新の会、家庭教育条例案を撤回 発達障害で批判相次ぐ・..
Weblog: 【豆β】ニュース速報+
Tracked: 2012-05-08 12:03

愛情不足で発達障害にはならないです
Excerpt: 発達障がいの子どもを育てるのに疲れている母親のラジオ人生相談ですまずは、聴いて下さい↓発達障害の息子を一人で育てることに疲れているこのお母さんは悪くないと思いました薬を...
Weblog: 清水ひきこもり研究所          ...
Tracked: 2012-05-08 18:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。