2012年06月14日

三等独裁恐怖政治

民自公「原子力防災会議」で合意


民主・自民・公明の3党は、原子力の安全規制を担う新たな組織を設置するための法案について、平常時の防災対策を検討する全閣僚をメンバーとする「原子力防災会議」を新たに内閣府に設置することで最終的に合意しました。

民主・自民・公明の3党は、原子力の安全規制を担う新たな組織を設置するための法案を巡り、14日、民主党の仙谷政策調査会長代行、自民党の林政務調査会長代理、公明党の斉藤幹事長代行が協議を行いました。

そして、平常時の防災対策を検討する組織として、内閣総理大臣を議長に、全閣僚をメンバーとする「原子力防災会議」を新たに内閣府に設置し、副議長に、官房長官と環境大臣のほかに政府からの独立性の高い原子力規制委員会の委員長を加えることで合意しました。

また、原子力規制委員会で決定された防災指針を国や自治体が確実に実行に移せるよう、常設の事務局を内閣府に設置することでも一致し、最終的に合意しました。

協議のあと、民主党の仙谷政策調査会長代行は「平時からの訓練など、万が一の事故が起きた場合に行政として万全を尽くさねばならない。早急に新たな組織を立ち上げられるよう努力したい」と述べました。

3党の協議では、これまでに、原発の運転を原則として運転開始から40年に制限するとした規定について、新たに発足する原子力規制委員会が速やかに見直すとした規定を盛り込むことなどで合意しており、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けた新たな規制組織は、9月までに発足する見通しになりました。

2012年6月14日 NHK


「3党」の闇協議によって原子炉は「100年安心」、半永久的に稼働する事になる模様です。まあこの「見直し」てゆーか「延長」は自民党が言い出したらしいんですが、民主党執行部は特にこれに反対する理由がないのか、理由があっても反対出来ないのか知りませんが、考えてみればもはや「自民党」とか「民主党」というカテゴリーにはあまり意味がないようです。

だもんですからどこのマスゴミもこの「新しい政治勢力」のことを「民主・自民・公明の3党」と呼んでいますからそういう名前なんでしょう。「たちあがれ日本」に勝るとも劣らない珍奇な党名ですが、こういう名前の付け方は法律事務所なんかには有り勝ちですから別段異とするにも及ばないのかも知れません。とはいえ長過ぎることは長過ぎるんで、どうしても「3党」などと略称することになるのはやむを得ません。

なんだか「共産党」と区別がつき難いわけですが、「三等」と表記すると混同が避けられます。「三等首相」とか「三等政権」なんて言うことになるわけですが、実態に即しすぎていてちっとも面白くありません。いずれにしてもそんな事では放射能が怖いので美人秘書と一緒に逃げだしたくなるわけですが、よく考えてみたら美人秘書がいないかわりに美人なんだか何なんだかよくわからない女の人がベッキーのような顔もせずに同居しているので、慣れない女性の手紙文体をムリに繰り出す必要もないようです。

それにしても「平時からの訓練」が大切なんだということで、しかしそれはもうやっています。

テロ想定し伊方原発で共同訓練=県警と陸自、全国初−愛媛


 愛媛県警と陸上自衛隊は14日、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)でテロを想定した共同訓練を行った。県警警備課によると、警察と自衛隊が共同で、実際の原発敷地内でテロに備えた訓練を行うのは全国で初めて。

2012年6月14日 時事


核発電関連の記事には「東京電力福島第1原発事故を踏まえ、」と書く。これはさっきの「民主・自民・公明の3党」と同様にマスゴミのお約束で、特に意味はありません。どう考えても「東京電力福島第1原発事故」は「テロ」とは無関係です。てゆーか「テロ」としてあんな地震を起こすことが出来るのであれば大したものです。しかし陰謀論の世界ではあの地震は「テロ」であったりするのかも知れませんから、「ユダヤ人」とか「特定アジア」とか「イスラム過激派」による恐るべき「陰謀」をすっかり心配した「愛媛県警と陸上自衛隊」が「原子力防災」を先取りするのも、まあ連中ならやりかねない、という程度にはバカバカしいお話ではあります。

もっとも警察の「警備課」という所は地震を想定した訓練をしたり、電源や冷却の手配をする部署ではありませんから、僕たちは「テロリスト」による「人工地震」の心配などしなくても良いようです。そこで安心して引き続き美人秘書を募集いたしておるところでありますが、ここで何もしない前から「テロリスト」呼ばわりをされているのは核発電に反対する人たちですからそんなに安心していて良い場合ではありません。

「東京電力福島第1原発事故を踏まえ」た場合、あそこの近所には中央構造線が走っていますから大規模な地震による被害が想定されるんですが、おまけにその1号炉は臨界してから既に35年を経過しており、建築物としてはもっと経過しているわけですが、そのような老朽建築物でありまして、イザという場合にちょっとどうかと思わざるを得ないところであります。従って「テロリスト」諸君が核発電所を訪問のうえ、再稼動などしないように丁重に訴える、というような事態が想定されることから、今回の「平時からの訓練」が行なわれた模様です。

それは「テロ」ではなくて単なる「デモ」なのではないかという気もしますが、日本ではこの二つは必ずしも区別されていません。下々の国民共が生意気にも何らかの意思の表示をしようというのであれば、それは「テロ」以外の何物でもありません。爆弾を使おうが、単に集まって何かを言うだけであろうが、同じことです。

警察と軍による想定は正確であり、伊方原発は「テロリスト」諸君を誘引する危険性を有していることは間違いありません。普段は核発電に特に反対していない人でも、伊方に関しては「テロリスト」と化してしまう可能性もあります。実際のところ格納容器の脆弱性も指摘される伊方原発では、ありきたりの「安全対策」では手も足も出ないのが現実でしょう。したがって唯一可能な「対策」が「テロに備える」ことであったりしても、ある意味仕方がなかったのです。他に出来ることはありません。


posted by 珍風 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。