2012年06月30日

人質の疲れを和らげるヨガ

山本太郎の姉、大麻所持逮捕「脱原発で疲れた」


 乾燥大麻と大麻樹脂を所持していたとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は29日、大麻取締法違反(所持)容疑で、兵庫県西宮市苦楽園一番町のヨガ教室講師、山本利華容疑者(48)を逮捕した。山本容疑者は脱原発運動を進める俳優、山本太郎(37)の実姉で、容疑を認めているという。神戸地検は同日、利華容疑者を同罪で起訴した。

 それだったら、脱原発と一緒に「麻薬撲滅」も叫びたい。脱原発運動で知られる俳優、山本太郎の実姉が、大麻で逮捕の衝撃。おまけに使用した理由を「(自身も参加している)脱原発運動の疲れを和らげるためだった」というから開いた口が塞がらない。

 起訴状などによると、本職はヨガ講師という山本利華被告は、19日に自宅の食卓やソファに乾燥大麻約1・5グラム(末端価格9000円相当)と大麻樹脂約1・7グラム(同1万4000円相当)を所持したとされている。

 神戸分室が19日に利華被告の自宅を家宅捜索し、大麻が見つかったため逮捕した。利華被告は「吸うために持っていた。更年期障害や脱原発運動の疲れを和らげるために使った」などと容疑を認めている。

 捜査関係者によると、利華被告は同県尼崎市内でライブハウスも経営しており、昨年3月11日発生した東京電力福島第1原発の事故後は、脱原発をテーマにしたイベントを開催。原発再稼働に反対するデモにも参加していたという。

 自宅からは使用済みの吸引用パイプも多く見つかっており、同分室は利華被告が常習的に大麻を使用していたとみて、入手先などを調べる。

 利華被告の逮捕を受け、弟の太郎は29日、自身のツイッターで『えーっ! マジか? 逮捕されてたなんて知らなかった。ショック』と驚きを綴った。

 また、脱原発運動との関係については『何やってんだ、いい大人が。脱原発と彼女がやった事は、何の関係もない。全ては自己責任』と否定。その上で『法の裁きを受け、一日も早く社会復帰してくれ、姉よ』と締めくくっている。

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働については、16日に政府が正式決定。3号機に続き、4号機も早ければ7月17日に原子炉を起動することになっており、反対の抗議デモが全国規模で広がっている。

2012年6月30日 サンケイスポーツ


「開いた口が塞がらない」かと思いましたが、よく考えてみれば優秀なるサンスポ記者様のこと、間違いで誤った記事を書くことなんてあり得ません。何か間違っているとすればそれは何らかの高遠なる御配慮があってのことであると考えなければならないのです。

したがって、リードで逮捕が「29日」だとしているのはどういう意味なのか考えなければいけないわけで、相手の間違いを指摘して得意になっているわけにはいきません。何しろ本文ではちゃんと「19日」に逮捕したと書いてあるんですから意味深長であります。もしかするとうっかりミスなのかも知れませんが、リードでは29日に行なわれた起訴を「同日」なんて書いちゃっているわけですからウッカリとかウットリではないことは明らかです。

しかしよく考えてみると「脱原発」も疲れるかも知れませんが「原発推進」も楽ではありません。勿論29日は10万人規模のデモが予想されていたんですから、それに合わせて逮捕したことを発表するわけです。ついでにその日付で起訴をすると。それまでじっと我慢をして待っていなければなりませんが、その一方ではデモが始まる前に報道させなければならないんですからこの世で一番肝心なのはステキなタイミングです。

余裕をもって28日に報道させるのも良いかも知れませんが、事は48歳のオバサンが大麻ですから、1日経つと忘れちゃうようなネタでしかない事を考えるとそうもいきません。実際、報道はデモの直前のギリギリのタイミングでなされなければならなかった様です。しかしそんなことをしていたら起訴の発表が間に合わなかったようで、起訴の記事が流れたのはデモが終わってからになってしまいました。

それにしても10日間暖めていたネタですから大切に扱う事にして、各紙とも見出しは「脱原発で疲れた」ことになっています。この点については各紙記者さんの腕のふるいどころでありまして

「脱原発活動の疲れや更年期障害でいらいらしていた。気分を癒やそうと思ってやった」(時事)
「脱原発運動や更年期障害で疲れ、気分を和らげるために使った」(朝日新聞と毎日新聞)
「脱原発運動で、気分を和らげるために使った」(デイリースポーツ、スポニチ)


上から順にだんだんいい加減になって来るわけですが、時事通信社さんが流行の「癒し」を導入する一方、『朝日新聞』と『毎日新聞』は全く同じ表現を取っていますから例によってお互いに話し合って書くことにして、特に「疲れる」ようなことはしなかった模様です。

それにしてもスポーツ新聞によると「脱原発運動」では「気分を和らげる」ことが必要なんだそうです。恐らく「脱原発運動」と「大麻」との間の関係を必然化しようと思って頑張ったんだと思いますが、「脱原発運動」は「ヨガ」ではないのですから、特に「気分を和らげる」ようなことをしなくても良いんじゃないか。むしろあまり「和らげ」ない方が良くはないか。

いや、そんなことはありません。何をするにしても「気分を和らげる」ことは大切です。サンケイスポーツ記者さんは「反対の抗議デモが全国規模で広がっている」と書きましたが、肝心の29日に大規模なデモがあった事まで書くわけにはいかなかったのです。多分ここで「気分を和らげる」ことが必要だったのですが、「大麻」が関係しているかどうかは分かりません。しかし書かなくても、デモの事は他所で少しばかり報道されてしまいましたから何が起こっているのかは明らかになってしまったんですが。


posted by 珍風 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。