2012年07月17日

業界は人手不足

仙台聴取会 騒然 発言者に東北電と原発推進団体幹部


 政府は十五日、将来の原発比率について国民の意見を聴く二回目の意見聴取会を仙台市で開いた。抽選で選ばれた九人の発言者の中に、東北電力や原発推進団体の幹部二人が含まれ、「原発が不可欠」など従来通りの主張を展開し、会場から批判の声が上がった。

 聴取会は、政府が提示した二〇三〇年時点の原発比率(1)0%(2)15%(3)20〜25%の三案に対し、抽選で選ばれた各三人が意見を述べる形式。この日は進行側の手違いで、0%案四人、15%案二人、20〜25%案三人だった。

 このうち、原発の新増設を前提とする20〜25%案に対し、東北電力の岡信慎一執行役員(企画部長)は「会社の考え方をまとめて話したい」と切り出し、電力の安定供給などを理由に、原発は必要と自社の主張を述べた。

 また、原子力推進を目的に企業や商工団体などで組織する東北エネルギー懇談会の関口哲雄専務理事(元東北電力執行役員待遇)は「政府の案は再生可能エネルギーを大きく見積もりすぎだ」と、原発の積極的な活用を訴えた。

 広く国民の意見を聴くはずの会が一転、原発推進団体の会と化し、参加者からは「被災者をばかにしているのか」など非難の声が上がった。司会者が「お静かに」を連発するが、会場の怒りは収まらず、一時中断した。

 会場にいた仙台市の男性会社員(35)は「推進の考えでも、一般の人の意見を聞きたかった」と憤っていた。

 事務局によると、聴取会には百七十五人の参加応募があり、抽選で百三十人を選んだ。うち意見表明を希望したのが九十三人で、0%案が六十六人、15%案が十四人、20〜25%案が十三人。

 これほど差があるのに、バランスを取ろうとするため、0%を支持した人はいずれも宮城県の人だったのに対し、15%と20〜25%案は東北電力関係者二人のほか、東京都の会社員二人、神奈川県の会社員一人と、いびつな発言構成となった。

 岡信、関口両氏は取材に対し、会社や組織からの依頼で応募したことを否定した。

 政府代表として出席した細野豪志原発事故担当相は「抽選で選ぶので仕方ない。福島で開催するときは一般の県民の声が聞けるよう選び方を考えたい」と話した。

2012年7月16日 東京新聞


そもそも無理があったわけで、3つのカテゴリーから必ず3人出さなきゃいけないことにしちゃったところが、なんと「20〜25%案」の発言者のうち2人が東北電力の関係者になってしまいました、と細野さんは言っているわけですが、「抽選で選ぶので仕方ない」かどうかは不明です。

希望者は13人いたそうですが、この人たちがどういう立場の人なのか分かりません。全員電力会社の関係者である可能性も存在します。てゆーか、「15%と20〜25%案は東北電力関係者二人のほか、東京都の会社員二人、神奈川県の会社員一人」という状態をみると、電力会社関係者や他地域の人を除くとすると、発言者の数が確保できないのではないでしょうか。

確かに「やらせ」である可能性は否定できません。特に「15%」の人について詳しく知りたいもんだ。しかしながらもしかすると、「20〜25%案」を支持する人が電力会社関係者以外にはほとんど見当たらない、というだけのことなのかもしれないのです。つまり「男性会社員」の希望するような「一般の人」の「推進の考え」を聞くことは、そんな「一般の人」がなかなか見当たらないことから、実は極めて困難なことである可能性があります。

この意味では、とにかく3人出さなければならない中でなんとか頭数を揃え、発言者は自分が東北電力の幹部であったり関係団体の理事であったりすることを隠さず語る、てゆーかむしろ「会社の考え方」を喋っちゃったわけですが、それはそれで「仕方ない」とは言えそうであります。

とはいえ、岡信さんが「会社からの依頼で応募したことを否定」したというのは怪しいもんです。執行役員というのはただの部長ですから、個人の資格で出て来て勝手に「会社の考え方」を説明したりしてはならず、それは会社に対する背信行為となり得ます。多分、岡信さんが「否定」したのは「依頼」という部分でしょう。彼は会社からの「命令」で応募した、と言いたいのです。もっとも本当に「応募」したのであればですが。実際には「20〜25%案枠」が空いてしまったので政府が東北電力に誰か出すように「依頼」した可能性も否定できません。

ところで、こんな場合、「希望者」の比率に応じて発言者の数を変えることも考えられます。確かに実態を見ればそうしておいた方が良かったようにも見えますが、少数意見を尊重することを考えれば、各カテゴリーの発言者を互いに同数にすることには意味があるでしょう。

もっとも、この場合は「(1)0%(2)15%(3)20〜25%」とのカテゴライズは政府と電力会社が決めたことであり、「15%」とか「20〜25%」は「意見」ではありません。むしろそれは、そのような「意見」が存在するかのように偽装するために設定された「選択肢」であり、最初から誘導的な「悪い」アンケートの結果なのでした。しかしまあ、いずれにしても「原発推進」はほんの少数の人のためのものですから、一般的に言って人が足りません。そこでこういう時に「一般の人」がいなくて困ることになるのです。


posted by 珍風 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。