2012年09月13日

山口から世界へ

坂本龍一さんの政治活動、山口市「配慮」要望へ


 山口市は、市が設置した山口情報芸術センターの10周年記念祭総合芸術監督を務める音楽家の坂本龍一さん(60)が「脱原発」などの活動をしていることに対し、今後、「配慮」を求めることを明らかにした。

 12日の市議会一般質問で市幹部が答弁した。



 市議会では、議員が「(芸術監督として)税金を使って活動するのだから、政治活動を慎むよう申し立ててほしい」と市に要請した。



 答弁に立った市幹部は「個人としての思想言論の自由は、基本的には尊重されるべきだ」としながら、「記念祭が国内外から高い評価を得られるよう、本人に配慮いただくようお伝えしたい」と述べた。市は今後、要請の内容や時期を検討する。



 坂本さんは、国会議事堂前で「脱原発」を訴える抗議活動などに参加したり、7月の山口県知事選で特定候補を応援したりしたとして、一部の市議が問題視していた。



 坂本さんの所属事務所は、読売新聞の取材に対し、「本人、事務所とも特にコメントはありません」と答えた。

2012年9月12日 讀賣新聞


坂本龍一さんに言及して自分もワールドフェイマスになってやろうと企んだのは山口市議会氏永東光さん、1945年生まれ、「山口市嘉川に生まれ現在まで元気に育つ」ということですから驚いたことに70歳近い「現在」まで育ち続けているという爬虫類並みの中央大学卒業者です。

この氏永さんは「県央創造維新会」という会派に属しているそうですが、山口市議会では似た様な名前の煮た様な会派が二つあるみたいで、「県央創造清風会」というのもありまして、これが二つとも今年の5月18日の結成で、「山口市総合計画に掲げるめざすまちの姿「ひと、まち、歴史と自然が輝く交流と創造のまち山口」の形成、究極的には市民福祉の向上につながる、自主と自活のできる地域経済の基盤づくりを通した広域県央中核都市の創造を推進することを目的とする。」んだそうで、「市民福祉」を「究極的」の星の彼方にロケットで打ち上げて永久に顧みない「広域県央中核都市」を「創造」するという迷惑な人たちです。

相手が「世界のサカモト」だけに、氏永さんも世界に通用することを何か言わなければならなかったようで、「税金を使って活動するのだから、政治活動を慎」め、という、世界のどこに出しても恥ずかしい「要請」をやってのけたのもたいしたものですが、これに対して「市幹部」も「記念祭が国内外から高い評価を得られるよう、本人に配慮いただくようお伝えしたい」と言ったそうですから、流石はNHKに圧力をかけた安倍晋三さんを生んだ土地柄です。水が悪いのではないか。

まあ、これで上手いこと坂本さんが「配慮」したりなんかしたら、「山口情報芸術センターの10周年記念祭」は、「国内外」から「高い評価」はともかくとして、注目だけは集めることになるでしょう。しかしそれは、坂本さんが「配慮」をしないでディレクターの話を蹴ったりしたら、それはそれでやっぱり注目はされるわけですから同じことです。実際のところ「山口情報芸術センターの10周年記念祭」なんて誰も知らないんですから、何でもいいからとにかく目立つことが極めて重要なのです。恥も外聞もありません。そこへいくと札幌なんかはちゃんとプレスに報道させていますから、目立ちたいんだったら矮小な陰茎を露呈するが如き真似をして悪目立ちせずとも、やりようはいくらでもあります。

坂本龍一さんが芸術監督に…札幌国際芸術祭


 札幌市の上田文雄市長は12日、2014年夏に開催する「札幌国際芸術祭」を統括する芸術監督(ゲストディレクター)に、世界的に活躍する音楽家の坂本龍一さんを選任したと発表した。

 札幌市は11年度から「都市と自然」をテーマに国際芸術祭の構想を練る中で、市内の芸術関係者の人脈を通じ、米ニューヨーク在住の坂本さんに統括役への就任を要請していた。上田市長は「東日本大震災を経た日本が、文明的な変革を起こすきっかけとなるような芸術祭にしたい」として、国際的に高い評価を受けている坂本さんの発信力に期待を寄せた。

 芸術祭では、世界の芸術家らが手がけた現代美術や音楽、映像メディアなど多彩な作品を集める計画。出展作品の選定など、全体の企画について、市は坂本さんに委ね、12月をめどに基本計画を策定する。市は、14年を手始めとして、芸術祭を3年に1度の定期開催としたい考えだ。

2012年9月13日 讀賣新聞


今や坂本さんはカステラとともに「文明」を担うという誠に大変なことになっているようなのですが、「記念祭」や「芸術祭」の方が「文明堂豆劇場」よりも見応えのあるものなのかどうか、坂本さんの手腕が問われるところであります。そういえば「維新」が威信を賭けてお守りするアメリカさんなどは才能があれば脱原発でも何デモ良い様で、坂本さんもアメリカ大使公邸にピアノを弾きにいって、そのまま殺されるかというとちゃんと生きて帰って来ました。

メトロポリタン美術館展オリジナル楽曲初披露演奏会


 ■美術の熱気を楽曲に

 静謐(せいひつ)さと、圧倒的な力強さ。音楽家の坂本龍一さん(60)が、10月6日から東京都美術館で始まる「メトロポリタン美術館展」のために書き下ろした「wind,cypresses&absinthe」は、そんな相反する印象が同時に内在する魅力的な曲だ。米国大使公邸で初披露され、坂本さんはルース駐日大使(57)ら関係者や報道陣約120人の前でピアノを演奏。打楽器や弦楽器なども重ねた構成で聴衆を魅了した。

 本展では、ニューヨークのメトロポリタン美術館(メット)所蔵の約130点が紹介される。絵画や工芸品など約4千年の「人類の美の遺産」を俯瞰(ふかん)する内容。19世紀オランダの画家、ゴッホの傑作「糸杉」が日本初公開となるのも話題だ。

 曲の題名には、この「糸杉」(cypress)が含まれている。ゴッホが大好きという坂本さんは演奏後のトークで曲のイメージに触れ、「メソポタミアから現代までを一つの曲で表すのは無理なので、焦点を絞ろうと。ヨーロッパではゴッホや多くの画家が日本の美術に影響されたこともあって、現代に突入する時代の美術の熱気にフォーカスした」と説明した。「ゴッホもセザンヌ(仏画家)もシンプルな筆さばきを積み重ねて大きな絵にいたっている。ミニマル(最小限)な要素を積み上げて大きな曲に、というつくり方です」

 ニューヨーク在住の坂本さんは、メットにも何度か足を運んだという。「一番好きなのは、何世紀にもわたり楽器が陳列している部屋。見ているだけでドキドキしてしまう」

 そして、曲の構想は自宅で浮かんだ。「締め切りが迫っていて(笑)。締め切りがないと何もできないですよね。みなさんもそうでしょう?」(堀晃和)

2012年8月31日 産經新聞


とは言うものの山口市、実は去年の12月に坂本さんと竹村真一さんによる「2050年から見た文明」をテーマとして「2011年3月の東日本大震災、そして原発事故によって私たちが直面した、環境と芸術の関係性という切実な課題を浮かび上がらせるとともに、2050年に向けてわたしたちが創造するもの、芸術や文化ができること、残すべきものについてのダイアローグを、インターネット中継によってYCAMから世界へと発信」しちゃった後です。てゆーか「10周年記念祭」のテーマが「環境」なもんですから今更どうしようもありません。

こっちも「文明」なのであって、坂本さんといえば「文明」、電話は2番、「世界のサカモト」は「3時のあなた」であります。実際のところは氏永さん、坂本さんが飯田さんを応援していたのが気に入らない、政敵だ、というわけで実にチンケな話、「情報」も「芸術」もケチ臭い「政治」の犠牲に供して顧みない文盲ぶりは、まさに「維新」の名に恥じません。まあ箱根の山より向こうの連中ですからまだ文明開化の恩恵に浴していないようで、なんとも可哀想な話しではあります。


posted by 珍風 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。