2013年01月25日

新しい非行少女

そこで橋下さんを擁護するかのような情報が流されています。

「ええ加減にせぇ はしもと、殺すぞ」「部落民がいきんな」 桜宮高校生徒がツイッターで暴言


2年の男子生徒が体罰を受け自殺した問題を受け、体育科とスポーツ健康科学科の入試中止が決まった大阪市立桜宮高校で、新たな問題が起きている。

同校の生徒と見られる人物が、ツイッターで橋下徹大阪市長に対し「ええ加減にせぇ」「部落民がいきんな」などと投稿していたことが明らかになったのだ。さらにこの人物を含む複数の生徒がツイッターで飲酒や喫煙を告白していたことも分かった。

「いまならあいつのこと何にでも出来る」

2013年1月20日、桜宮高校の男子生徒と見られる人物が、ツイッターに居酒屋で飲酒している写真を掲載しているのをネットユーザーが発見、2ちゃんねるで騒ぎになった。

さらにツイート内容から男子生徒と交際していると見られる桜宮高校の女子生徒のツイッターアカウントが割り出されたが、その生徒は1月18日と21日、こんなツイートを投稿していた。

「おい、おまえええ加減にせぇよ おまえじゃはしもと、なんで●●(実名)らまで馬鹿にされな あかんな、部落民がいきんな 本間、殺意芽生えるわ。」(18日)

「とりあえず、今思うことわ これだけ。あいつ、今日 何しに学校きたん?教えて、本間。いまなら あいつのこと何にでも出来る 誰しもが思うやろな、殺すぞて、あほちゃん、本間、大の大人が、」(21日)

橋下市長は1月21日に桜宮高校を訪れており、名指しはされていないが下のツイートも橋下市長にあてたものとみられる。

このユーザーはほかにも「いまから呑み」「今のうちにタバコ全部吸いきらな」など、飲酒と喫煙を匂わせるツイートもしており、2ちゃんねるで「酷すぎる…これが大阪か…」「触ったらいけないものにさわちゃったね」「今まで橋下やりすぎかと思ってたけどこのツイート見て橋下が正しいと思うようになった」などと書き込まれている。

「飲酒や部落差別が伝統なのか」生徒の会見にも批判

本人あてにも、「部落差別するとか、桜宮高校うんぬんの前に人間として最低だと思うんだよね」「人間として終わってんだろこの女。橋本さんに殺人予告までだしてるよ(原文ママ)」「やっぱり桜宮高は大阪の恥ですね。というか日本の恥では」など、野次馬から多数のリプライが寄せられ、炎上状態となった。

思わぬ騒ぎに驚いたのか、このユーザーは1月23日11時30分過ぎにツイートを非公開に。13時前後にはアカウントを削除している。

しかし桜宮高校の生徒や関係者と思われる人物による、ツイッターでの問題発言はこれ以外にもある。

「橋下、お前みたいなやつがおるから世の中腐っていくねん。周りの人間のことちょっとは考えろ。偉いからって調子乗んなよ」「まじはしもとなんなん?桜宮高校に汚い足 踏み入れんなよな」など橋下市長に対する暴言や、「大五郎飲んじゃってるわ」「パチンコなう」など、高校生にあるまじき行為の告白が投稿されている。

桜宮高校の生徒は1月21日に開いた記者会見で、「礼儀やマナーなど人として大切なことを学んできた。桜宮高の伝統は正しいと思っている」などと話していた。しかし一連のツイートで「伝統だから大丈夫 体罰も飲酒も喫煙も殺害予告も部落差別も全部伝統だから」「飲酒やら暴言が礼儀、マナーとして教えられてるのか」といった、皮肉まじりの批判も浴びせられている。

2013年1月23日 J-CASTニュース


別に桜宮高校でなくても大阪でなくても日本全国どこにでも非行少女はいると思うんですが、「非行少女」なんて言い方は今どきしませんね。まあとにかくこの「ユーザー」のアカウントは既に削除されているそうですから今更確かめようはありませんが、2ちゃんねるを通じて「このツイート見て橋下が正しいと思うようになった」というメッセージを多くの人に届けることが出来ました。

ところで生徒の記者会見に関しても、その犯罪的伝統の擁護のウラにはイロイロ利権があるんだとかそういうウワサです。もっともこれもこの学校に限ったものではなく、体育界全体の「伝統」なんですが、だからこんなことをしてはダメ。

橋下市長:桜宮高「新しい体育科」改編も


 橋下徹大阪市長は23日、市立桜宮高校で体育系2科の募集を中止し、普通科に振り替えることについて、「新しいスポーツ専門科を在校生と新入生で一緒に作ってほしい」と話し、新たに募集する普通科もスポーツに特化した学科に改編する考えを示した。

 橋下市長は市役所で記者団に、「今いる顧問の指導を受けたいとか、今までのクラブ活動の在り方を前提に受験するのはやめてもらいたい。新しい体育科、新しいスポーツ専門科を作ってもらいたい」と話した。【茶谷亮】

2013年1月24日 毎日


これでは「新しい」連中が利権を横取りしようという事にしかならないわけですが、こういう事を小泉さんは「構造改革」と呼んだのでした。今までの利権構造の外部から参入して、まあちょっと仲間に入れてもらう。こうすると自民党に入らなくても、「維新」でもお金と仲良しになれるのかも知れません。

それはともかくとして小村さんでも暴力三昧を恣にすることが出来たのは、そんな利権構造を内蔵した権力関係の故なんだそうですが、しかし、どんな世界にもこういう話はあって、企業にお勤めの労働者諸君はもちろんの事、芸能界だってそうだし、芸術や学問の世界でも指導者の力というのは絶対であって、要するにその業界で生きていきたいのであれば言うことを聞くしかないということになっています。

しかしだからといって、どんな世界でも何十発も殴ったりしているわけでもないでしょう。まあ実際にはセクハラとかパワハラとかが存在するのですが、激しい暴行が公然と行なわれているのは体育界だけの様ですから、「スポーツ」を覚えて筋肉化してしまった脳は摘出して頭に教科書でも詰めておけという意見にも一理あるのかも知れません。

とはいえ橋下さんのやり方も権力的であって、その点では体育界の連中と変わるところがない、という話もある様です。もっとも体罰を禁止しているのは学校教育法であって、これだって権力であることには変わりはないんですが。しかしもしかすると、場合によってはある法律を遵守しなくても良い、無視して良いということがあって、その「場合」を定義する「権力」というものがあるということなのかもしれません。

日本にはその法体系をトータルに改変しようと言う人たちがいて、つまり改憲しようという人たちなんですが、こういうのが「反体制」かというとそうではなくて、むしろ「体制」を強化しようとしているわけです。こういう連中は強い力を貰っていますから、ある法律をネグレクトすることによって「改憲」による「新体制」が先取りされているのが現状でしょう。「体罰の禁止」が公然と無視されているのはその一例に過ぎませんし、労働基準法などはあるのかないのかわからないような影の薄さです。

この体制の上で、橋下市長さんは教育に介入することが可能になっています。従って彼が「かつて」体罰を「容認していた」のも当然です。本当は今でも「容認」しているんですが、事情があってそうではないフリをしているのはご苦労様としか言いようがありません。まあしかし、「政治介入」はビッグなボーナスでした。体育界における「学校スポーツ」の問題が桜宮高校を超えて一般に拡散するのを阻止するのが主な狙いであった様な気もしますが、ついでに介入してみたらその事自体は批判されなかったんですから世間なんて甘っちょろいもんです。


posted by 珍風 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。