2013年02月22日

殺してみんなで忘れて明るい社会

3人死刑執行 凶悪犯罪の抑止につなげたい


 3人の死刑囚に対する刑が21日、執行された。昨年12月に発足した安倍政権の下で、初めての執行である。

 就任2か月で執行を命じた谷垣法相は、執行後の記者会見で「法の精神を無視するわけにはいかない」と述べた。死刑確定から6か月以内に刑を執行しなければならないと定めた刑事訴訟法を重視した発言だ。

 法相に課せられた重い職責を、粛々と遂行していく姿勢を示したと言える。

 民主党政権では、死刑の執行が少なく、約1年8か月にわたり途絶えた時期もあった。死刑制度に批判的な法相の就任が続いたためだ。その結果、確定死刑囚は今回の執行前で、戦後最多の137人に上っていた。

 死刑制度については、国際的には維持する国より、廃止か停止した国の方が多い。

 一方、日本では、内閣府の世論調査で死刑容認が85%を占めている。谷垣法相が「制度を現時点で見直す必要はない」と語ったのも国民感情を踏まえたものだ。

 国民が参加する裁判員裁判で死刑判決が出されるようになり、既に3人の死刑が確定している。そんな現状も考慮すれば、確定判決を精査した上で、厳正に制度を運用していくことが求められる。

 今回、刑が執行されたのは、2004年に奈良県で女児を誘拐し殺害した男や、08年に茨城県のJR常磐線荒川沖駅などで9人を殺傷した男らだ。

 いずれも、社会を震撼させた、卑劣かつ残虐な犯罪だ。被害者・遺族が受けた傷は大きく、処罰感情も厳しいものがある。

 奈良の誘拐殺人事件では、帰宅途中の小学1年の女児をわいせつ目的で連れ去り、遺体の写真を女児の母親にメール送信するなど、悪質性が際立っていた。

 殺害した被害者が1人であっても、凶悪な性犯罪では極刑を免れないという厳罰化の流れが明確に示されたケースだろう。

 奈良の事件は、死刑囚に性犯罪歴があったことから、再犯対策の検討を迫る契機となった。

 法務省は、子供に対する性犯罪の前歴者について、出所後の居住地情報を警察庁に提供するようになった。刑務所では性犯罪者に再犯防止プログラムを受講させ、感情をコントロールする方法を身に着けさせている。

 しかし、性犯罪の被害は後を絶たない。死刑執行は、凶悪犯罪の抑止が目的の一つであることを改めて考えたい。

2013年2月22日 黄泉売新聞瀉説


なんか滅茶苦茶な「社説」ですが、読売新聞社の説ですから仕方ありません。概ねいつもこんなもんだと思われますが、しかし、「性犯罪」と「凶悪犯罪」がいつのまにかゴッチャになって、しかもそのまま「結論」てゆーか、ある意味投げっぱなしの「結語」になだれ込んでいく辺りが混沌に向かって書き飛ばす勢いというものを感じさせます。

ここでひとつ捕捉しなければならないのは、あまり面白い事件ではないというので言及されなかった加納恵喜さんの件です。実際のところこれは面白くない、というのが不謹慎であれば言及するに相応しくない処刑であったと言えるでしょう。一審の無期懲役判決をわざわざ死刑にしたのは名古屋高裁の小出ロ一さんですが、その理由たるや

本件において通常の強盗殺人と異なる重要な事情としては,被告人が,原判示のとおり,女性が一人で経営する旅館に宿泊した上,その女性を本件と同様に電気コードで絞殺し,押入れに死体を隠匿し,遺棄するとともに,旅館内を物色して現金等を窃取したという本件と極めて類似した事犯を犯し,昭和58年に殺人,死体遺棄,詐欺,窃盗の罪により懲役15年に処せられ,満期近くまで服役しているという点を挙げなければならない。このように,かつて類似事犯による殺人等を犯し,服役して改善の機会を与えられているにもかかわらず,今回の強盗殺人の犯行に及んでいるのであって,故意により人命を奪ったのは2度目であることに留意せざるを得ない。被告人は,今回,強盗殺人という重罪を犯したにとどまらず,過去に貴重な人命を奪っているのであるから,その刑責は強盗殺人罪の中でも誠に重いというほかはない。


というもので、要するに前にもやったから、ということなんですが、既に処理済の案件を持ち出して来て乗っける、というやり方が果たして正当なものであったのかどうか、はなはだ疑問であります。それはむしろ被告人の「刑事責任」というよりは、懲役刑がその目的を果たせなかったという行刑の責任が問われるべきところでしょう。もっとも最高裁の才口千晴さんは、「重大」なる「刑事責任」について極めてアッサリと「是認」してしまったようです。まあ裁判官にとっては判決を出してしまった後のことなど知ったことではありません。

これについて言及を避けた『讀賣新聞』も、この点について疑義があるものと想像されますが、想像されません。実際には加納さんの事件は平凡なので「社会を震撼」させなかった、金川真大さんや小林薫さんの方が単に事件として面白い、ということだと思われます。そもそも殺害する死刑囚の選択が「話題性」とかによるものではないかと疑われるところですから、いわばそれを補ったと言うことが出来るでしょう。ということでまず第一段階で切り離されたのが加納さんでした。第二段階では金川さんが捨てられます。

というのも金川さんは「自殺は痛い。人にギロチンのボタンを押してもらう方が楽だから死刑を利用する」という人ですから、死刑があるから凶悪犯罪をすることになったんで、これでは死刑を「凶悪犯罪の抑止につなげたい」という『讀賣新聞』にとっては困るわけです。ですから詳しいことは書かないことにしました。あとは読者の無知に期待するしかありません。日頃から『讀賣新聞』を熟読している忠実な読者であれば、多分大丈夫でしょう。

大新聞の社説に取り上げてもらう基準はかくも厳しいものなのです。お眼鏡にかない、最後まで生き残ったのは小林さんです。別に生き残ってはいませんので「死に残った」とか言うのかも知れませんが、『讀賣新聞』が取り上げるに足ると評価したのは小林さんだけなんですから、誇りを持って良いと思います。もっとも、その取り上げ方はかなり「身勝手」なものです。なにしろ小林さんの件は、「厳罰化の流れが明確に示されたケース」ではありません。

一審判決で何かが「明確に示された」はどうかと思いますが、元はと言えば小林さんが自分で控訴を取り下げてしまったんで確定しちゃったわけです。小林さんは後になって控訴取下げ無効とか主張し出したわけですが、そうは問屋が卸さない。もっとも、上級審で判断したのは控訴取り下げの有効性であって、一審の死刑判決自体に対する判断を行なったわけではありません。死刑判決を是認したから控訴取り下げを有効と判断したとか、判決が不当であると思ったら控訴取り下げを無効にしちゃうとか言う話ではないのです。

そんな問題を孕みつつ、「社説」は小林さんにちなんで「性犯罪」の話題に飛びます。3人殺しておいて行きつく先は「性犯罪」の「再犯対策」なんですから竜頭蛇尾の感は免れませんが、最後には「性犯罪の被害は後を絶たない」と書いてしまいました。「後を絶たない」ところの「性犯罪の被害」が、「再犯」によるものなのかどうか、ここまで来ては全く不明、というかもはやどうでも良いことなんでしょう。とにかく今日も電車やオフィスや道場や道場や道場で「性犯罪の被害」が「後を絶たない」のです。それは間違いありません。だからやっぱり死刑なのです。

考えてみれば「性犯罪」に限らず、ちょっとした窃盗や暴行であっても、被害者にとっては「凶悪犯罪」に違いありません。新聞の社説なんですからもうちょっと客観性というか、落ち着いて書いた方が良いと思いますが、しかし、そんな細かいことを言っていては最後のパラグラフの意味が通りません。全ての犯罪は凶悪である、したがってあらゆる犯罪に死刑を、というのが『讀賣新聞』の結論であるらしく思われます。

もっとも、ここでひとつの問題があります。「死刑執行は、凶悪犯罪の抑止が目的の一つであることを改めて考えたい」わけですが、「凶悪」極まる「性犯罪の被害は後を絶たない」のです。つまり死刑はその目的を果たしていないんですが、そのことを「改めて考えたい」んだそうです。どうしてこんなことを書いてしまったのか理解に苦しみますが、まあ多分軽く書き飛ばしただけでしょう。そんな心の隙に、無視された加納さんの呪いが侵入します。切って捨てたはずの「行刑責任」の問題が回帰してしまったのです。被害者の命が加害者の命に取り憑いているように、あえて無視した論点は消えずに残っているのでした。そこで書かれていない結論は、死刑ってのは無責任じゃないか、ということになるんですが、これは別に谷垣さんのせいではありません。


posted by 珍風 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。