2013年03月29日

権力にはナマポは甘いお菓子

生活保護費の浪費禁止条例を可決 兵庫・小野市


 生活保護費や児童扶養手当をギャンブルで過度に浪費することを禁止し、浪費を見つけた場合、市民に情報提供を求める兵庫県小野市の条例が27日、市議会本会議で可決、成立した。施行は4月1日。

 本会議後に蓬莱務市長は記者会見し「行政と市民が一体となって、福祉制度を適正に運用するのが目的」と強調。市民に通報を求める点についても「地域の絆を強めるもので監視社会には当たらない」とした。

 通報対象にはこれから受給しようとする人も含まれ、生活保護者の支援団体は「自己抑制につながる恐れがある」と指摘する。

 条例に関して1900件超の意見が市に寄せられ、6割が賛成だったという。

2013年3月28日 共同


日本で初めて「地域社会の『構成員』」とゆーか「顔役」とゆーか、そーゆー人の法的地位を定義した条例が成立しました。「構成員」は住民に関する機微情報を行政機関から受け取り、それを住民に広報しなければなりません。誰でも知りたい隣近所のプライヴァシー情報において、「行政と市民は一体」となります。住民は、てゆーかただの通りすがりを含めた小野市独特の意味における「市民」は、実は行政が周到に仕分けして伝える個人情報に基づき、行政が指定する属性をもった住民を監視しなければならない事になりました。

具体的には、「市民」は「小野市福祉給付制度適正化推進員」という人に言いつけることになっています。そうするとこと「推進員」が「調査」をすると。「推進員」というのは警察OBで、蓬莱さんに言わせると「警察OBは専門能力を持」っているそうなんですが、冤罪以外に何が出来るのか、実際には不明です。むしろ能力を保持したままで警察活動を縛る様々な法律から自由に活動することが期待されているのであって、第7条第2項のとおり「推進員の調査活動は、犯罪捜査のためと解してはならない」のであって、つまり何をしても良いのです。

蓬莱さんによればこのような「市民」の活動は「監視ではなく見守り」であるとのことですが、小野市民の識字能力に対する配慮が伺えます。「監視」とは「不都合な事の起こらぬように見張ること」でありますが、「見守る」とは「間違いや事故がないようにと、気をつけて見る」ことです。ちなみに「見張る」とは「注意して見る」ことですから、要するに「監視」と「見守り」は同じことなんで、文句があったら三省堂に言ってほしいものですが、難しい漢字が二つもあると印象が悪いんでしょう。

たしかに「虐殺」と言うよりは「なぶり殺し」とでも言っておけば、何か良い事をしているようにも思えないでもないわけです。実は「AノットイコールA」というワケの分からないことを言っているんですが、これは小野市の方言に違いありません。関西弁の一種なので東京もんには理解が難しいのですが、同様の配慮は「地域の絆を強めるもので監視社会には当たらない」という発言にも見受けられるでしょう。絆の強い地域社会は監視社会に他なりませんが、まあ女の人はよく言います。ケーキはスヰーツであって肥満を招く食事には当たらない、とか。

実際のところこの条例に賛成した「6割」は、残念ながらスヰーツ脳です。http://magazine.gow.asia/love/column_details.php?column_uid=00000576
における定義によれば、それは「メディアに踊らされ、流行に夢中になってしまう人物を表す」言葉なんだそうです。条例の目的はヤクザとオマワリによる「地域の監視を強めるもの」なんですが、蓬莱さんが「生活保護」をダシにしたのが成功の秘訣でしょう。「ナマポ叩き」の「流行に夢中」になって「メディアに踊らされ」る人たちには今のところ極めて有効です。他の自治体のプチヒトラー諸君にもお勧めの手法であります。

一方、反対する人たちは上手く罠にかかり、「生活保護」に拘って「ささやかな楽しみ」がどうしたとか言っていたわけですが、本質的には「生活保護」は関係ありません。てゆーか「自己抑制」どころか、「構成員」や「推進員」に上手く取り入れば不正受給がより安全確実にもなりうる仕組みなのです。市議会で反対したのが共産党だけなのも象徴的でしょう。この条例は地域社会の複雑な力関係を整理し、一元化しようとします。議員を連れて来てもダメだ、我々の側の人間でなければ通さないぞ、ということです。要するにトリモロシタ「日本」を離すもんか、国民共には二度と「政権交代」などを許してはならないという決意の表れです。まあよっぽど懲りたんでしょうが、連中が悔しがる顔を見るだけでもまた交代してみる価値はあります。


posted by 珍風 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。