2013年06月01日

13歳のハローワーク

司書 中学校の本転売容疑 新潟市教委、再発防止策通達へ


 ■ずさん管理つけ込まれ

 新潟市立小須戸中学校に勤務していた図書館司書による本の転売事件を受け、市教育委員会は31日、近く再発防止策をまとめ全市立小中学校に通達する方針を明らかにした。防止策では、学校側のずさんな管理が事件の一因になったとして図書館運用手順を見直すほか、採用基準の甘い臨時職員が事件を起こしたのを踏まえ、図書館司書で臨時職員の場合、契約更改条件を厳格化することなどを盛り込む。市教委は今後、失墜した信用の回復に全力を挙げる。

                   ◇

 市教委によると、手順では学校に届いた本が発注本かどうかを確認する検品を教員室か事務室のどちらかで、図書館司書と図書館担当教諭の2人で行うと明記している。しかし、実際は司書1人が図書室で本を受け取り、担当教諭に検品したと伝えて押印してもらい、2人で作業したよう書類上で装ったため、本の紛失に気付かなかったという。年1回の実施が義務付けられていた蔵書点検も昨年度は実施していなかった。

 また、手順には検品後に本が図書室の本棚に並べられたかどうかを確認する項目がなく、不備があったことから、市教委では図書室の本であることを示すラベルを貼らずに古本屋に転売されたとみている。

 このため、防止策では、学校に手順を徹底させるとともに、ラベル貼りと本棚に本を並べる書架には複数人で作業を行うこととする項目を加え、チェック機能を強化する考え。

 現在、市立小中学校に勤務する臨時の図書館司書全85人については、業務実績が客観的に分かるよう今年度から新たに勤務評価制度を導入し、契約更改時の判断材料にする。学校長とだけだった年度末の面談は、市教委も出向いて行う。

 市教委は「大変残念な事件でショックを受けている。危機感を持って再発防止に当たる」(教育総務課)と話している。

2013年6月1日 MSN産経ニュース


「採用基準の甘い」代わりに人件費が安いんですから充分元は取ったと思われますが、それでも「再発防止」をしなければならないそうで、なんだか大変です。この図書館司書臨時職員労働条件について、募集要綱によると

臨時職員(学校図書館司書)募集
勤務場所 新潟市内の小・中学校
勤務内容 学校図書館司書
募集人員 若干名
応募資格 司書資格または司書教諭免許がある人
雇用期間 各学期ごとの雇用
雇用条件 賃金820円、週27.5時間勤務、雇用保険有、労災保険有
     賃金820円、週30時間勤務、厚生年金有、健康保険有、雇用保険有、労災保険有
     通勤距離に応じて通勤手当が支給される場合があります。
somu.ed@city.niigata.lg.jp


まあ、労働条件について募集要綱で判断するのでは不十分だということは承知しております。入ってみたら全然違った、なんて話はしょっちゅう耳にするわけで、流石は世界一の人権先進国だと思わないわけにはいきませんが、ここは笑うところではないそうで。

世界一なもんですから週にわずか2時間半の違いで厚生年金と雇用保険をカットできます。この条件だと週に820円×27.5時間で22,550円になりますが、「各学期ごとの雇用」ということですから年間稼動は40週くらい、従って年収は902,000円です。月平均75,167円程度になります。

ところで平成24年4月現在、新潟市の標準生計費は1人世帯では143,620円だそうです。
http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/saiyo/shokuin/kankoku/h24jinikankoku.files/h24seikeihi.pdf
困ったことに6万8千円以上足りません。この不足分をどうするかということが問題になるわけですが、例えばこの女性臨時職員の場合は本を転売して5年間でおよそ550万円の副収入があったということになっていますから、1年で110万円、1カ月だと9万円くらいになります。これで平均月収16万5千円くらいということになり、年収はやっと200万円になりました。

もっともその年収のうち半分以上が「窃盗」なんですが、年収300万の人を雇うことを考えればそれでも100万円浮いたんですから痛くも痒くもありません。むしろ、こういうことを中学生のうちに勉強する機会を得た新潟市の餓鬼共諸君は幸せであります。「司書資格または司書教諭免許」を取得するために一生懸命勉強している人もいることでしょうが、参考にして頂きたいものであります。
posted by 珍風 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364797577

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。