2013年06月29日

電車で拷!

女性のヒールに踏まれないように気を付けます(いや踏まれてみたい気も少し)。
http://blogs.yahoo.co.jp/hikaru_tamura_y_netid/16500892.html


「ママーなんでおとながいるのー?」
「こら!指差しちゃいけません!」
http://orange.ap.teacup.com/rascal1017/148.html


両足を髪の長い女がつかんでいたのです
そして彼女は言いました
『次降ります・・』
http://ameblo.jp/reversible/entry-10003447962.html


この前、電車でふと顔を上げると、目の前の女性の携帯ストラップが覆面レスラー(顔)だった。
http://jasakura.blog113.fc2.com/?m&no=39


このように電車は危険が一杯なんですからせいぜい気をつけるに越したことはありませんが、女性の服装が開放的になる夏ですから電車に西瓜が乗っていることに誰も気がつきません。


日立、スイカの乗車履歴を収集・分析 JR東日本と提携


 日立製作所は27日、鉄道の乗車履歴を収集・分析するサービスを7月1日に始めると発表した。東日本旅客鉄道(JR東日本)と提携し、ICカード乗車券「Suica(スイカ)」の約4200万枚のデータをもとに駅施設の利用状況を予測する。小売業や飲食店に売り込む。将来は首都圏の私鉄の「パスモ」など他の交通系ICカードへの応用も検討する。

 分析するのは改札の通過データ。個人情報や購買履歴は含まない。利用者の性別や年代、乗降時間帯などを集め、駅の集客力や潜在的な商圏、周辺居住者の規模を分析する。月単位でリポートを作成、駅周辺の小売りや飲食店、不動産業者などに活用してもらう。料金は10カ所の駅を分析する場合で年500万円から。

2013年6月27日 日本経済新聞


「分析するのは改札の通過データ。個人情報や購買履歴は含まない」そうです。つまりこのサービスで提供されるリポートには個人情報や購買履歴は含まれていません。なぜならこれは「小売業や飲食店」「不動産業者」を相手にしているからです。

日立製作所のニュースリリースによれば「東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長 : 冨田 哲郎/以下、JR東日本)から個人情報を含まない交通系ICカード「Suica」の履歴情報の提供を受け」ることになっているようですが、「日立はこれまで、主に首都圏エリアを網羅する交通系ICカードの膨大な履歴情報に着目し、JR東日本との共同研究などを通じて、交通系ビッグデータ利活用に関する知見を深め、ビッグデータを利活用したサービスの事業化を検討してき」た経緯から、かなりの情報が共有されているのではないかと思われます。

実際のところここで「含まない」とされている「個人情報」は「氏名」だけのようで、性別と生年月日及び住所の情報が利用されることが明らかにされています。それらのデータを分析して、例えばある駅では若い女性が何時頃によく通るとか、それは近所に住んでいる人なのかそれとも近所の会社に勤めている人なのか、それじゃあ逆にその人たちはどこから来るのか或はどこへ行くのか、などという便利な情報が得られるわけです。

これを企業に販売するというんですが、現在でも「エキナカ」などと言って周辺の飲食店などを圧迫しているクセに何が年500万円よりだ、と思う人も多いことでしょう。もっとも、小規模な飲食店などではちょっと外を気をつけていれば「駅の集客力や潜在的な商圏、周辺居住者の規模」などはまあ大体分かるようなもんですから無駄なお金を出すには及びません。

むしろこれはちょっとした宣言です。日立とJRは毎日多数の駅を多数の人間が通過していく度に増え続ける膨大な情報を処理する事を可能にする物理的・技術的条件をクリアしました。よろしくね。「今後」は「幅広い分野のデータを視野に入れたビッグデータ利活用を推進し」ていきますわよ。

考えてみればこれはむしろ「遅い」と言ってもいいのかも知れませんが、飽くまで個人別の履歴の集積ですからデータはやたらと大きいのです。流行の「ビッグデータ」は完全な個人トレースを可能にしつつあります。むしろ膨大なデータの集積から意味を取り出すよりは個人を追っかける方が人間の発想としては簡単だったりします。そのデータの量たるやペタだかエクサだかゼタだか知りませんが、誰が現時点でどこで何をしているのかがリアルタイムに把握できる世の中もヨタ話ではありません。
posted by 珍風 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367815070

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。