2007年09月20日

殺人より残酷な快楽

本村さん意見陳述要旨 山口・光市母子殺害事件公判

 広島高裁で20日あった山口・光市母子殺害事件公判で陳述した本村洋さんの意見の要旨は次の通り。

 この裁判での意見陳述は2回目となります。5年9カ月前の広島高裁で、私は以下のように述べました。「妻と娘の最期の姿を君は忘れてはならない。君が犯した罪は万死に値します」
 初めての意見陳述の時、死刑判決が下されない可能性が高いと思っていました。君が社会復帰した時に二度と同じ過ちを犯してほしくないと思い、人間としての心を取り戻せるようにと一生懸命に話しました。5年以上の歳月が流れ、死刑判決の可能性が高まり、弁護人が代わり、君は主張を一変させた。それがわたしを今最も苦しめています。
 弁護団はインターネット上で裁判の資料を公開しています。妻の絞殺された状況を図解した画像が流布され、議論されている状況を快く思っていません。妻の悔しさを思うと涙があふれてきます。家族の命をもてあそばれている気持ちになるのは確かだと思います。
 私は事件直後、事件を社会の目にさらし、司法制度や被害者の置かれる状況の問題点を見いだしてもらうことを選択しました。家族の命を無駄にしないことにつながると思ったからです。しかし、家族の殺害状況まで流布され、判断が間違っていたのではと悔悟の気持ちがわいてきます。
 このような事態になったのは、これまで認めてきた事実を一変させ、新しい主張が理解しがたいことばかりであることが原因と考えます。君はこれまで起訴事実を大筋で認め、反省しているとして情状酌量を求めていたが、それはすべてうそだと思っていいのですか。私が墓前で妻と娘に報告してきた犯行事実はすべてうそだったと思っていいのですか。
 私は納得できない。君が心の底から真実を話しているように思えない。君の言葉は全く心に入ってこない。たとえ君の新たな主張が認められず、裁判が終結したとしても、私には疑心が残ると思う。事件の真相は君しか知らない。
 私は君が法廷で真実を語っているとは到底思えない。もしここでの発言が真実だとすれば私は絶望する。君はこの罪に生涯反省できないと思うからだ。君は殺意もなく偶発的に人の家に上がり込み2人の人間を殺したことになる。こんな恐ろしい人間がいるだろうか。君は殺意もなく、生きたいと思い最後の力を振り絞って抵抗したであろう妻と娘の最期の姿が記憶にないのだから反省しようがないと思っている。
 私が君に言葉を掛けることは最後だと思う。最後に私が事件後に知った言葉を君に伝えます。老子の言葉です。「天網恢々(かいかい)、疎にして漏らさず」。君が裁判で発言できる機会は残り少ないと思う。自分が裁判で何を裁かれているのかをよく考え発言してほしい。君の犯した罪は万死に値する。君は自らの命をもって罪を償わなければならない。
 裁判官のみなさま。事件発生から8年以上が経過しました。私は妻と娘の命を奪った被告に対し、死刑を望みます。正義を実現するために司法には死刑を科していただきたくお願い申し上げます。

2007年9月20日 中国新聞


「君は主張を一変させた。それがわたしを今最も苦しめています。」ということですが、おそらく検察も同じように苦しんでいることでしょう。しかし検察側には更に苦しい事情があるようです。被告人は検察官から、強姦目的ではないと「言い張るんなら死刑になる」と言われ、「生きて償いなさい」と言われて調書に署名したと言います。それで死刑を求刑したりして、こういうのが検察の常套手段であるらしいことは、今では誰もが知っています。ですからこの被告人の言い分を「ウソだ」と思うことは簡単ですし、「そういうこともあるだろう」と思うことも、大した違いはありません。ほとんど全ての刑事裁判がこのように行われているのではないか、特に被害者が何も言えない殺人などの場合はほぼ検察の描いた絵の通りの裁判が行われているのではないか、したがって今までの殺人事件に関する犯行の様態などについての資料は全く信用出来ないんじゃないか、という点も気になるところですが、それはともかく、被告人がどういうつもりで何をやったにしても、それが物証として表現されていなければなりません。

それだけに本村さんちの「妻の絞殺された状況」については特に議論があるわけですが、本村さんがそれを「図解した画像が流布され、議論されている状況を快く思っていません」というのも無理のないことです。この辺の問題についてあまり議論されたくないのは検察も同様でしょう。たしかに石津日出雄さん(川崎医療福祉大教授)は、「逆手で首を押さえるなんて現実的にはありえない」と言っていますが、だからといって死体の状況を合理的に説明出来ているとは思えません。私見では検察は、当初この事件を少年事件のつもりでかなり甘い事実認定で済ませるつもりだったのではないでしょうか。少年事件の場合、犯行の様態等を詳細に詮索するのが当該少年の更生に悪影響を及ぼすとかの理由で、事実関係についてあまりうるさくなかったりするようです。

しかしそれに続く本村さんの言葉は痛々しいものです。「私が墓前で妻と娘に報告してきた犯行事実」のゆらぎを目の当たりにして、本村さんは「君が心の底から真実を話しているように思えない」といいながらも、それは「君の言葉は全く心に入ってこない」ということ、つまり本村さん自身の「心」がそれを否定したがっていることを本村さんは自覚しています。そして「もしここでの発言が真実だとすれば私は絶望する」と言うのです。もし被告人の陳述が真実であるならば、それは本村さんが「万死に値する」と考えるところの被告人が「犯した罪」とは異なるものになってしまうからです。

本村さんが想定しているのは結果を予測した上での理性的な行為としての犯罪でした。ところが「君は殺意もなく偶発的に人の家に上がり込み2人の人間を殺したことになる。」普通そういう場合を「傷害致死」とか言うわけですが、偶発的に人が殺されるなんて本村さんとしては「納得できない」わけです。どうせ殺されるなら殺すつもりで殺しにきた人に殺されたいもので、これは被害者の死が被告人にとっての目的であることによって、被害者の生が遺族にとって持つのと同じ程度の重みを持つであろうと、遺族たる本村さんが期待しているということなんでしょう。しかしこれが被告人が殺意を持って殺害に至ったわけではなく、「偶発的に」死んでしまった、ということになるならば、人の命というものが家族への思いとか家族を守るために考え行動すること、あるいは逆に殺人者の殺意と殺すための計画とその実行、などというものとは無関係に、全く別のものによって動かされるという「現実」に直面することになります。したがって本村さんにこのような恐ろしい現実との直面を強いた被告人に対して「こんな恐ろしい人間がいるだろうか」と言うのも故なしとしません。ほとんど八つ当たりに近いですが、他に誰に何を言えというのか。

本村さんはこんな所まで連れて来られてしまいました。それは人命が「目的」ではなく、もしかして「手段」ですらないような、「偶発的」が行き当たりばったりに支配する「現実」の荒涼とした風景です。そこには償うべき「罪」もなく、誤れる企図とそれへの「反省」もありません。まあ、そういう場合に法は「傷害致死」とか「なんとか致死」という概念を持っているわけですし、そういうことで死んでしまう人も少ないわけじゃありません。しかし本村さんとしては「万死に値する」と言っていますが、それは本村さん自身とっての被害者の存在と被告人にとってのそれを釣り合わせようとすること、被告人に対して「せめて我が妻子の死を欲望せよ」と叫ぶに等しいのです。

もっとも、被告人の主張が最初から明らかになっていれば、本村さんとしてもこんな回り道をしなくてもよかったわけです。殺すつもりがなくても人は死んでしまう。それはそれで手を下したのは被告人ですから、被告人を憎むのも当然ですし、闇雲に死刑を求めるのも無理はありませんが、やれ「反省」だの「武士道」だの何だのと駄弁を弄する必要は全くなかったわけでした。これは全く検察の責任であるといっていいでしょう。結局検察は被告人と被害者遺族の両方を犠牲にしたようなもんです。「天網恢々、疎にして漏らさず」、この言葉を検察側は胆に銘じましょう。あ、それから本村さんはわざとやったことじゃなきゃ「反省」出来ないもんだと思ってるみたいだけど、それだと例えば飲酒運転して誰かを事故死させちゃったような人、ジェットコースターの点検を怠って客を事故死させちゃった人なんかも反省はしないかというと、そういうことはありませんよね。別に検察の主張が覆されても本村さんの言う「反省」と整合は取れますから、そんな無理なことを言わなくても大丈夫ですよ。
posted by 珍風 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

光市母子殺害事件 広島高裁
Excerpt: 「万死に値、命で償いを」=遺族が陳述、うつむく被告−光市母子殺害・広島高裁 (時事通信) - goo ニュース 昨日まで3日間光市母子殺人事件の差し戻し審の公判が行われその様子が折々TVで流れました..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2007-09-21 10:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。