2008年03月01日

犯しの国のお姫様達へ

街では誰もが「惑星X」の話しをしていないんですが、そうなると続きを書かなくちゃいけないね。
http://okasinokuni.cocolog-nifty.com/

で、全然関係ない世界なんですが、

米兵釈放 「そっとしておいて、と」 地検「適正捜査」

 「そっとしておいてほしい」。沖縄県で女子中学生を暴行したとして逮捕された米海兵隊員(38)が29日に釈放された理由は、女子生徒側の告訴取り下げだった。地元には戸惑いも広がったが、キスを迫り暴行しようとした行為は、これまでの捜査で浮かび上がっている。米軍基地と隣り合わせに生きる住民らの不安は消えない。
 那覇地検では29日午後9時45分から、山舗(やましき)弥一郎検事正が隊員の釈放について説明。集まった約20人の報道陣に「被害者が告訴を取り下げたため本日付で不起訴処分とし、釈放した」と淡々と語った。
 被害者が告訴を取り下げた経緯については「いつからかは言えないが、きょう突然言い出したわけではない」「そっとしておいて欲しいということのようです」などと話したほかは、詳細な説明を避けた。
 告訴が取り下げられなければ起訴できたのかどうかについても「事実が存在したかどうかではなく、告訴がないと公訴が提起できない。訴訟条件がなくなっているわけで、それ以上でも以下でもない。コメントすることは適切ではない」と述べるにとどめ、隊員の供述内容についても明らかにしなかった。ただ、県警による逮捕など一連の捜査の是非について問われると、険しい表情を浮かべて「適正だった」と語気を強めた。
 告訴がなくても立件できる他の罪名で捜査を続ける可能性については「被害者の気持ちを考えると、他の罪で公訴提起するのは適切でない」と述べ、否定した。
 女子生徒が隊員に声をかけられる場となった沖縄市の東門美津子市長は「被害者に対する心ない声もあり、つらい立場に追い込まれたのではないか。でも、米兵による事件が続いていることも、重い基地負担があることも何ら変わりはない」と話した。
 暴行現場とされた北谷町の野国昌春町長は「これだけ大きな事件になり、少女に相当な重圧がかかってしまったのではないか」と言葉をかみしめた。町内には3000人近くの米軍関係者が基地外に暮らす。「小さなトラブルは数え切れない。町民は米軍の存在に漠然とした不安を抱えている」
 「非道な犯罪を起こした米軍基地の撤去を」。そう踏み込んだ抗議決議・意見書を2月15日に可決した沖縄県読谷村議会の前田善輝議長は「基地がある限り沖縄に多くの米兵が存在し続ける。また事件が起きないか、心配だ」と語った。
 95年の少女暴行事件を機に発足した「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」は当時、被害少女に「二度とこのような事件を米兵に犯させない」と誓いの手紙を送った。前事務局長の桑江テル子さん(69)は「基地がある限り、沖縄はこうした犯罪と隣り合わせの状態が続く」と嘆いた。

2008年3月1日 asahi.com


一方米軍ではこの兵士に対する操作を継続するそうですが、もう僕たちには見えません。かくして事件は闇へ葬られます。強姦罪が親告罪になっているのは、公開の法廷での事実の追求がかえって被害者の不利益になるためであるとされていますが、たしかに米軍に雇われた敏腕弁護士がかなり残酷な戦術を取ることが予想可能です。しかし今回は起訴以前の容疑者逮捕の直後から、米軍に雇われたあまり敏腕とは言いがたいライターによるセカンド・レイプが進行していました。

産経の花岡さんの書き物などはウワゴトの域を出ないタワゴトだったかもしれませんが、「週刊新潮」は女の子の家族環境その他被害者の身辺に迫る取材結果を公表し、これはかなりの恐怖を与えたものと思われます。小倉なんとかいうおエライ弁護士先生には想像もつかないと思われますが、「社会的人格」の暴露は相当に危険です。特にこのような場合には。小倉さんは「だったら文句を言わずに黙ってろ」と言うのでしょうから、今回女の子が告訴を取り下げたことについてはご満足頂けるものと思います。

「週刊新潮」が「危ない海兵隊員」が街を闊歩し、「危険なイージス艦」が海をうろついている状況についてどう思っているか知りませんが、とにかくこれで日本としては米軍がどういう処置をしようとも強姦兵に手も足も出せません。法廷でのセカンド・レイプや「犯された女」への社会の偏見を放置したうえで強姦罪を親告罪としているんですから、こうなるのは予想の内なんですね。

じゃあ強姦罪を親告罪でなくしたらどうかというと、いきなりそういうわけにはいかないと思いますが、一部マスゴミを含めた「親基地勢力」がこれを最大限活用したのは事実でしょう。しかしそれにしても「親告罪」とはどういうものなのか、ちょっとイイカゲンに調べてみたところです。

ひとつには「事実が公になることで被害者の不利益になる場合」で、強姦罪の他に
強制わいせつ
未成年者略取及び誘拐
営利目的等略取及び誘拐
名誉毀損
侮辱
親書開封
秘密漏示
ストーカー行為
なんかがそうなってます。もっとも「名誉毀損」から「秘密漏示」までのは、すでに「不利益」な事実が公になっているんじゃないかという気もしますが。

もうひとつは軽微な犯罪であって
過失傷害
文書毀棄
器物損壊
親書隠匿
などのうち被害が軽いものは親告罪です。

また、親族間の犯罪として
窃盗
不動産侵奪
詐欺
恐喝
横領
などが「親族間」で発生した場合は親告罪。

その他に著作権の侵害がそうですが、これは著作権者が「このくらいはいいじゃん」と思えば良いわけです。ちなみに当ブログの文章をそのまま引用して、あたかも自分の意見のように発表する人がいても、僕はべつに構いませんよ。バカにされるのはその人だから。しかし、現在インターネットをターゲットとした言論抑圧政策の一環としてこれを親告罪でなくそうという動きがあります。

親告罪は検察官が独占している公訴権に一定の「犯罪」において例外を設けることによっていわば「犯罪」を保護しているようですが、しかしここで保護されているのは「犯罪行為」などではありません。やっても良い「犯罪」などは想定されていないのです。そうではなくて、ここで保護されているのは主に「被害者」が置かれている慣習的な社会関係です。

例えば親族間における「犯罪」を親告罪とすることによって「家族」における支配関係が保護されます。未成年者略取及び誘拐についても同様でしょう。そして強姦及び強制わいせつやストーカー行為においても、これを親告罪とすることによって男女間における慣習的な男性支配を保護しています。もっともこれも「家族」関係の保護とつながるようです。

これらの場合において親族間における卑族、家庭における子供や妻、両性関係における女性に告訴するかどうかの判断を委ねることによって、被害者は訴えたことによって被る「不利」を勘案して訴えを差し控えることが予想されます。実際に今回もそうなったわけですが、このようにして社会的な強者が弱者に対してその権利を侵害することを、まさか推奨はしないにしてもなるべく罪に問わず、弱者には「泣き寝入り」していただくのが法の目的とするところであります。

反対に慣習的な社会関係、「公序良俗」に反する行為は、たとえ意に反する強制がなく、双方合意の上でのものであろうと、「強くとがめられなければならない」ことになっています。

県青少年健全育成条例違反の会社員逮捕

石川署は20日午後11時50分ごろ、郡山市富久山町福原字釜沼92ノ8、会社員佐藤高士容疑者(41)を県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕した。
調べでは、佐藤容疑者は昨年10月20日未明、石川郡内のホテルで携帯電話の掲示板サイトで知り合った郡内の少女(15)に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑い。

2008年2月21日 福島放送


女子高生とみだらな行為、作新学院高の25歳教諭を逮捕

 栃木県警少年課と下野署は15日、宇都宮市駒生町、作新学院高校教諭林公則容疑者(25)(15日付で懲戒解雇)を県青少年健全育成条例違反(淫行(いんこう))の疑いで逮捕した。
 調べによると、林容疑者は2007年12月15日昼、同県下野市のホテルで、当時17歳だった知り合いの高校3年の女子生徒(18)にみだらな行為をした疑い。
 学校などによると、林容疑者は同校出身で、00年春の選抜高校野球大会に主将として出場。開会式で選手宣誓をし、8強まで進んだ。05年4月に採用され、福祉の授業を担当。パワーリフティング部の顧問も務めていた。

2008年2月15日  読売新聞


これらは強姦でも強制わいせつでもないし、売春ですらありませんが、結果として強姦兵よりも重い制裁を受けることになったのは矛盾でもなんでもありません。「淫行」は複数の人間が「共謀」して「公序良俗」に公然と楯突く行為ですから罪が重いのです。それに比べれば1人の男性による女性の権利の侵害は「家庭」の基本をなす清く正しい行為ともいえますので、あまり積極的にとがめないようです。たしかに米軍や自衛隊は国民を守ってくれないんでしょうけど、法律だって国民を守るために存在しているわけではありません。そのうち「淫行」の相手方の未成年者をも処罰する条例がどっかの田舎に出来るかもしれませんから、「淫行」はお互いのためになりません。もしそうなれば未成年の女の子を好きになっちゃった人は強姦し、かつ告訴させないというのが法的に適切な行動である、と結論出来ます。普段からよく話し合っておきましょう。


posted by 珍風 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。